• 文化
  • 佐賀

九年庵

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

九年庵は、佐賀の大実業家、伊丹弥太郎が明治25年に造った別荘と明治33年から9年の歳月をかけて築いた6,800平方メートルの庭園です。 別荘は入母屋葦葺の屋根に杉腰張りの土壁、真竹を用いた周りの濡縁など、野趣に富む外観を持ち、材質、構造などのすべてに、細心な吟味が加えられた数奇屋建築の建物です。 庭園は広く、多くのツツジやモミジ類などが植栽されており、四季を通して美しい景色を描き出しています。また、庭一面に広がるコケはまるでじゅうたんを敷き詰めたかのように錯覚してしまいます。 九年庵は毎年春の新緑と秋の紅葉の時期に一般公開をしています。仁比山神社など周辺散策と合わせてお楽しみください。

仁比山神社は山の神、農業の神を祭神とし、地元の人に「山王(さんのう)さん」と呼ばれ親しまれています。12年毎に申の年(さるのとし)の4月初旬、大御田祭(おおおんださい)がおこなわれ、県重要無形民俗文化財である「御田舞」(おんだまい)が奉納されています。この神社の参道の入り口には江戸時代に作られた仁王門(におうもん)があり、市の重要文化財に指定された金剛力士像二体が安置されています。
また、この神社にある樹齢800年や600年の楠の大木は、堂々たる迫力で見る人に不思議なパワーを与えています。神社内にはモミジの古木がたくさんあり、春の新緑・秋の紅葉の時期は、すぐそばにある九年庵とともにたくさんのお客さまで賑わっています。

観光地詳細

名称 九年庵
Webサイト http://kanzaki.sagan.jp/kanzakiblog/?page_id=7
所在地 佐賀県神埼市神埼町的1696
アクセス 長崎本線神埼駅よりタクシー約10分
長崎自動車道東脊振ICより車で約10分
営業時間 8:30~16:00
お問い合わせ先 TEL: 0952-37-0107(神埼市役所商工観光課)
料金 美化協力金(高校生以上)一人300円、駐車料金マイカー500円・中型バス2,000円・大型バス3,000円
その他 開催日時:春の一般公開(5月上旬)、秋の一般公開(11月15日~11月23日)

関連キーワード

おすすめプラン紹介