ANAグループの年表

1952年から

年(西暦) 月日 沿革
昭和27年(1952年) 1月18日 創立委員会を設置し、委員長に福本柳一氏を指名(日ペリ)
昭和27年(1952年) 2月 ヘリコプターを使って営業開始
昭和27年(1952年) 12月26日 極東航空(株)設立、登記完了。資本金5,000万円
昭和27年(1952年) 12月27日 日本ヘリコプター輸送(株)設立、登記完了。資本金1億5,000万円、役員12名、従業員16名で発足
昭和28年(1953年) 12月15日 D.H.ダブ(JA5008)で東京/大阪間の貨物郵便運航開始、日本人操縦士による戦後最初の定期便(日ペリ)
昭和28年(1953年) 5月 不定期航空運送事業免許取得
昭和28年(1953年) 10月 定期航空運送事業免許取得
昭和29年(1954年) 1月20日 大阪/東京間の夜間郵便専用便、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和29年(1954年) 2月1日 D.H.ダブにて東京/大阪間の旅客、貨物便、運航開始(日ペリ)
昭和29年(1954年) 3月1日 D.H.ヘロン型1機を加え、東京/名古屋/大阪間、旅客貨物便、運航開始(東京/大阪間の直行旅客便中止)(日ペリ)
昭和29年(1954年) 4月20日 岩国/福岡線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和29年(1954年) 4月27日 東京/大阪間、夜間郵便専用便、運航開始(日ペリ、なお極東は再開)
昭和29年(1954年) 8月10日 東京/三沢/札幌間、旅客貨物輸送開始(日ペリ)
昭和29年(1954年) 10月1日 大阪/高知線、運航開始(マラソン使用)(極東)
昭和29年(1954年) 11月1日 福岡/宮崎線、運航開始(マラソン使用)(極東)
昭和29年(1954年) 11月18日 大阪/米子線、運航開始(マラソン使用)
昭和29年(1954年) 11月30日 日本ヘリコプター輸送、愛称を「日ペリ航空」に決める
昭和30年(1955年) 4月13日 東京/八丈島線、運航開始(D.H.ダブD.H.ヘロン使用)(日ペリ)
昭和30年(1955年) 5月23日 大阪/高松線、運航開始(極東)
昭和30年(1955年) 7月2日 大阪/小松線、運航開始(D.H.ダブD.H.ヘロン使用)(日ペリ)
昭和30年(1955年) 10月15日 名古屋/小松線、運航開始(D.H.ダブD.H.ヘロン使用)(日ペリ)
昭和30年(1955年) 10月15日 東京/大島線、運航開始(D.H.ダブ使用)(日ペリ)
昭和30年(1955年) 11月15日 DC-3型機、東京/名古屋/大阪線に就航。第1期スチュワーデス乗務開始(日ペリ)
昭和31年(1956年) 3月19日 大阪/松山線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和31年(1956年) 4月7日 松山/大分線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和31年(1956年) 5月15日 大阪/小倉線、運航開始(日ペリ)
昭和31年(1956年) 5月30日 第1回すずらん慰問(日ペリ)現在まで継続している行事
昭和32年(1957年) 3月11日 大阪/大分線、運航開始(DC-3使用)(極東)
昭和32年(1957年) 4月15日 大分/宮崎線、運航開始(DC-3使用)(極東)
昭和32年(1957年) 4月22日 東京/仙台線、運航開始(D.H.ヘロン使用)
昭和32年(1957年) 4月25日 福岡/大分線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和32年(1957年) 7月1日 岩国/大分線、運航開始(DC-3使用)(極東)
昭和32年(1957年) 7月1日 大阪/宮崎、宮崎/鹿児島線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和32年(1957年) 7月1日 福岡/鹿児島線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和32年(1957年) 10月10日 東京/北九州(小倉)線、運航開始(DC-3使用)(日ペリ)
昭和32年(1957年) 12月1日 日ペリ・極東航空、合併に先だち商号を「全日本空輸株式会社」と変更し、日ペリ航空が極東航空の路線を運営
昭和33年(1958年) 3月 極東航空株式会社と合併
昭和33年(1958年) 6月1日 仙台/札幌線、運航開始(DC-3使用)
昭和33年(1958年) 6月3日 大阪/福岡間の夜間郵便飛行開始(D.H.ダブ使用)
昭和33年(1958年) 6月15日 東京/新潟線、運航開始(DC-3使用)
昭和33年(1958年) 9月1日 スチュワーデスのユニフォームを一新。社員のデザイン
昭和34年(1959年) 4月1日 東京/大阪、直行便、運航開始(DC-3使用、1日2往復、国内幹線に進出)
昭和34年(1959年) 4月20日 大阪/福岡間の夜間郵便専用便の岩国寄港を開始(上り便のみ)
昭和34年(1959年) 5月15日 福岡/大村線、運航開始(D.H.ヘロン使用)
昭和34年(1959年) 10月10日 コンベア440、定期便に初就航(東京/大阪、東京/札幌、東京/名古屋)
昭和34年(1959年) 10月10日 仙台/三沢線、運航開始(1日1往復)
昭和34年(1959年) 10月10日 東京/札幌、直行便、運航開始(コンベア440使用、1日1往復)
昭和34年(1959年) 10月15日 仙台/函館線、運航開始
昭和34年(1959年) 10月15日 函館/札幌線、運航開始
昭和34年(1959年) 12月1日 大分/長崎線、運航開始(1日1往復)
昭和34年(1959年) 12月1日 岩国/北九州(小倉)線、運航開始(1日1往復)

1960年から

  • 「→」は行き先を表します。
年(西暦) 月日 沿革
昭和35年(1960年) 5月 日本観光協会に入会
昭和35年(1960年) 5月30日 三沢/函館線、運航開始
昭和35年(1960年) 8月1日 バイカウント744、東京/札幌線に就航(国内初のターボプロップ機による運航)
昭和35年(1960年) 9月20日 定期航空PR誌「翼の王国」第1号発行
昭和36年(1961年) 2月1日 鹿児島/那覇間定期航空運送事業が日本政府より免許される
昭和36年(1961年) 4月1日 長崎/熊本線、運航開始(DC-3使用)
昭和36年(1961年) 4月1日 貨物専用DC-3型2機(JA5080、JA5078)運航開始
昭和36年(1961年) 7月10日 フレンドシップF-27、大阪/高知、大阪/宮崎/鹿児島線に就航開始
昭和36年(1961年) 7月12日 バイカウント828が東京/札幌線に初就航(毎日2往復)
昭和36年(1961年) 8月1日 熊本/大分線、運航開始(DC-3使用)
昭和36年(1961年) 9月12日 東京/札幌間に夜間郵便貨物便が運航開始
昭和36年(1961年) 9月15日 大阪/広島、広島/岩国線、運航開始
昭和36年(1961年) 9月23日 鹿児島/那覇線、運航開始。初の海外就航開始(フレンドシップF-27使用、週2便)
昭和36年(1961年) 10月2日 株式市場に第2部が設置され東京と大阪に上場
昭和37年(1962年) 4月1日 広島/北九州線、運航開始(DC-3使用)
昭和37年(1962年) 4月1日 大阪/熊本線、運航開始(F-27使用)
昭和37年(1962年) 4月1日 大阪/鹿児島線、運航開始(F-27使用)
昭和37年(1962年) 4月20日 東京/秋田線、運航開始(DC-3使用)
昭和37年(1962年) 5月1日 広島/大分線、運航開始(DC-3使用)
昭和37年(1962年) 10月14日 東京/岡山/広島線、運航開始(F-27使用)
昭和37年(1962年) 12月10日 東京/高松/松山線、運航開始(F-27使用)
昭和38年(1963年) 1月16日 東京/秋田間の速達航空便運航開始
昭和38年(1963年) 2月11日 広島/北九州、広島/大分、松山/大分の3路線を東亜航空へ移譲
昭和38年(1963年) 7月1日 ビームライン、東京/函館、東京/小松、東京/高松/松山、東京/宮崎/鹿児島の4路線運航開始(F-27使用)
昭和38年(1963年) 8月21日 東京/富山線、運航開始(F-27使用)
昭和38年(1963年) 9月1日 東京/広島線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和38年(1963年) 9月10日 バイカウント828にて世界最初のテレビサービス公開飛行実施
昭和38年(1963年) 10月16日 福岡/鹿児島、福岡/宮崎、福岡/大村線を東亜航空に移譲
昭和38年(1963年) 11月1日 藤田航空を吸収合併、資本金46億5千万円となる
昭和39年(1964年) 5月25日 B727、東京/札幌線に就航開始、全席座席指定制を実施
昭和39年(1964年) 6月15日 大阪/広島、大阪/広島/岩国、大阪/米子線を東亜航空に、名古屋/金沢線を中日本航空に移譲
昭和39年(1964年) 7月1日 東京/山形線、運航開始(F-27使用)
昭和39年(1964年) 7月1日 東京/熊本線、運航開始(F-27使用)
昭和39年(1964年) 7月1日 発券予約制度実施
昭和39年(1964年) 9月9日 YS-11でオリンピック聖火リレー実施(沖縄→鹿児島→宮崎→千歳)
昭和39年(1964年) 9月30日 「赤い羽根、第1号」を各地へ輪送
昭和39年(1964年) 10月1日 バイカウント828にて世界最初のテレビサービス公開飛行実施
昭和39年(1964年) 10月1日 東京/鹿児島線、運航開始(F-27使用)
昭和39年(1964年) 11月1日 JCBとの間に信用販売契約を締結し、航空券の信用販売を開始
昭和39年(1964年) 11月30日 コンベア440、定期路線より引退
昭和40年(1965年) 2月1日 中日本航空の定期航空部門を吸収(名古屋/小松、名古屋/富山線)
昭和40年(1965年) 3月1日 大阪/福岡線、運航開始(バイカウント828使用)
昭和40年(1965年) 3月22日 鹿児島/奄美大島/那覇線、運航開始(F-27使用)
昭和40年(1965年) 4月1日 名古屋/富山線、運航開始(F27使用、1日1往復)
昭和40年(1965年) 4月10日 B727、東京/大阪線に就航
昭和40年(1965年) 6月1日 名古屋/札幌線、アカシア便、運航開始(バイカウント828使用、1日1往復)
昭和40年(1965年) 8月23日 YS-11の愛称を「オリンピア」に決定
昭和40年(1965年) 9月20日 YS-11「オリンピア」大阪/高知線に就航開始
昭和40年(1965年) 9月30日 羽田のジェットハンガー「全日空、東京第1号格納庫」完成
昭和40年(1965年) 10月1日 名古屋/宮崎線、運航開始(F-27使用、1日2往復)
昭和40年(1965年) 10月1日 大阪/長崎線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和40年(1965年) 10月1日 東京/大阪線、全便B727による完全ジェット化が実現
昭和40年(1965年) 11月1日 東京/松山線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和40年(1965年) 11月1日 東京/高松線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 4月1日 日本ダイナースクラブと契約、航空券の信用販売を開始
昭和41年(1966年) 7月1日 東京/大阪線の便名をすべて出発時刻の倍の数に変更
昭和41年(1966年) 7月1日 東京/大阪線にスカイメイトを設定
昭和41年(1966年) 7月1日 東京/福井線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 7月1日 東京/宇部線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 10月1日 名古屋/大分線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 10月1日 名古屋/高松線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 10月1日 高知/宮崎線、運航開始(バイカウント828使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 10月1日 小松/福井線、運航開始(F-27使用、毎日1復路)
昭和41年(1966年) 10月29日 夜間郵便専用便(郵政省とのチャーター契約)の運航を開始(東京/名古屋/大阪、大阪/福岡、バイカウント828使用)
昭和41年(1966年) 12月1日 宇部/北九州線運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和42年(1967年) 6月12日 小松/札幌線、運航開始(バイカウント828使用、1日1往復)
昭和42年(1967年) 7月1日 ジュニアパイロット制実施
昭和42年(1967年) 8月1日 東京/鳥取線、運航開始(F-27使用)
昭和42年(1967年) 8月1日 鳥取/米子線、運航開始(F-27使用)
昭和42年(1967年) 12月1日 長崎航空の定期航空部門を継承
昭和42年(1967年) 12月1日 長崎/福江線、運航開始(F-27使用)
昭和42年(1967年) 12月1日 福岡/壱岐線、運航開始(F-27使用)
昭和43年(1968年) 2月10日 営業部に国際航空準備室を設置
昭和43年(1968年) 7月1日 大阪/那覇線、運航開始(バイカウント828使用、週1往復)
昭和43年(1968年) 7月1日 羽田、伊丹両空港にグランドホステス誕生
昭和44年(1969年) 2月26日 大島/三宅島線、運航開始(F-27使用)
昭和44年(1969年) 3月1日 名古屋/南紀白浜線、運航開始(F-27使用)
昭和44年(1969年) 5月1日 大阪/鳥取線、運航開始(F-27使用、1日2往復)
昭和44年(1969年) 6月20日 B737、東京/大阪線(1日2往復)、大阪/福岡線(1日3往復)に就航開始
昭和44年(1969年) 7月1日 大阪/札幌線、運航開始(B727使用、1日1往復)
昭和44年(1969年) 9月2日 全機種の機体塗装をモヒカンルックに決定
昭和44年(1969年) 10月1日 B727-200型機、東京/大阪線に就航開始

