• アクティビティ
  • 大分

沈堕の滝

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

室町時代に水墨画家・雪舟が訪れ、描いた滝

沈堕の滝は、豊後大野市大野町、大野川本流にある「雄滝」と大野川の支流である平井川「雌滝」の2つの滝によって構成されています。

雄滝は幅100m、高さ20m、雌滝は幅10m、高さ18mあり、本流と支流のぶつかりが滝を生んだと言われています。

この滝は、古くからの名瀑であり、室町時代には雪舟が訪れ「鎮田瀑図」を描いたことでも知られています。明治42年(1909年)には、滝の上に堰をつくり沈堕発電所が建設され、電気は大分、別府間の路面電車に送られ日本近代化に役立てられました。現在、発電所跡は近代化遺産に登録されています。

観光地詳細

名称 沈堕の滝
Webサイト http://www.bungo-ohno.com/spot/index.php?sid=5
所在地 大分県豊後大野市大野町沈堕
アクセス 飛行機・バス・JRをご利用の場合
大分空港から大分駅まで
バスで約1時間
JR大分駅からJR三重町駅まで電車で45分
JR三重町駅から沈堕の滝までタクシーで15分
自動車をご利用の場合
大分米良IC(大分自動車道)から大野IC(中九州横断道路)まで50分
大野ICから沈堕の滝まで15分
お問い合わせ先 TEL:097-536-6250(ツーリズムおおいた)

関連キーワード

おすすめプラン紹介