• 文化
  • 山口

瑠璃光寺五重塔

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

山口の宝 国宝瑠璃光寺五重塔を訪ねる

「法隆寺」「醍醐寺」の五重塔と並ぶ、日本三大名塔の一つ「瑠璃光寺五重塔」。室町中期の建造物の中でも非常に優れたものと評されています。塔の内部には阿弥陀如来坐像と大内義弘坐像が安置されています。春の梅・桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色など、どの季節にも映える美しさは必見です。

国宝瑠璃光寺五重塔は、尖端までの高さが31.2m、建築様式はおおむね和様式で一部に唐様式が見られます。屋根は檜皮葺で、塔身部は上層部に向かって細くなっていて、非常にすっきりとした印象です。観光山口のシンボルとして、桜や楓の裏山を背に、大内文化を優雅に伝えています。また、夜間は日没から22時までライトアップされ、夜も見どころの一つになっています。

観光地詳細

名称 瑠璃光寺五重塔
Webサイト http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/12282
所在地 山口県山口市香山町7-1
アクセス JR新山口駅からバスで30分
お問い合わせ先 TEL: 083-922-2409

関連キーワード

おすすめプラン紹介