1970年から

年(西暦) 月日 沿革
昭和45年(1970年) 3月1日 東京/福岡線、運航開始(B737使用、1日2往復)
昭和45年(1970年) 3月1日 万国博を控えスチュワーデスのユニフォームを一新(デザイン、芦田淳)
昭和45年(1970年) 5月1日 名古屋/八丈島線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和45年(1970年) 6月1日 小松/新潟/札幌(丘珠)線、運航開始(YS-11使用)
昭和45年(1970年) 8月9日 大阪/沖縄線で国際線並みにビーフを主体とした機内食のトレーサービス開始
昭和45年(1970年) 8月17日 厚木飛行場の使用を開始。羽田空港の混雑緩和のため、東京/八丈島線9往復のうち2往復4便を厚木へ移した
昭和45年(1970年) 12月1日 名古屋/鹿児島線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和46年(1971年) 2月21日 国際チャーターの第1便が羽田から香港へ向け出発(B727-100、JA8303、武井商事一行109人)
昭和46年(1971年) 5月1日 名古屋/松山線、運航開始(F-27使用)
昭和46年(1971年) 6月1日 米子/福岡線、運航開始(F-27使用)
昭和47年(1972年) 1月1日 札幌オリンピックの聖火、沖縄から全日空特別機(B727)で東京入り
昭和47年(1972年) 4月1日 小松/新潟/札幌線、運航開始(YS-11使用)
昭和47年(1972年) 5月15日 東京/那覇線、運航開始(B727-100使用、1日1往復)
昭和47年(1972年) 6月1日 グランドホステスのユニフォームを一新
昭和47年(1972年) 6月1日 高知/鹿児島線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和47年(1972年) 7月15日 大阪/函館線、運航開始(B727-200使用)
昭和47年(1972年) 8月 東京・大阪証券取引所市場二部から一部に上場
昭和47年(1972年) 10月1日 名古屋/那覇線、運航開始(B727-100使用、1日1往復)
昭和47年(1972年) 10月1日 全路線の電話予約を開始
昭和48年(1973年) 1月18日 創業以来の累計旅客数、5,000万人を記録
昭和48年(1973年) 4月 国内旅行商品ブランド「スカイホリデー」予約販売開始
昭和48年(1973年) 5月1日 福岡/那覇線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和48年(1973年) 7月5日 「'73全日空札幌オープンゴルフトーナメント」(第1回)始まる
昭和48年(1973年) 10月1日 熊本/宮崎線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和48年(1973年) 12月15日 東京/長崎線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和48年(1973年) 12月20日 長崎/鹿児島線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和49年(1974年) 3月10日 L-1011トライスター、東京/沖縄線に就航開始。スチュワーデスの制服をトライスター・ルックに一新
昭和49年(1974年) 3月 日本近距離航空株式会社(後のエアーニッポン株式会社)設立
昭和49年(1974年) 3月31日 全線にスカイメイト運賃を適用
昭和49年(1974年) 6月 札幌全日空ホテル開業
昭和49年(1974年) 8月1日 日本交通公社と座席予約コンピューターを接続
昭和49年(1974年) 12月1日 福井/名古屋線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和50年(1975年) 2月1日 東京/沖縄線トライスター便でビールサービス開始(5/31まで)
昭和50年(1975年) 7月1日 東京/釧路線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和50年(1975年) 7月20日 奄美大島/伊江島、伊江島/那覇線、運航開始(YS-11使用、1日1便)
昭和50年(1975年) 7月23日 熊本/那覇線、運航開始(B737使用、週2往復)
昭和50年(1975年) 7月24日 松山/那覇線、運航開始(B737使用、週5往復)
昭和50年(1975年) 10月10日 福岡/対馬線、運航開始(YS-11使用、1日2往復)
昭和51年(1976年) 7月1日 大阪/仙台線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和51年(1976年) 8月3日 長崎/対馬線、運航開始(YS-11使用、週2往復)
昭和51年(1976年) 9月6日 創業以来の旅客数が1億人を突破
昭和51年(1976年) 12月21日 福岡/福江線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和52年(1977年) 3月1日 女子社員(一般事務職)の制服を一新(デザイン、花井幸子)
昭和52年(1977年) 4月25日 名古屋/長崎線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和52年(1977年) 6月1日 小松/札幌線、運航開始(B727使用)
昭和52年(1977年) 7月1日 名古屋/新潟線、運航開始(B727使用、1日1往復)
昭和52年(1977年) 12月1日 広島/鹿児島線、運航開始(YS-11使用)
昭和53年(1978年) 3月1日 小松/福岡線、運航開始(B727使用、1日1往復)
昭和53年(1978年) 6月1日 名古屋/仙台線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和53年(1978年) 6月1日 グランドホステス及び空港勤務の男子社員の制服を一新
昭和53年(1978年) 6月1日 国内全線で禁煙席の運用開始(全座席の10%)
昭和53年(1978年) 7月20日 東京/大分線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和53年(1978年) 5月 成田空港開港
昭和53年(1978年) 8月1日 成田/名古屋線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和53年(1978年) 9月 日本貨物航空株式会社設立(2005年8月 経営より離脱)
昭和53年(1978年) 11月22日 長崎/那覇線、運航開始(B727使用、1日1往復)
昭和53年(1978年) 11月22日 宮崎/那覇線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和54年(1979年) 1月 海外旅行商品ブランド「ハローツアー」予約販売開始
昭和54年(1979年) 1月25日 B747SR、東京/札幌、東京/福岡線に就航開始、スチュワーデスのユニフォームを一新
昭和54年(1979年) 4月1日 パイロットの制服を改定し着用開始
昭和54年(1979年) 4月2日 従業員が1万人を突破
昭和54年(1979年) 7月19日 福岡/対馬線の運航を日本近距離航空に移譲
昭和54年(1979年) 8月10日 東京/鳥取直行便、就航(YS-11使用、1日1往復)
昭和54年(1979年) 12月26日 仙台/新潟線、運航開始(B737使用、1日1往復)

1980年から

年(西暦) 月日 沿革
昭和55年(1980年) 3月31日 福岡/壱岐、福岡/福江線を日本近距離航空に移譲
昭和55年(1980年) 4月30日 長崎/対馬線を日本近距離航空に移譲
昭和55年(1980年) 5月21日 名古屋/函館線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和55年(1980年) 8月1日 仙台/那覇線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和56年(1981年) 7月1日 福岡/新潟線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和56年(1981年) 7月25日 創業以来の累計旅客数2億人を達成(日本の航空史上初めて)
昭和56年(1981年) 7月31日 長崎/福江線を日本近距離航空に移譲
昭和57年(1982年) 7月24日 名古屋/秋田線運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和57年(1982年) 12月1日 創立30周年を迎える。30周年記念日を期してスチュワーデス、グランドホステス、男性空港地上職員のユニフォームを一新(デザイン、芦田淳)、またニューデザインによるリペイント初号機となったトライスターもデビュー、ラインに投入
昭和58年(1983年) 3月4日 ロールスロイス社からRB-211-22B-02エンジンの100万運転時間達成に対し、記念品を受ける
昭和58年(1983年) 6月 沖縄に万座ビーチホテル開業(現在のANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート)
昭和58年(1983年) 6月21日 B767-200型機が東京/松山線、大阪/松山線で運航開始
昭和58年(1983年) 10月1日 大型および速達小包郵便物の輸送開始
昭和58年(1983年) 11月1日 ANAスカイポーターサービス開始
昭和59年(1984年) 2月1日 「ANAカード」の取扱いを開始
昭和59年(1984年) 5月25日 ジェット機の就航20周年を迎える
昭和59年(1984年) 7月30日 小松/仙台線を開設(YS-11使用、1日1往復)
昭和59年(1984年) 8月24日 国際チャーター便旅客数100万人を達成
昭和59年(1984年) 11月30日 「スカイキャプテン」「スカイプッシュホン」がサービス開始
昭和60年(1985年) 10月25日 創業以来の累計旅客数3億人を達成(日本の航空会社で初めて)
昭和60年(1985年) 11月1日 スーパーシート運用開始
昭和60年(1985年) 11月15日 大分/那覇線を開設
昭和61年(1986年) 3月3日 初の国際定期便、東京/グアム線の運航開始(L-1011
昭和61年(1986年) 4月14日 アメリカン航空と業務提携契約を締結
昭和61年(1986年) 6月7日 東京全日空ホテル開業
昭和61年(1986年) 7月8日 100機目のボーイング機受領
昭和61年(1986年) 7月12日 成田/大阪線の運航開始(L-1011使用、1日1往復)
昭和61年(1986年) 7月16日 B747LR型機で東京/ロサンゼルス線の運航開始
昭和61年(1986年) 7月26日 東京/ワシントン線の運航開始
昭和62年(1987年) 4月1日 日本近距離航空(NKA)、社名をエアーニッポン(ANK)に変更
昭和62年(1987年) 4月16日 東京/北京、東京/大連/北京線の運航開始(L-1011
昭和62年(1987年) 6月1日 札幌/稚内線、東京/稚内線開設(B737使用、1日1往復)
昭和62年(1987年) 7月10日 B767-300型機が東京/熊本/大阪/長崎/東京線で運航開始
昭和62年(1987年) 7月25日 東京/香港線の運航開始(L-1011
昭和62年(1987年) 10月26日 東京/シドニー線の運航開始(B747LR
昭和62年(1987年) 11月2日 情報システムセンタービル竣工
昭和63年(1988年) 4月1日 整備士の制服を15年ぶりに一新
昭和63年(1988年) 5月1日 「ANA SKY SHOP」発行
昭和63年(1988年) 5月23日 able(新総合旅客系システム)稼働開始
昭和63年(1988年) 6月1日 出光興産給油所で航空券販売開始
昭和63年(1988年) 7月1日 東京/ソウル線の運航開始(B767-300
昭和63年(1988年) 10月1日 営団地下鉄で全日空の国内線航空券の販売を開始
平成元年(1989年) 1月1日 IATAに加盟
平成元年(1989年) 4月1日 全日空歴史展示室オープン
平成元年(1989年) 4月27日 東京/ストックホルム線がスカンジナビア航空と初の共同運航で就航(DC-10)
平成元年(1989年) 7月14日 B767-300ER型機が東京/バンコク線で運航開始
平成元年(1989年) 7月16日 東京/モスクワ/ウィーン線がオーストリア航空、アエロフロート航空との共同運航で就航(A310)
平成元年(1989年) 7月22日 東京/ロンドン線就航(B747LR
平成元年(1989年) 9月25日 国際線旅客数200万人を達成
平成元年(1989年) 11月16日 東京/サイパン線就航(L-1011

