• 文化
  • 岡山

備中松山城

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

備中松山城は現存12天守の一つで、国の重要文化財に指定されています。天守の現存する唯一の山城としても有名です。

市街地の北端にそびえ、「おしろやま」の愛称で市民に親しまれ、北から「大松山」「天神の丸」「小松山」「前山」の四つの峰からなり、南から見た山容が、草の上に伏 した老牛の姿に似ていることから、「臥牛山」と呼ばれています。備中松山城はその頂を中心に全域に及んでいます。

秋から冬にかけて雲海が発生し、雲の上に天守が浮かんでいる姿から「天空の山城」と呼ばれ親しまれています。
雲海が発生する時期は、9月下旬~4月上旬の明け方から午前8時頃。特に10月下旬~12月上旬の早朝には濃い朝霧が期待できます。

山の8合目「ふいご峠」までは登城整理バスや乗合タクシーなど便利な二次交通がおすすめです。ふいご峠からは700m約20分の軽いハイキングコース。登城途中には高さ10mを超える巨岩や幾重にも織りなす石垣など見所が沢山あります。
本格的に山歩きを楽しむなら天守よりさらに奥がおすすめ。中世の城跡や大池、天神の丸などの史跡も楽しめます。

観光地詳細

名称 備中松山城
Webサイト http://takahasikanko.or.jp/modules/spot/index.php?content_id=1
住所 岡山県高梁市内山下1
営業時間 4月~9月9:00~17:30
10月~3月9:00~16:30
休城:12月28日~1月4日
お問い合わせ先 TEL:0866-21-0461(高梁市観光協会)
料金 大人:300円
小中学生150円
団体割引あり30人以上1割引、100人以上2割引

次に該当する方は、入城料が免除となります。
土・日曜日、祝日および休業中に観覧する市内の小・中学生
市内に住所を有する65歳以上の人
障がい者手帳をお持ちの人と介助者1人