• アクティビティ
  • 静岡

修善寺温泉

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

修善寺温泉のシンボル 独鈷(とっこ)の湯

静岡県伊豆市にある、修善寺温泉の独鈷の湯は伊豆最古の温泉です。807年、この地を訪れた高僧空海が、親孝行な少年に心打たれ、手に持っていた独鈷(仏具)で川の岩を打ち温泉を湧き出させたと伝えられています。現在は見学のみで手足をつけたり、入浴は不可となっています。

竹林の小径

「竹林の小径」は修善寺の街の中心を流れる桂川沿いにあります。「独鈷の湯」の脇を通り抜けた先の朱塗りが美しい「桂橋」から「楓橋」、さらに上流の「滝下橋」にかけての約300mの散策路です。見事な竹林と石畳の道が美しい人気のスポットです。

曹洞宗福地山 修禅寺

温泉場の中心にある修善寺温泉発祥の寺。807年、空海が創建したと伝えられています。境内の宝物殿「瑞宝蔵」には、空海が温泉を湧き出させた金銅の独鈷杵をはじめ、修禅寺に伝わる貴重な寺宝が展示されています。2014年9月には、山門の修復に伴い仁王堂が新設され、金剛力士像がおさめられました。

恋愛成就パワースポット!桂川に架かる5つの赤い橋

修善寺温泉場の中心部を流れる桂川に架かる5つの赤い橋。願いをかけながら、5つ全ての橋を渡ると恋が実るとか。新歌舞伎「修禅寺物語」で、将軍源頼家と頼家が面作りを頼んだ職人の娘・桂が愛を育む舞台となったのがこの修善寺です。
5つの橋の名前はそれぞれ別名があります。
渡月橋(とげつばし)別名:みそめ橋、虎渓橋(こけいばし)別名:あこがれ橋、桂橋(かつらばし)別名:結ばれ橋、楓橋(かえでばし)別名:寄り添い橋、滝下橋(たきしたばし)別名:安らぎ橋

観光地詳細

名称 修善寺温泉
Webサイト http://www.shuzenji-kankou.com/walkingmap.html
所在地 静岡県伊豆市修善寺
アクセス 修善寺温泉駅から徒歩3分
お問い合わせ先 TEL:0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)

関連キーワード

おすすめプラン紹介