1990年から

年(西暦) 月日 沿革
平成2年(1990年) 6月29日 ワールドエアネットワーク(株)設立
平成2年(1990年) 10月4日 東京/パリ線就航(B747LR
平成2年(1990年) 10月28日 東京/ブリュッセル線がサベナ・ベルギー航空との共同運航で就航(B747-300)
平成2年(1990年) 10月31日 名古屋/クアラルンプール線がマレーシア航空との共同運航で就航(DC-10)
平成2年(1990年) 11月1日 B747-400(テクノジャンボ)が東京/大阪線で運航開始
平成2年(1990年) 11月1日 客室乗務員、パイロット、グランドホステス、男性地上係員の制服を一新
平成2年(1990年) 12月25日 高松/札幌線就航(B767-200
平成2年(1990年) 12月27日 岡山/札幌線就航(B767-200
平成3年(1991年) 3月1日 福岡/札幌線就航(B767-200
平成3年(1991年) 3月1日 ファミリーマートで国内線航空券の取り次ぎサービス開始
平成3年(1991年) 3月9日 東京/ニューヨーク線就航(B747LR
平成3年(1991年) 3月9日 新ビジネスクラス(CLUB ANA)を開始
平成3年(1991年) 3月16日 A320が東京/山形線で運航開始
平成3年(1991年) 6月1日 富山/札幌線就航(B767-300
平成3年(1991年) 8月10日 福岡/バンコク線就航(B767-300ER
平成3年(1991年) 9月11日 名古屋/ホノルル線就航(B747LR
平成3年(1991年) 10月1日 東京/庄内、大阪/庄内線就航(A320
平成3年(1991年) 10月10日 株式をロンドン証券取引所に上場
平成3年(1991年) 10月22日 鹿児島/札幌線就航(B767-200
平成3年(1991年) 10月24日 松山/札幌線就航(B767-200
平成3年(1991年) 12月3日 東京/シンガポール線就航(B767-300ER
平成3年(1991年) 12月6日 定期航空会社8社による定期航空協会設立
平成4年(1992年) 4月10日 福岡/大連線就航(B767-300ER
平成4年(1992年) 6月1日 名古屋/旭川線就航(B767-200
平成4年(1992年) 7月18日 大阪/女満別線就航(A320
平成4年(1992年) 8月13日 創業以来の累計旅客数5億人を達成
平成4年(1992年) 10月16日 創業以来の国内累計旅客数5億人を達成
平成4年(1992年) 10月25日 広島/仙台線就航(A320
平成4年(1992年) 10月25日 福岡/北京線就航(B767-300ER
平成4年(1992年) 11月3日 成田/札幌線就航(B767-200
平成4年(1992年) 12月26日 東京/旭川線就航(B767-200
平成5年(1993年) 2月17日 東京/フランクフルト線就航(B747LR
平成5年(1993年) 3月20日 福島/札幌線就航(A320
平成5年(1993年) 3月30日 東京/上海線就航(B747LR
平成5年(1993年) 5月1日 福島/福岡線就航(A320
平成5年(1993年) 5月2日 山口宇部/札幌線就航(B767-200
平成5年(1993年) 7月1日 高松/那覇線就航(B767-200
平成5年(1993年) 7月1日 名古屋/女満別線就航(A320
平成5年(1993年) 9月12日 マリンジャンボ就航(JA8963)
平成5年(1993年) 11月1日 国際線マイレージサービス「プログラムA」を開始
平成5年(1993年) 12月7日 東京/シンガポール線をワールドエアネットワークに運航委託
平成5年(1993年) 12月13日 マリンジャンボJr.就航(JA8579)
平成6年(1994年) 4月1日 国内航空6社は、搭乗手続き締め切り時刻を便出発20分前から15分前に変更
平成6年(1994年) 7月21日 国際線通算搭乗旅客数で1,000万人達成
平成6年(1994年) 9月4日 関西国際空港の開港に伴い、大阪/シンガポール線(B767-300ER)、大阪/ソウル線(B767-300ER)、大阪/福岡/大連/北京線(B767-300ER)の運航を開始
平成6年(1994年) 9月4日 東京/青森線就航(B767-300
平成6年(1994年) 9月7日 大阪/青島線就航(B767-300ER
平成6年(1994年) 9月9日 ミニストップで国内線航空券の発売開始
平成6年(1994年) 10月31日 大阪/ブリスベン/シドニー線就航(B767-300ER
平成6年(1994年) 11月1日 東京/ブリスベン/シドニー線就航(B747LR
平成6年(1994年) 12月21日 大阪/香港線就航(B767-300ER
平成7年(1995年) 4月1日 電話発券「P2チケットサービス」開始
平成7年(1995年) 4月20日 ampmで国内線航空券を発売
平成7年(1995年) 4月28日 関西空港第1号格納庫竣工
平成7年(1995年) 6月1日 関西/稚内線、庄内/札幌線開設(A320
平成7年(1995年) 7月21日 大阪/上海線開設(B767-300ER
平成7年(1995年) 7月21日 大阪/バンコク/クアラルンプール線開設(B767-300ER
平成7年(1995年) 10月20日 インターネット「全日空WWW」を使って独自の情報サービス開始
平成7年(1995年) 10月31日 大阪/ロンドン線就航(B747LR
平成7年(1995年) 11月1日 新潟/那覇線就航(B767-200
平成7年(1995年) 12月1日 航空手荷物宅配サービス「快速宅空便」を開始
平成7年(1995年) 12月21日 大阪/ローマ線就航(B747LR
平成7年(1995年) 12月23日 B777-200が東京/大阪線に初就航
平成8年(1996年) 3月31日 東京/ウィーン/パリ線開設
平成8年(1996年) 4月1日 大阪/ウィーン線をオーストリア航空との共同運行で開設(A340)
平成8年(1996年) 4月1日 函館/広島線開設(A320
平成8年(1996年) 4月1日 函館/新潟線開設(A320
平成8年(1996年) 4月1日 予約案内にフリーダイヤルを導入し、サービス拡充を実施
平成8年(1996年) 4月2日 広島/青森線開設(A320
平成8年(1996年) 6月2日 福岡/秋田線開設(B767-200
平成8年(1996年) 7月1日 福岡/釧路線開設(B767-200
平成8年(1996年) 7月16日 大阪/ヤンゴン線開設(B767-300ER
平成8年(1996年) 8月1日 大阪/バンクーバー線をエア・カナダとのコードシェアで運航開始(A340)
平成8年(1996年) 9月1日 松山/仙台線開設(A320
平成8年(1996年) 9月5日 大阪/ムンバイ線開設(B767-300ER
平成8年(1996年) 9月8日 大阪/フランクフルト/ローマ線開設(B747LR
平成8年(1996年) 9月9日 大阪/ミラノ/ローマ線開設(B747LR
平成8年(1996年) 10月1日 関西/富山線開設(A320
平成8年(1996年) 10月1日 関西/新潟線開設(A320
平成8年(1996年) 10月4日 東京/バンコク/デリー線開設(B767-300ER
平成8年(1996年) 10月30日 東京/ジャカルタ/デンパサール線開設(B767-300ER
平成8年(1996年) 12月1日 特別塗装機「スヌーピー号」就航
平成9年(1997年) 1月8日 ANAスカイアシストデスク開設(おからだの不自由な方の相談デスク)
平成9年(1997年) 2月1日 名古屋/ホノルル線就航(B747
平成9年(1997年) 4月1日 国内線にマイレージ導入
ANAマイレージクラブ(AMC)・サービスセンターがオープン
平成9年(1997年) 6月2日 お客様窓口、全日空カスタマーデスク開設(現 ANAご意見・ご要望デスク)
平成9年(1997年) 6月5日 広島/グアム線就航(B767-300
平成9年(1997年) 7月1日 羽田/女満別線運航開始(B767-300
平成9年(1997年) 7月18日 福岡/仙台線(A320)、那覇/山口宇部線(B767-300)就航
平成9年(1997年) 8月1日 国内線一般席でビールを販売(販売実施路線、東京/那覇・伊丹/那覇・関西/那覇)
平成9年(1997年) 9月1日 ボーイング777-200(トリプルセブン)が国際線(成田/北京)に就航
平成9年(1997年) 9月12日 名古屋/青森線就航(A320
平成9年(1997年) 10月28日 福岡/バンコク線、4年ぶりに運航再開(B767)
平成9年(1997年) 11月1日 羽田/稚内線通年運航開始
平成9年(1997年) 11月1日 札幌/沖縄線就航(B767-200
平成9年(1997年) 11月27日 ルフトハンザ ドイツ航空の旅客業務を受託
平成9年(1997年) 12月1日 創立45周年の記念イベントを開催(新宿タカシマヤにて)
平成9年(1997年) 12月1日 B747のスーパーシートを全席禁煙に(B747-400、B747SR)
平成10年(1998年) 3月29日 ベトナム航空と提携、「東京/香港/ハノイ」接続サービスを開始
平成10年(1998年) 3月29日 ヤンゴン/バンコク/関西線の運航を開始(B767-300
平成10年(1998年) 4月11日 エアバスA321、日本初就航(東京/鳥取線)
平成10年(1998年) 4月21日 ユナイテッド航空及びルフトハンザ航空と、コードシェアリングを始めとする包括的な提携契約を締結
平成10年(1998年) 5月1日 ルフトハンザ ドイツ航空とマイレージサービスで提携
平成10年(1998年) 5月18日 関西/福岡/上海線就航(B767-300
平成10年(1998年) 5月19日 関西/天津線就航(B767-300
平成10年(1998年) 7月1日 関西/大連/瀋陽線就航
平成10年(1998年) 7月2日 成田/青島線就航(B777-200
平成10年(1998年) 7月2日 特別塗装機「ポケモンジェット」就航(B767-300B747-400
平成10年(1998年) 7月10日 ボーイング777-300一番機が特別塗装で東京/広島線に就航
平成10年(1998年) 7月18日 羽田/大館能代就航(A320
伊丹/大館能代就航(A320
札幌/大館能代就航(B737-200)
平成10年(1998年) 7月20日 関西/厦門線就航(B767-300
平成10年(1998年) 10月1日 国内線全面禁煙化を実施
平成10年(1998年) 10月4日 成田/ホノルル線就航
平成10年(1998年) 10月25日 ユナイテッド航空とコードシェアを開始。太平洋線と日米国内区間路線の計20路線を対象
平成10年(1998年) 11月7日 福岡/青島線就航(B767-300
平成10年(1998年) 12月1日 東京/サンフランシスコ線就航(B747-400
平成10年(1998年) 12月1日 伊丹/新潟線開設
平成10年(1998年) 12月3日 スカンジナビア航空と提携
平成10年(1998年) 12月23日 関西/デンパサール線就航(B767-300
平成11年(1999年) 2月15日 ルフトハンザ ドイツ航空とコードシェアを開始
平成11年(1999年) 2月24日 ポケモンジェット、成田/ニューヨーク線に就航(B747-400
平成11年(1999年) 3月8日 中国東方航空とコードシェアを開始
平成11年(1999年) 3月28日 ヴァリグ・ブラジル航空とコードシェアを開始(成田、名古屋/サンパウロ/リデオジャネイロ線)
平成11年(1999年) 3月28日 アンセット航空とコードシェアを開始(関西/シドニー線)
平成11年(1999年) 3月29日 東京/上海線就航
平成11年(1999年) 4月13日 東京/シカゴ線就航(B747-400
平成11年(1999年) 6月15日 B777-200ERを導入(11月より運航開始)
平成11年(1999年) 7月1日 『ANAマイレージクラブ』、ニュージーランド航空、アンセット・オーストラリア航空、ヴァリグ・ブラジル航空と提携
平成11年(1999年) 7月14日 バンコク線就航10周年
平成11年(1999年) 8月10日 スターアライアンス特別塗装機を運航(B767-300型機
平成11年(1999年) 9月1日 『ANAマイレージクラブ』、タイ国際航空と提携
平成11年(1999年) 10月31日 「スターアライアンス」に正式加盟
平成11年(1999年) 12月14日 高知/東京線1000万人達成

