トップへ戻る

手荷物について 機内持ち込み手荷物について

機内へお持ち込みいただける手荷物はハンドバッグなどの身の回り品のほか、手荷物1個とさせていただきます。
手荷物は梱包し、お客様ご自身で管理をお願いいたします。

手荷物について 機内持ち込み手荷物について

手荷物に関するよくあるご質問はこちら

お預かりする手荷物 機内持ち込み手荷物 特に注意が必要な手荷物 機内での電子機器の使用

機内持ち込み手荷物のルール

機内で安全かつ快適にお過ごしいただくために、機内へ持ち込める手荷物は総重量10kg以内で、身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)のほか、下記の条件の手荷物1個となります。

なお下記サイズ以内の手荷物でも、客室内に収納できない場合はお預かり手荷物として貨物室に搭載させていただく場合がございますのでご了承ください。下記サイズを超える手荷物(キャリーバッグ、ベビーカー、麻袋など)はお預けください。
機内持ち込みサイズを超える手荷物を機内にお持ち込みになる場合は、特別旅客料金をお支払いいただき、別途座席を購入いただく必要があります。

特別旅客料金の詳細はこちら

機内持ち込み手荷物のサイズ(お一人様1個まで)

下記サイズには付属品(キャスター・ハンドル等)を含みます。

飛行機の座席数 機種 サイズ 重量
100席以上 773/772/777/78P/76P/763/32P/320/738/73P/735/734

(55cm×40cm×25cm以内)※


身の回り品を含めた総重量となります。

100席未満 Q4A/Q82/CR7/CRJ

(45cm×35cm×20cm以内)※

機種別の座席数の詳細はこちら

機内収納スペースの関係上、3辺の合計が115cm(100cm)以内の手荷物につきましても各辺のサイズ(※)を超える場合はお預けいただきますよう、ご協力をお願いいたします。なお、機内持ち込みを希望される場合は、ANA係員にお問い合わせください。(手荷物のサイズを確認させていただきます)
規定サイズ内の手荷物であっても客室内の収納スペースに収まらない場合はお預かり手荷物として貨物室に搭載させていただきます。
保安検査場で手荷物の大きさを確認いたします
手荷物検査機にサイズを確認するゲージを装着しています。
規定サイズを超える手荷物は保安検査ができません。
持ち込み可能サイズを超える手荷物は保安検査場通過前にカウンターにてお預けください。
保安検査場で手荷物の大きさを確認いたします
機内でのお願い
安全かつ快適にお過ごしいただくため、手荷物は足元や膝の上には置けません。前の座席の下、または座席上の共用収納棚に収納してください。非常口に接している列の座席(非常口座席)、前に座席のない席(スクリーン前・隔壁前)も足元に手荷物は置けません。
手荷物の収納方法について
手荷物は座席上の共用収納棚、または前の座席の下にはみ出さないように収納してください。座席上の棚に入れる場合は、棚を開けた時に中の手荷物が滑り落ちないように収納してください。確実に収納されていない手荷物は突然の衝撃があった場合に飛び出してお客様ご自身だけでなく、他のお客様を傷つける恐れがあります。また、通路に飛び散った手荷物は、非常時に脱出の妨げとなる恐れがあります。

お客様の安全のため、収納状況が適切でない場合には客室乗務員が声をかけさせていただきますので、指示に従ってください。

注意が必要な手荷物について

右の物品には制限がございますので、ご注意ください。空港の保安検査場前のインフォメーションもご確認ください。

大型三脚 大型三脚
折りたたんだ状態で長さ60cmを超える大型三脚はお持ち込みいただけません。

 

 

キャリーバッグにご注意ください
機内の収納スペースには限りがあるため規定サイズ内でも持ち込みできない場合があります。
キャリーバッグにご注意ください
ライターは一人一個まで ライターは一人一個まで
喫煙用のライター(オイルタンク式のライターは除く)はお一人様1個までとさせていただきます。詳細はこちら

 

ライターの置き忘れにご注意ください。
水漏れの恐れのある手荷物
海産物、漬物やペットボトルなど水漏れの恐れのあるものは座席上の収納棚ではなく、お客様の足元等に置いてください。

 

 

楽器 楽器
楽器をお持ちのお客様はこちらをご覧ください。

 

 

 

お子様用携帯電話
お子様用携帯電話
ご搭乗前に完全に電源をお切りください。
操作手順はこちら
電子タバコ・無煙タバコ
他のお客様の快適性を損ねる恐れがあるため、機内での使用をお断りしています。

ページトップへ戻る