2000年から

年表詳細(2000年から)
年(西暦) 月日 沿革
平成12年 (2000年) 2月14日 国際線旅客数、2500万人を達成
平成12年 (2000年) 3月26日 関西/ホノルル線開設(B767-300ER
平成12年 (2000年) 7月1日 羽田/大阪間シャトル便スタート
平成12年 (2000年) 7月24日 B777-300長距離型機の導入を決定
平成12年 (2000年) 11月2日 羽田/グアム線チャーター便就航(B767-300ER
平成12年 (2000年) 12月22日 タイ国際航空とコードシェアを開始
平成12年 (2000年) 12月27日 アシアナ航空とコードシェアを開始
平成13年 (2001年) 1月 株式会社エアージャパン国際線定期便の運航開始
平成13年 (2000年) 1月19日 ヴェトナム航空とコードシェアを開始
平成13年 (2001年) 2月16日 羽田国際チャーター便、運航開始
平成13年 (2001年) 2月21日 特別塗装機「ANAウッディージェット」就航
平成13年 (2001年) 3月25日 名古屋/バンクーバー線でエア・カナダとコードシェアを開始
平成13年 (2001年) 3月27日 成田/ホーチミンシティ線就航
平成13年 (2001年) 4月27日 (株)エアーニッポンネットワーク(現 ANAウイングス(株))設立
平成13年 (2001年) 6月1日 国内線に「フレックストラベラー制度」導入
平成13年 (2001年) 7月1日 羽田/大島便で新型機が就航(DHC8-300
平成13年 (2001年) 9月1日 ブリティッシュ・ミッドランドとコードシェアを開始
平成14年 (2002年) 3月31日 成田/ソウル線を開設(B767-300ER
平成14年 (2002年) 4月18日 地方空港と成田空港を結ぶANA Connection運航を開始
成田/厦門線就航
成田/台北線でエバー航空とコードシェアを開始
平成14年 (2002年) 4月25日 全日空・アシアナ航空、マイレージサービスで提携
平成14年 (2002年) 6月25日 エア・ドゥとの包括提携へ
平成14年 (2002年) 7月1日 (株)エアーニッポンネットワーク(現 ANAウイングス(株))運航開始
平成14年 (2002年) 7月12日 「Vナビ」24時間専用ダイヤル(音声自動応答システム)を開設
平成14年 (2002年) 9月17日 エア・ドゥと「業務委託基本契約」を締結
平成14年 (2002年) 10月25日 2002年度冬ダイヤより B767-300F(貨物専用機)が成田/厦門線に就航
平成15年 (2003年) 2月1日 エア・ドゥとコードシェアを開始
平成15年 (2003年) 3月 ANAグループ航空会社 国内線・国際線累計旅客数、10億人を達成
平成15年 (2003年) 3月30日 ユナイテッド航空と関西/ホノルル線でコードシェア運航
平成15年 (2003年) 4月1日 ANAグループ航空券と旅行商品の総合販売カウンター「ANA SQUARE」を開設
スパンエアーならびにLOTポーランド航空とマイレージ提携を開始
平成15年 (2003年) 6月1日 ヴァージンアトランティック航空とマイレージプログラムで提携開始
平成15年 (2003年) 6月28日 ボーイング737-Next Generation シリーズ計45機を確定発注
平成15年 (2003年) 11月5日 初の深夜貨物便が就航(羽田/新千歳、ボーイング777-300型機)
平成15年 (2003年) 11月 ボンバルディアDHC-8-400型機就航
平成15年 (2003年) 11月30日 羽田/金浦線就航
平成15年 (2003年) 12月5日 USエアウェイズと包括提携契約を締結
平成16年 (2004年) 3月5日 AMC会員1,000万人突破記念キャンペーンを実施
平成16年 (2004年) 3月9日 成田空港に国際線用自動チェックイン機を設置
平成16年 (2004年) 3月28日 成田/瀋陽線、関西/杭州線就航
平成16年 (2004年) 3月28日 エアチャイナとコードシェアを開始
マレーシア航空とコードシェアを開始
平成16年 (2004年) 3月29日 成田/杭州線就航
平成16年 (2004年) 4月1日 ANA、エアーニッポン、エアーニッポンネットワークの国内路線全便を対象に、便名を「ANA」に統一
平成16年 (2004年) 4月26日 ボーイング767-300型機の後継機種として次世代中型機「ボーイング7E7シリーズ(現787)50機の発注を決定。ANAは世界のエアラインで初めての発注会社
平成16年 (2004年) 5月4日 USエアとのマイレージプログラム提携
平成16年 (2004年) 5月24日 新・ポケモンジェット「ピカチュウジャンボ」(ボーイング747-400型機)が国内線に就航
平成16年 (2004年) 6月1日 名古屋―稚内線就航
平成16年 (2004年) 7月10日 成田・関西空港出発の国際線にて携帯電話および2次元バーコードによる国際線搭乗手続きを開始
平成16年 (2004年) 8月1日 シンガポール航空とコードシェアを開始
平成16年 (2004年) 8月20日 エアーネクスト(株)(現 ANAウイングス(株))設立
平成16年 (2004年) 9月1日 上海航空とコードシェアを開始
平成16年 (2004年) 11月 中日本エアラインサービス株式会社(エアーセントラル(株)に商号変更、現 ANAウイングス株式会社)を子会社化
平成16年 (2004年) 11月1日 小松/成田線就航
平成16年 (2004年) 11月15日 成田/上海にB777-300ER型機就航
平成16年 (2004年) 12月1日 羽田空港第2ターミナルビルオープン
国内線スーパーシートプレミアム誕生
平成17年 (2005年) 2月 中部国際空港(セントレア)乗入れ開始
平成17年 (2005年) 2月1日 カタール航空とコードシェアを開始
平成17年 (2005年) 3月27日 エアチャイナと日本/中国間の全便でコードシェア
平成17年 (2005年) 4月25日 成田/広州線就航(ボーイング767型機)
平成17年 (2005年) 5月1日 ANAグループ5社で、客室乗務員と地上スタッフのユニホームを15年ぶりに一新
平成17年 (2005年) 5月16日 中部/上海線就航(ボーイング767型機)
平成17年 (2005年) 6月1日 LOTポーランド航空とコードシェアを開始
平成17年 (2005年) 10月1日 国内線で、チケットの購入と同時にチェックインできる「スマートeチケット」を展開
平成17年 (2005年) 10月23日 上海航空とコードシェア開始
平成17年 (2005年) 12月 ボーイング737-700型機就航
平成17年 (2005年) 12月1日 予約から搭乗までITを利用した「スマートeサービス」を国際線にも拡大
平成18年 (2006年) 1月30日 (株)ANA&JPエクスプレス(現(株)エアージャパン)設立
平成18年 (2006年) 3月1日 国内線において2次元バーコードを取り入れた「スマートeチケット(チケットレス)」化を順次拡大
平成18年 (2006年) 3月3日 国際線就航20周年
平成18年 (2006年) 3月10日 「スーパージャンボ」ボーイング747SRが退役
平成18年 (2006年) 4月1日 スカイネットアジア航空とコードシェアを開始
スイスインターナショナルエアラインズとのマイレージプログラム提携を開始
アシアナ航空と相互の貨物便においてコードシェアを開始
平成18年 (2006年) 4月25日 上海/西安線で上海航空とコードシェアを開始
平成18年 (2006年) 6月2日 ANAおよびスターアライアンス各社が成田空港第1ターミナル南ウイングに集結し、大規模出発ラウンジの共有など新しい国際線サービスを開始
平成18年 (2006年) 6月2日 スイス インターナショナル エアラインズとコードシェアを開始
平成18年 (2006年) 9月1日 国内線でICカードや2次元バーコードを利用したチェックイン不要の新搭乗サービス「スキップサービス」を開始
平成18年 (2006年) 10月29日 成田/シカゴ線就航
平成19年 (2007年) 2月15日 羽田空港第2旅客ターミナルに「南ピア」オープン
平成19年 (2007年) 3月25日 中部/広州線就航(B737-700 ANA Business Jet)
平成19年 (2007年) 4月22日 南アフリカ航空とコードシェアを開始
平成19年 (2007年) 5月30日 アシアナ航空との戦略的提携に合意
平成19年 (2007年) 6月 ANAが所有する全日空ホテルの不動産全てを売却
平成19年 (2007年) 6月1日 スターフライヤーと国内線コードシェアを開始
平成19年 (2007年) 7月25日 日中国交正常化35周年と中国線就航20周年を記念した特別塗装機「FLY!パンダ」(ボーイング767型機)が成田/北京線で運航開始
平成19年 (2007年) 9月1日 スカイネットアジア航空(羽田/鹿児島)とコードシェアを開始
平成19年 (2007年) 9月1日 成田/ムンバイ線就航(ANA Business Jet)
平成19年 (2007年) 9月29日 羽田/上海(虹橋)線就航
平成19年 (2007年) 12月16日 TAPポルトガル航空とコードシェアを開始
平成20年 (2008年) 1月8日 国内線時刻表リニューアル
平成20年 (2008年) 2月29日 エアバスA321が退役
平成20年 (2008年) 4月1日 トルコ航空とコードシェアを開始
ANA CARGO ロゴデザインをリニューアル
平成20年 (2008年) 4月1日 羽田/香港線就航
平成20年 (2008年) 4月1日 国内線プレミアムクラス導入
平成20年 (2008年) 4月26日 羽田/三宅島線再開
平成20年 (2008年) 5月21日 ジェットエアウェイズとコードシェアを開始
平成20年 (2008年) 6月 ボーイング737-800型機導入
平成20年 (2008年) 6月16日 世界で初めて貨物専用機767-300BCFを受領。自社所有旅客機(B767-300)を改造した機体
平成20年 (2008年) 11月1日 スターフライヤーと羽田/関西線でコードシェアを開始
平成20年 (2008年) 11月11日 環境省よりエコ・ファースト企業に認定
平成21年 (2009年) 5月1日 関西/ソウル(金浦)線開設
平成21年 (2009年) 5月18日 成田/台北線にサービス補助員を導入。現地公用語によるお客様へのご案内、通訳、機内アナウンスなどのサービスを実施
平成21年 (2009年) 5月20日 深圳航空とコードシェアを開始
平成21年 (2009年) 6月4日 富士山静岡空港開港 静岡/札幌線、沖縄線を開設
平成21年 (2009年) 8月3日 ヴァージン アトランティック航空とコードシェアを開始
平成21年 (2009年) 9月10日 羽田発の主要幹線でANAカーボン・オフセットプログラムを開始。10月1日から国内線全便に導入
平成21年 (2009年) 9月16日 USエアウェイズとコードシェアを開始
平成21年 (2009年) 10月25日 羽田/北京線就航、関西/大連線再開
平成21年 (2009年) 10月26日 「沖縄貨物基地」から、日本を含むアジア域内主要8都市を深夜便フレイターでスピーディに結ぶ、沖縄貨物ハブに新・航空ネットワーク開始
平成21年 (2009年) 11月1日 オリエンタルエアブリッジとコードシェアを開始
平成21年 (2009年) 12月1日 国内線・国際線に新たな有料サービス「ANA My Choice」の提供を開始
特別塗装機「ANAモヒカンジェット」が20年振りに復活

2010年から

年(西暦) 月日 沿革
平成22年(2010年) 3月1日 エティハド航空とコードシェアを開始
平成22年(2010年) 3月28日 コンチネンタル航空とコードシェアを開始
平成22年(2010年) 4月19日 新ブランド"Inspiration of Japan"が、成田/ニューヨーク線に就航の新造機 ボーイング 777-300ER機を皮切りに運航開始
平成22年(2010年) 7月1日 成田/ミュンヘン線就航
平成22年(2010年) 7月1日 国際線の新しい搭乗スタイル「CLICK check‐in」スタート
平成22年(2010年) 7月1日 (株)エアージャパンと(株)ANA&JPエクスプレスが、エアージャパンを存続会社とし吸収合併
平成22年(2010年) 7月1日 マカオ航空とコードシェアを開始
平成22年(2010年) 10月1日 (株)エアーニッポンネットワーク、エアーネクスト(株)およびエアーセントラル(株)が、(株)エアーニッポンネットワークを存続会社とし吸収合併。また合併と同時に、社名を「ANAウイングス(株)」に変更
平成22年(2010年) 10月15日 TAMブラジル航空とコードシェアを開始
平成22年(2010年) 10月31日 羽田発着の国際線が9路線に拡大
羽田/ロサンゼルス、ホノルル、台北(松山)、シンガポール、バンコク線に就航
平成22年(2010年) 11月19日 特別塗装機「エコボン(DHC8-Q400)」(若葉をイメージさせるANAグループ初エコペイント機)就航
平成22年(2010年) 12月20日 エジプト航空とコードシェアを開始
平成23年(2011年) 1月7日 成田/ジャカルタ線就航(B767-300ER
平成23年(2011年) 2月10日 LCC新会社 A&F・Aviation(株)(現 Peach Aviation(株))設立
平成23年(2011年) 2月25日 国際貨物の24時間対応web予約を本格スタート
平成23年(2011年) 2月27日 成田/マニラ線就航(B767-300ER
平成23年(2011年) 3月3日 国際線定期便就航25周年
平成23年(2011年) 4月1日 ユナイテッド航空との共同事業開始
平成23年(2011年) 5月23日 スカンジナビア航空とコードシェアを開始
平成23年(2011年) 6月19日 成田/成都線就航
平成23年(2011年) 8月31日 エアアジア・ジャパン(株)設立
平成23年(2011年) 10月26日 B787を世界に先駆け導入、初の営業飛行となる成田ー香港線チャーター便運航(NH7871便)
平成23年(2011年) 10月30日 名古屋(中部)/香港線就航(737-700
平成23年(2011年) 11月1日 B787-8国内線定期便就航開始(東京/岡山・広島)
平成24年(2012年) 1月14日 B787-8国際線定期便就航開始(羽田ー北京線)
平成24年(2012年) 1月19日 ハワイアン航空とコードシェアを開始
平成24年(2012年) 1月21日 羽田ーフランクフルト線就航(B787-8世界初の国際線長距離路線運航)
平成24年(2012年) 3月25日 新潟/成田線就航、福岡/宮崎線再開
平成24年(2012年) 3月25日 ニュージーランド航空とのコードシェア開始
平成24年(2012年) 4月1日 エアーニッポン(株)を吸収合併
平成24年(2012年) 4月1日 ルフトハンザ航空との共同事業開始
平成24年(2012年) 6月1日 福島/伊丹線就航
平成24年(2012年) 6月28日 山東航空とコードシェアを開始
平成24年(2012年) 7月25日 成田/シアトル線就航
平成24年(2012年) 10月15日 成田/ヤンゴン線就航
平成24年(2012年) 10月28日 成田/デリー線就航
平成24年(2012年) 12月13日 羽田/岩国線就航
平成25年(2013年) 1月11日 成田/サンノゼ線就航
平成25年(2013年) 4月 持株会社制を導入しANAホールディングス株式会社としてスタート
平成25年(2013年) 4月1日 ルフトハンザ航空との共同事業にスイス航空、オーストリア航空が参加
平成25年(2013年) 11月1日 バニラ・エア株式会社に商号を変更
平成26年(2014年) 3月30日 羽田/ロンドン線就航
羽田/パリ線就航
羽田/ミュンヘン線就航
羽田/ハノイ線就航
羽田/ジャカルタ線就航
羽田/マニラ線就航
羽田/バンクーバー線就航
成田/デュッセルドルフ線就航
平成26年(2014年) 3月30日 ガルーダインドネシア航空とのコードシェア開始
平成26年(2014年) 7月1日 エアードロミティとのコードシェア開始
平成26年(2014年) 8月7日 B787-9が世界初の定期運航便として羽田ー福岡線で運航開始
平成26年(2014年) 10月26日 エチオピア航空とのコードシェア開始
平成26年(2014年) 10月28日 フィリピン航空とのコードシェア開始
平成27年(2015年) 6月12日 成田/ヒューストン線就航
平成27年(2015年) 9月1日 成田/クアラルンプール線就航
平成27年(2015年) 10月25日 成田/ブリュッセル線就航
羽田/広州線就航
平成27年(2015年) 10月25日 アビアンカ航空とのコードシェア開始
ブリュッセル航空とのコードシェア開始
平成27年(2015年) 12月11日 羽田/シドニー線就航
平成28年(2016年) 4月28日 成田/武漢線就航
平成28年(2016年) 9月1日 成田/プノンペン線就航
平成28年(2016年) 10月30日 羽田/ニューヨーク線就航
羽田/シカゴ線就航
羽田/クアラルンプール線就航
平成29年(2017年) 2月15日 成田/メキシコシティ線就航
平成30年(2018年) 3月25日 吉祥航空とのコードシェア開始
平成30年(2018年) 10月28日 アリタリア航空とのコードシェア開始
平成31年(2019年) 2月17日 羽田/ウィーン線就航
平成31年(2019年) 4月26日 B787-10が成田/シンガポール線で運航開始
令和元年(2019年) 5月24日 A380が成田/ホノルル線で運航開始
令和元年(2019年) 9月1日 成田/パース線就航
令和元年(2019年) 10月27日 成田/チェンナイ線就航
令和2年(2020年) 1月30日 ヴァージン・オーストラリアとコードシェア開始

1952年から

年(西暦) 月日 沿革
昭和27年(1952年) 1月18日 創立委員会を設置し、委員長に福本柳一氏を指名(日ペリ)
昭和27年(1952年) 2月 ヘリコプターを使って営業開始
昭和27年(1952年) 12月26日 極東航空(株)設立、登記完了。資本金5,000万円
昭和27年(1952年) 12月27日 日本ヘリコプター輸送(株)設立、登記完了。資本金1億5,000万円、役員12名、従業員16名で発足
昭和28年(1953年) 12月15日 D.H.ダブ(JA5008)で東京/大阪間の貨物郵便運航開始、日本人操縦士による戦後最初の定期便(日ペリ)
昭和28年(1953年) 5月 不定期航空運送事業免許取得
昭和28年(1953年) 10月 定期航空運送事業免許取得
昭和29年(1954年) 1月20日 大阪/東京間の夜間郵便専用便、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和29年(1954年) 2月1日 D.H.ダブにて東京/大阪間の旅客、貨物便、運航開始(日ペリ)
昭和29年(1954年) 3月1日 D.H.ヘロン型1機を加え、東京/名古屋/大阪間、旅客貨物便、運航開始(東京/大阪間の直行旅客便中止)(日ペリ)
昭和29年(1954年) 4月20日 岩国/福岡線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和29年(1954年) 4月27日 東京/大阪間、夜間郵便専用便、運航開始(日ペリ、なお極東は再開)
昭和29年(1954年) 8月10日 東京/三沢/札幌間、旅客貨物輸送開始(日ペリ)
昭和29年(1954年) 10月1日 大阪/高知線、運航開始(マラソン使用)(極東)
昭和29年(1954年) 11月1日 福岡/宮崎線、運航開始(マラソン使用)(極東)
昭和29年(1954年) 11月18日 大阪/米子線、運航開始(マラソン使用)
昭和29年(1954年) 11月30日 日本ヘリコプター輸送、愛称を「日ペリ航空」に決める
昭和30年(1955年) 4月13日 東京/八丈島線、運航開始(D.H.ダブD.H.ヘロン使用)(日ペリ)
昭和30年(1955年) 5月23日 大阪/高松線、運航開始(極東)
昭和30年(1955年) 7月2日 大阪/小松線、運航開始(D.H.ダブD.H.ヘロン使用)(日ペリ)
昭和30年(1955年) 10月15日 名古屋/小松線、運航開始(D.H.ダブD.H.ヘロン使用)(日ペリ)
昭和30年(1955年) 10月15日 東京/大島線、運航開始(D.H.ダブ使用)(日ペリ)
昭和30年(1955年) 11月15日 DC-3型機、東京/名古屋/大阪線に就航。第1期スチュワーデス乗務開始(日ペリ)
昭和31年(1956年) 3月19日 大阪/松山線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和31年(1956年) 4月7日 松山/大分線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和31年(1956年) 5月15日 大阪/小倉線、運航開始(日ペリ)
昭和31年(1956年) 5月30日 第1回すずらん慰問(日ペリ)現在まで継続している行事
昭和32年(1957年) 3月11日 大阪/大分線、運航開始(DC-3使用)(極東)
昭和32年(1957年) 4月15日 大分/宮崎線、運航開始(DC-3使用)(極東)
昭和32年(1957年) 4月22日 東京/仙台線、運航開始(D.H.ヘロン使用)
昭和32年(1957年) 4月25日 福岡/大分線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和32年(1957年) 7月1日 岩国/大分線、運航開始(DC-3使用)(極東)
昭和32年(1957年) 7月1日 大阪/宮崎、宮崎/鹿児島線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和32年(1957年) 7月1日 福岡/鹿児島線、運航開始(D.H.ダブ使用)(極東)
昭和32年(1957年) 10月10日 東京/北九州(小倉)線、運航開始(DC-3使用)(日ペリ)
昭和32年(1957年) 12月1日 日ペリ・極東航空、合併に先だち商号を「全日本空輸株式会社」と変更し、日ペリ航空が極東航空の路線を運営
昭和33年(1958年) 3月 極東航空株式会社と合併
昭和33年(1958年) 6月1日 仙台/札幌線、運航開始(DC-3使用)
昭和33年(1958年) 6月3日 大阪/福岡間の夜間郵便飛行開始(D.H.ダブ使用)
昭和33年(1958年) 6月15日 東京/新潟線、運航開始(DC-3使用)
昭和33年(1958年) 9月1日 スチュワーデスのユニフォームを一新。社員のデザイン
昭和34年(1959年) 4月1日 東京/大阪、直行便、運航開始(DC-3使用、1日2往復、国内幹線に進出)
昭和34年(1959年) 4月20日 大阪/福岡間の夜間郵便専用便の岩国寄港を開始(上り便のみ)
昭和34年(1959年) 5月15日 福岡/大村線、運航開始(D.H.ヘロン使用)
昭和34年(1959年) 10月10日 コンベア440、定期便に初就航(東京/大阪、東京/札幌、東京/名古屋)
昭和34年(1959年) 10月10日 仙台/三沢線、運航開始(1日1往復)
昭和34年(1959年) 10月10日 東京/札幌、直行便、運航開始(コンベア440使用、1日1往復)
昭和34年(1959年) 10月15日 仙台/函館線、運航開始
昭和34年(1959年) 10月15日 函館/札幌線、運航開始
昭和34年(1959年) 12月1日 大分/長崎線、運航開始(1日1往復)
昭和34年(1959年) 12月1日 岩国/北九州(小倉)線、運航開始(1日1往復)

1960年から

  • 「→」は行き先を表します。
年(西暦) 月日 沿革
昭和35年(1960年) 5月 日本観光協会に入会
昭和35年(1960年) 5月30日 三沢/函館線、運航開始
昭和35年(1960年) 8月1日 バイカウント744、東京/札幌線に就航(国内初のターボプロップ機による運航)
昭和35年(1960年) 9月20日 定期航空PR誌「翼の王国」第1号発行
昭和36年(1961年) 2月1日 鹿児島/那覇間定期航空運送事業が日本政府より免許される
昭和36年(1961年) 4月1日 長崎/熊本線、運航開始(DC-3使用)
昭和36年(1961年) 4月1日 貨物専用DC-3型2機(JA5080、JA5078)運航開始
昭和36年(1961年) 7月10日 フレンドシップF-27、大阪/高知、大阪/宮崎/鹿児島線に就航開始
昭和36年(1961年) 7月12日 バイカウント828が東京/札幌線に初就航(毎日2往復)
昭和36年(1961年) 8月1日 熊本/大分線、運航開始(DC-3使用)
昭和36年(1961年) 9月12日 東京/札幌間に夜間郵便貨物便が運航開始
昭和36年(1961年) 9月15日 大阪/広島、広島/岩国線、運航開始
昭和36年(1961年) 9月23日 鹿児島/那覇線、運航開始。初の海外就航開始(フレンドシップF-27使用、週2便)
昭和36年(1961年) 10月2日 株式市場に第2部が設置され東京と大阪に上場
昭和37年(1962年) 4月1日 広島/北九州線、運航開始(DC-3使用)
昭和37年(1962年) 4月1日 大阪/熊本線、運航開始(F-27使用)
昭和37年(1962年) 4月1日 大阪/鹿児島線、運航開始(F-27使用)
昭和37年(1962年) 4月20日 東京/秋田線、運航開始(DC-3使用)
昭和37年(1962年) 5月1日 広島/大分線、運航開始(DC-3使用)
昭和37年(1962年) 10月14日 東京/岡山/広島線、運航開始(F-27使用)
昭和37年(1962年) 12月10日 東京/高松/松山線、運航開始(F-27使用)
昭和38年(1963年) 1月16日 東京/秋田間の速達航空便運航開始
昭和38年(1963年) 2月11日 広島/北九州、広島/大分、松山/大分の3路線を東亜航空へ移譲
昭和38年(1963年) 7月1日 ビームライン、東京/函館、東京/小松、東京/高松/松山、東京/宮崎/鹿児島の4路線運航開始(F-27使用)
昭和38年(1963年) 8月21日 東京/富山線、運航開始(F-27使用)
昭和38年(1963年) 9月1日 東京/広島線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和38年(1963年) 9月10日 バイカウント828にて世界最初のテレビサービス公開飛行実施
昭和38年(1963年) 10月16日 福岡/鹿児島、福岡/宮崎、福岡/大村線を東亜航空に移譲
昭和38年(1963年) 11月1日 藤田航空を吸収合併、資本金46億5千万円となる
昭和39年(1964年) 5月25日 B727、東京/札幌線に就航開始、全席座席指定制を実施
昭和39年(1964年) 6月15日 大阪/広島、大阪/広島/岩国、大阪/米子線を東亜航空に、名古屋/金沢線を中日本航空に移譲
昭和39年(1964年) 7月1日 東京/山形線、運航開始(F-27使用)
昭和39年(1964年) 7月1日 東京/熊本線、運航開始(F-27使用)
昭和39年(1964年) 7月1日 発券予約制度実施
昭和39年(1964年) 9月9日 YS-11でオリンピック聖火リレー実施(沖縄→鹿児島→宮崎→千歳)
昭和39年(1964年) 9月30日 「赤い羽根、第1号」を各地へ輪送
昭和39年(1964年) 10月1日 バイカウント828にて世界最初のテレビサービス公開飛行実施
昭和39年(1964年) 10月1日 東京/鹿児島線、運航開始(F-27使用)
昭和39年(1964年) 11月1日 JCBとの間に信用販売契約を締結し、航空券の信用販売を開始
昭和39年(1964年) 11月30日 コンベア440、定期路線より引退
昭和40年(1965年) 2月1日 中日本航空の定期航空部門を吸収(名古屋/小松、名古屋/富山線)
昭和40年(1965年) 3月1日 大阪/福岡線、運航開始(バイカウント828使用)
昭和40年(1965年) 3月22日 鹿児島/奄美大島/那覇線、運航開始(F-27使用)
昭和40年(1965年) 4月1日 名古屋/富山線、運航開始(F27使用、1日1往復)
昭和40年(1965年) 4月10日 B727、東京/大阪線に就航
昭和40年(1965年) 6月1日 名古屋/札幌線、アカシア便、運航開始(バイカウント828使用、1日1往復)
昭和40年(1965年) 8月23日 YS-11の愛称を「オリンピア」に決定
昭和40年(1965年) 9月20日 YS-11「オリンピア」大阪/高知線に就航開始
昭和40年(1965年) 9月30日 羽田のジェットハンガー「全日空、東京第1号格納庫」完成
昭和40年(1965年) 10月1日 名古屋/宮崎線、運航開始(F-27使用、1日2往復)
昭和40年(1965年) 10月1日 大阪/長崎線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和40年(1965年) 10月1日 東京/大阪線、全便B727による完全ジェット化が実現
昭和40年(1965年) 11月1日 東京/松山線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和40年(1965年) 11月1日 東京/高松線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 4月1日 日本ダイナースクラブと契約、航空券の信用販売を開始
昭和41年(1966年) 7月1日 東京/大阪線の便名をすべて出発時刻の倍の数に変更
昭和41年(1966年) 7月1日 東京/大阪線にスカイメイトを設定
昭和41年(1966年) 7月1日 東京/福井線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 7月1日 東京/宇部線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 10月1日 名古屋/大分線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 10月1日 名古屋/高松線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 10月1日 高知/宮崎線、運航開始(バイカウント828使用、1日1往復)
昭和41年(1966年) 10月1日 小松/福井線、運航開始(F-27使用、毎日1復路)
昭和41年(1966年) 10月29日 夜間郵便専用便(郵政省とのチャーター契約)の運航を開始(東京/名古屋/大阪、大阪/福岡、バイカウント828使用)
昭和41年(1966年) 12月1日 宇部/北九州線運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和42年(1967年) 6月12日 小松/札幌線、運航開始(バイカウント828使用、1日1往復)
昭和42年(1967年) 7月1日 ジュニアパイロット制実施
昭和42年(1967年) 8月1日 東京/鳥取線、運航開始(F-27使用)
昭和42年(1967年) 8月1日 鳥取/米子線、運航開始(F-27使用)
昭和42年(1967年) 12月1日 長崎航空の定期航空部門を継承
昭和42年(1967年) 12月1日 長崎/福江線、運航開始(F-27使用)
昭和42年(1967年) 12月1日 福岡/壱岐線、運航開始(F-27使用)
昭和43年(1968年) 2月10日 営業部に国際航空準備室を設置
昭和43年(1968年) 7月1日 大阪/那覇線、運航開始(バイカウント828使用、週1往復)
昭和43年(1968年) 7月1日 羽田、伊丹両空港にグランドホステス誕生
昭和44年(1969年) 2月26日 大島/三宅島線、運航開始(F-27使用)
昭和44年(1969年) 3月1日 名古屋/南紀白浜線、運航開始(F-27使用)
昭和44年(1969年) 5月1日 大阪/鳥取線、運航開始(F-27使用、1日2往復)
昭和44年(1969年) 6月20日 B737、東京/大阪線(1日2往復)、大阪/福岡線(1日3往復)に就航開始
昭和44年(1969年) 7月1日 大阪/札幌線、運航開始(B727使用、1日1往復)
昭和44年(1969年) 9月2日 全機種の機体塗装をモヒカンルックに決定
昭和44年(1969年) 10月1日 B727-200型機、東京/大阪線に就航開始

1970年から

年(西暦) 月日 沿革
昭和45年(1970年) 3月1日 東京/福岡線、運航開始(B737使用、1日2往復)
昭和45年(1970年) 3月1日 万国博を控えスチュワーデスのユニフォームを一新(デザイン、芦田淳)
昭和45年(1970年) 5月1日 名古屋/八丈島線、運航開始(F-27使用、1日1往復)
昭和45年(1970年) 6月1日 小松/新潟/札幌(丘珠)線、運航開始(YS-11使用)
昭和45年(1970年) 8月9日 大阪/沖縄線で国際線並みにビーフを主体とした機内食のトレーサービス開始
昭和45年(1970年) 8月17日 厚木飛行場の使用を開始。羽田空港の混雑緩和のため、東京/八丈島線9往復のうち2往復4便を厚木へ移した
昭和45年(1970年) 12月1日 名古屋/鹿児島線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和46年(1971年) 2月21日 国際チャーターの第1便が羽田から香港へ向け出発(B727-100、JA8303、武井商事一行109人)
昭和46年(1971年) 5月1日 名古屋/松山線、運航開始(F-27使用)
昭和46年(1971年) 6月1日 米子/福岡線、運航開始(F-27使用)
昭和47年(1972年) 1月1日 札幌オリンピックの聖火、沖縄から全日空特別機(B727)で東京入り
昭和47年(1972年) 4月1日 小松/新潟/札幌線、運航開始(YS-11使用)
昭和47年(1972年) 5月15日 東京/那覇線、運航開始(B727-100使用、1日1往復)
昭和47年(1972年) 6月1日 グランドホステスのユニフォームを一新
昭和47年(1972年) 6月1日 高知/鹿児島線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和47年(1972年) 7月15日 大阪/函館線、運航開始(B727-200使用)
昭和47年(1972年) 8月 東京・大阪証券取引所市場二部から一部に上場
昭和47年(1972年) 10月1日 名古屋/那覇線、運航開始(B727-100使用、1日1往復)
昭和47年(1972年) 10月1日 全路線の電話予約を開始
昭和48年(1973年) 1月18日 創業以来の累計旅客数、5,000万人を記録
昭和48年(1973年) 4月 国内旅行商品ブランド「スカイホリデー」予約販売開始
昭和48年(1973年) 5月1日 福岡/那覇線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和48年(1973年) 7月5日 「'73全日空札幌オープンゴルフトーナメント」(第1回)始まる
昭和48年(1973年) 10月1日 熊本/宮崎線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和48年(1973年) 12月15日 東京/長崎線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和48年(1973年) 12月20日 長崎/鹿児島線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和49年(1974年) 3月10日 L-1011トライスター、東京/沖縄線に就航開始。スチュワーデスの制服をトライスター・ルックに一新
昭和49年(1974年) 3月 日本近距離航空株式会社(後のエアーニッポン株式会社)設立
昭和49年(1974年) 3月31日 全線にスカイメイト運賃を適用
昭和49年(1974年) 6月 札幌全日空ホテル開業
昭和49年(1974年) 8月1日 日本交通公社と座席予約コンピューターを接続
昭和49年(1974年) 12月1日 福井/名古屋線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和50年(1975年) 2月1日 東京/沖縄線トライスター便でビールサービス開始(5/31まで)
昭和50年(1975年) 7月1日 東京/釧路線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和50年(1975年) 7月20日 奄美大島/伊江島、伊江島/那覇線、運航開始(YS-11使用、1日1便)
昭和50年(1975年) 7月23日 熊本/那覇線、運航開始(B737使用、週2往復)
昭和50年(1975年) 7月24日 松山/那覇線、運航開始(B737使用、週5往復)
昭和50年(1975年) 10月10日 福岡/対馬線、運航開始(YS-11使用、1日2往復)
昭和51年(1976年) 7月1日 大阪/仙台線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和51年(1976年) 8月3日 長崎/対馬線、運航開始(YS-11使用、週2往復)
昭和51年(1976年) 9月6日 創業以来の旅客数が1億人を突破
昭和51年(1976年) 12月21日 福岡/福江線、運航開始(YS-11使用、1日1往復)
昭和52年(1977年) 3月1日 女子社員(一般事務職)の制服を一新(デザイン、花井幸子)
昭和52年(1977年) 4月25日 名古屋/長崎線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和52年(1977年) 6月1日 小松/札幌線、運航開始(B727使用)
昭和52年(1977年) 7月1日 名古屋/新潟線、運航開始(B727使用、1日1往復)
昭和52年(1977年) 12月1日 広島/鹿児島線、運航開始(YS-11使用)
昭和53年(1978年) 3月1日 小松/福岡線、運航開始(B727使用、1日1往復)
昭和53年(1978年) 6月1日 名古屋/仙台線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和53年(1978年) 6月1日 グランドホステス及び空港勤務の男子社員の制服を一新
昭和53年(1978年) 6月1日 国内全線で禁煙席の運用開始(全座席の10%)
昭和53年(1978年) 7月20日 東京/大分線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和53年(1978年) 5月 成田空港開港
昭和53年(1978年) 8月1日 成田/名古屋線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和53年(1978年) 9月 日本貨物航空株式会社設立(2005年8月 経営より離脱)
昭和53年(1978年) 11月22日 長崎/那覇線、運航開始(B727使用、1日1往復)
昭和53年(1978年) 11月22日 宮崎/那覇線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和54年(1979年) 1月 海外旅行商品ブランド「ハローツアー」予約販売開始
昭和54年(1979年) 1月25日 B747SR、東京/札幌、東京/福岡線に就航開始、スチュワーデスのユニフォームを一新
昭和54年(1979年) 4月1日 パイロットの制服を改定し着用開始
昭和54年(1979年) 4月2日 従業員が1万人を突破
昭和54年(1979年) 7月19日 福岡/対馬線の運航を日本近距離航空に移譲
昭和54年(1979年) 8月10日 東京/鳥取直行便、就航(YS-11使用、1日1往復)
昭和54年(1979年) 12月26日 仙台/新潟線、運航開始(B737使用、1日1往復)

1980年から

年(西暦) 月日 沿革
昭和55年(1980年) 3月31日 福岡/壱岐、福岡/福江線を日本近距離航空に移譲
昭和55年(1980年) 4月30日 長崎/対馬線を日本近距離航空に移譲
昭和55年(1980年) 5月21日 名古屋/函館線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和55年(1980年) 8月1日 仙台/那覇線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和56年(1981年) 7月1日 福岡/新潟線、運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和56年(1981年) 7月25日 創業以来の累計旅客数2億人を達成(日本の航空史上初めて)
昭和56年(1981年) 7月31日 長崎/福江線を日本近距離航空に移譲
昭和57年(1982年) 7月24日 名古屋/秋田線運航開始(B737使用、1日1往復)
昭和57年(1982年) 12月1日 創立30周年を迎える。30周年記念日を期してスチュワーデス、グランドホステス、男性空港地上職員のユニフォームを一新(デザイン、芦田淳)、またニューデザインによるリペイント初号機となったトライスターもデビュー、ラインに投入
昭和58年(1983年) 3月4日 ロールスロイス社からRB-211-22B-02エンジンの100万運転時間達成に対し、記念品を受ける
昭和58年(1983年) 6月 沖縄に万座ビーチホテル開業(現在のANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート)
昭和58年(1983年) 6月21日 B767-200型機が東京/松山線、大阪/松山線で運航開始
昭和58年(1983年) 10月1日 大型および速達小包郵便物の輸送開始
昭和58年(1983年) 11月1日 ANAスカイポーターサービス開始
昭和59年(1984年) 2月1日 「ANAカード」の取扱いを開始
昭和59年(1984年) 5月25日 ジェット機の就航20周年を迎える
昭和59年(1984年) 7月30日 小松/仙台線を開設(YS-11使用、1日1往復)
昭和59年(1984年) 8月24日 国際チャーター便旅客数100万人を達成
昭和59年(1984年) 11月30日 「スカイキャプテン」「スカイプッシュホン」がサービス開始
昭和60年(1985年) 10月25日 創業以来の累計旅客数3億人を達成(日本の航空会社で初めて)
昭和60年(1985年) 11月1日 スーパーシート運用開始
昭和60年(1985年) 11月15日 大分/那覇線を開設
昭和61年(1986年) 3月3日 初の国際定期便、東京/グアム線の運航開始(L-1011
昭和61年(1986年) 4月14日 アメリカン航空と業務提携契約を締結
昭和61年(1986年) 6月7日 東京全日空ホテル開業
昭和61年(1986年) 7月8日 100機目のボーイング機受領
昭和61年(1986年) 7月12日 成田/大阪線の運航開始(L-1011使用、1日1往復)
昭和61年(1986年) 7月16日 B747LR型機で東京/ロサンゼルス線の運航開始
昭和61年(1986年) 7月26日 東京/ワシントン線の運航開始
昭和62年(1987年) 4月1日 日本近距離航空(NKA)、社名をエアーニッポン(ANK)に変更
昭和62年(1987年) 4月16日 東京/北京、東京/大連/北京線の運航開始(L-1011
昭和62年(1987年) 6月1日 札幌/稚内線、東京/稚内線開設(B737使用、1日1往復)
昭和62年(1987年) 7月10日 B767-300型機が東京/熊本/大阪/長崎/東京線で運航開始
昭和62年(1987年) 7月25日 東京/香港線の運航開始(L-1011
昭和62年(1987年) 10月26日 東京/シドニー線の運航開始(B747LR
昭和62年(1987年) 11月2日 情報システムセンタービル竣工
昭和63年(1988年) 4月1日 整備士の制服を15年ぶりに一新
昭和63年(1988年) 5月1日 「ANA SKY SHOP」発行
昭和63年(1988年) 5月23日 able(新総合旅客系システム)稼働開始
昭和63年(1988年) 6月1日 出光興産給油所で航空券販売開始
昭和63年(1988年) 7月1日 東京/ソウル線の運航開始(B767-300
昭和63年(1988年) 10月1日 営団地下鉄で全日空の国内線航空券の販売を開始
平成元年(1989年) 1月1日 IATAに加盟
平成元年(1989年) 4月1日 全日空歴史展示室オープン
平成元年(1989年) 4月27日 東京/ストックホルム線がスカンジナビア航空と初の共同運航で就航(DC-10)
平成元年(1989年) 7月14日 B767-300ER型機が東京/バンコク線で運航開始
平成元年(1989年) 7月16日 東京/モスクワ/ウィーン線がオーストリア航空、アエロフロート航空との共同運航で就航(A310)
平成元年(1989年) 7月22日 東京/ロンドン線就航(B747LR
平成元年(1989年) 9月25日 国際線旅客数200万人を達成
平成元年(1989年) 11月16日 東京/サイパン線就航(L-1011

1990年から

年(西暦) 月日 沿革
平成2年(1990年) 6月29日 ワールドエアネットワーク(株)設立
平成2年(1990年) 10月4日 東京/パリ線就航(B747LR
平成2年(1990年) 10月28日 東京/ブリュッセル線がサベナ・ベルギー航空との共同運航で就航(B747-300)
平成2年(1990年) 10月31日 名古屋/クアラルンプール線がマレーシア航空との共同運航で就航(DC-10)
平成2年(1990年) 11月1日 B747-400(テクノジャンボ)が東京/大阪線で運航開始
平成2年(1990年) 11月1日 客室乗務員、パイロット、グランドホステス、男性地上係員の制服を一新
平成2年(1990年) 12月25日 高松/札幌線就航(B767-200
平成2年(1990年) 12月27日 岡山/札幌線就航(B767-200
平成3年(1991年) 3月1日 福岡/札幌線就航(B767-200
平成3年(1991年) 3月1日 ファミリーマートで国内線航空券の取り次ぎサービス開始
平成3年(1991年) 3月9日 東京/ニューヨーク線就航(B747LR
平成3年(1991年) 3月9日 新ビジネスクラス(CLUB ANA)を開始
平成3年(1991年) 3月16日 A320が東京/山形線で運航開始
平成3年(1991年) 6月1日 富山/札幌線就航(B767-300
平成3年(1991年) 8月10日 福岡/バンコク線就航(B767-300ER
平成3年(1991年) 9月11日 名古屋/ホノルル線就航(B747LR
平成3年(1991年) 10月1日 東京/庄内、大阪/庄内線就航(A320
平成3年(1991年) 10月10日 株式をロンドン証券取引所に上場
平成3年(1991年) 10月22日 鹿児島/札幌線就航(B767-200
平成3年(1991年) 10月24日 松山/札幌線就航(B767-200
平成3年(1991年) 12月3日 東京/シンガポール線就航(B767-300ER
平成3年(1991年) 12月6日 定期航空会社8社による定期航空協会設立
平成4年(1992年) 4月10日 福岡/大連線就航(B767-300ER
平成4年(1992年) 6月1日 名古屋/旭川線就航(B767-200
平成4年(1992年) 7月18日 大阪/女満別線就航(A320
平成4年(1992年) 8月13日 創業以来の累計旅客数5億人を達成
平成4年(1992年) 10月16日 創業以来の国内累計旅客数5億人を達成
平成4年(1992年) 10月25日 広島/仙台線就航(A320
平成4年(1992年) 10月25日 福岡/北京線就航(B767-300ER
平成4年(1992年) 11月3日 成田/札幌線就航(B767-200
平成4年(1992年) 12月26日 東京/旭川線就航(B767-200
平成5年(1993年) 2月17日 東京/フランクフルト線就航(B747LR
平成5年(1993年) 3月20日 福島/札幌線就航(A320
平成5年(1993年) 3月30日 東京/上海線就航(B747LR
平成5年(1993年) 5月1日 福島/福岡線就航(A320
平成5年(1993年) 5月2日 山口宇部/札幌線就航(B767-200
平成5年(1993年) 7月1日 高松/那覇線就航(B767-200
平成5年(1993年) 7月1日 名古屋/女満別線就航(A320
平成5年(1993年) 9月12日 マリンジャンボ就航(JA8963)
平成5年(1993年) 11月1日 国際線マイレージサービス「プログラムA」を開始
平成5年(1993年) 12月7日 東京/シンガポール線をワールドエアネットワークに運航委託
平成5年(1993年) 12月13日 マリンジャンボJr.就航(JA8579)
平成6年(1994年) 4月1日 国内航空6社は、搭乗手続き締め切り時刻を便出発20分前から15分前に変更
平成6年(1994年) 7月21日 国際線通算搭乗旅客数で1,000万人達成
平成6年(1994年) 9月4日 関西国際空港の開港に伴い、大阪/シンガポール線(B767-300ER)、大阪/ソウル線(B767-300ER)、大阪/福岡/大連/北京線(B767-300ER)の運航を開始
平成6年(1994年) 9月4日 東京/青森線就航(B767-300
平成6年(1994年) 9月7日 大阪/青島線就航(B767-300ER
平成6年(1994年) 9月9日 ミニストップで国内線航空券の発売開始
平成6年(1994年) 10月31日 大阪/ブリスベン/シドニー線就航(B767-300ER
平成6年(1994年) 11月1日 東京/ブリスベン/シドニー線就航(B747LR
平成6年(1994年) 12月21日 大阪/香港線就航(B767-300ER
平成7年(1995年) 4月1日 電話発券「P2チケットサービス」開始
平成7年(1995年) 4月20日 ampmで国内線航空券を発売
平成7年(1995年) 4月28日 関西空港第1号格納庫竣工
平成7年(1995年) 6月1日 関西/稚内線、庄内/札幌線開設(A320
平成7年(1995年) 7月21日 大阪/上海線開設(B767-300ER
平成7年(1995年) 7月21日 大阪/バンコク/クアラルンプール線開設(B767-300ER
平成7年(1995年) 10月20日 インターネット「全日空WWW」を使って独自の情報サービス開始
平成7年(1995年) 10月31日 大阪/ロンドン線就航(B747LR
平成7年(1995年) 11月1日 新潟/那覇線就航(B767-200
平成7年(1995年) 12月1日 航空手荷物宅配サービス「快速宅空便」を開始
平成7年(1995年) 12月21日 大阪/ローマ線就航(B747LR
平成7年(1995年) 12月23日 B777-200が東京/大阪線に初就航
平成8年(1996年) 3月31日 東京/ウィーン/パリ線開設
平成8年(1996年) 4月1日 大阪/ウィーン線をオーストリア航空との共同運行で開設(A340)
平成8年(1996年) 4月1日 函館/広島線開設(A320
平成8年(1996年) 4月1日 函館/新潟線開設(A320
平成8年(1996年) 4月1日 予約案内にフリーダイヤルを導入し、サービス拡充を実施
平成8年(1996年) 4月2日 広島/青森線開設(A320
平成8年(1996年) 6月2日 福岡/秋田線開設(B767-200
平成8年(1996年) 7月1日 福岡/釧路線開設(B767-200
平成8年(1996年) 7月16日 大阪/ヤンゴン線開設(B767-300ER
平成8年(1996年) 8月1日 大阪/バンクーバー線をエア・カナダとのコードシェアで運航開始(A340)
平成8年(1996年) 9月1日 松山/仙台線開設(A320
平成8年(1996年) 9月5日 大阪/ムンバイ線開設(B767-300ER
平成8年(1996年) 9月8日 大阪/フランクフルト/ローマ線開設(B747LR
平成8年(1996年) 9月9日 大阪/ミラノ/ローマ線開設(B747LR
平成8年(1996年) 10月1日 関西/富山線開設(A320
平成8年(1996年) 10月1日 関西/新潟線開設(A320
平成8年(1996年) 10月4日 東京/バンコク/デリー線開設(B767-300ER
平成8年(1996年) 10月30日 東京/ジャカルタ/デンパサール線開設(B767-300ER
平成8年(1996年) 12月1日 特別塗装機「スヌーピー号」就航
平成9年(1997年) 1月8日 ANAスカイアシストデスク開設(おからだの不自由な方の相談デスク)
平成9年(1997年) 2月1日 名古屋/ホノルル線就航(B747
平成9年(1997年) 4月1日 国内線にマイレージ導入
ANAマイレージクラブ(AMC)・サービスセンターがオープン
平成9年(1997年) 6月2日 お客様窓口、全日空カスタマーデスク開設(現 ANAご意見・ご要望デスク)
平成9年(1997年) 6月5日 広島/グアム線就航(B767-300
平成9年(1997年) 7月1日 羽田/女満別線運航開始(B767-300
平成9年(1997年) 7月18日 福岡/仙台線(A320)、那覇/山口宇部線(B767-300)就航
平成9年(1997年) 8月1日 国内線一般席でビールを販売(販売実施路線、東京/那覇・伊丹/那覇・関西/那覇)
平成9年(1997年) 9月1日 ボーイング777-200(トリプルセブン)が国際線(成田/北京)に就航
平成9年(1997年) 9月12日 名古屋/青森線就航(A320
平成9年(1997年) 10月28日 福岡/バンコク線、4年ぶりに運航再開(B767)
平成9年(1997年) 11月1日 羽田/稚内線通年運航開始
平成9年(1997年) 11月1日 札幌/沖縄線就航(B767-200
平成9年(1997年) 11月27日 ルフトハンザ ドイツ航空の旅客業務を受託
平成9年(1997年) 12月1日 創立45周年の記念イベントを開催(新宿タカシマヤにて)
平成9年(1997年) 12月1日 B747のスーパーシートを全席禁煙に(B747-400、B747SR)
平成10年(1998年) 3月29日 ベトナム航空と提携、「東京/香港/ハノイ」接続サービスを開始
平成10年(1998年) 3月29日 ヤンゴン/バンコク/関西線の運航を開始(B767-300
平成10年(1998年) 4月11日 エアバスA321、日本初就航(東京/鳥取線)
平成10年(1998年) 4月21日 ユナイテッド航空及びルフトハンザ航空と、コードシェアリングを始めとする包括的な提携契約を締結
平成10年(1998年) 5月1日 ルフトハンザ ドイツ航空とマイレージサービスで提携
平成10年(1998年) 5月18日 関西/福岡/上海線就航(B767-300
平成10年(1998年) 5月19日 関西/天津線就航(B767-300
平成10年(1998年) 7月1日 関西/大連/瀋陽線就航
平成10年(1998年) 7月2日 成田/青島線就航(B777-200
平成10年(1998年) 7月2日 特別塗装機「ポケモンジェット」就航(B767-300B747-400
平成10年(1998年) 7月10日 ボーイング777-300一番機が特別塗装で東京/広島線に就航
平成10年(1998年) 7月18日 羽田/大館能代就航(A320
伊丹/大館能代就航(A320
札幌/大館能代就航(B737-200)
平成10年(1998年) 7月20日 関西/厦門線就航(B767-300
平成10年(1998年) 10月1日 国内線全面禁煙化を実施
平成10年(1998年) 10月4日 成田/ホノルル線就航
平成10年(1998年) 10月25日 ユナイテッド航空とコードシェアを開始。太平洋線と日米国内区間路線の計20路線を対象
平成10年(1998年) 11月7日 福岡/青島線就航(B767-300
平成10年(1998年) 12月1日 東京/サンフランシスコ線就航(B747-400
平成10年(1998年) 12月1日 伊丹/新潟線開設
平成10年(1998年) 12月3日 スカンジナビア航空と提携
平成10年(1998年) 12月23日 関西/デンパサール線就航(B767-300
平成11年(1999年) 2月15日 ルフトハンザ ドイツ航空とコードシェアを開始
平成11年(1999年) 2月24日 ポケモンジェット、成田/ニューヨーク線に就航(B747-400
平成11年(1999年) 3月8日 中国東方航空とコードシェアを開始
平成11年(1999年) 3月28日 ヴァリグ・ブラジル航空とコードシェアを開始(成田、名古屋/サンパウロ/リデオジャネイロ線)
平成11年(1999年) 3月28日 アンセット航空とコードシェアを開始(関西/シドニー線)
平成11年(1999年) 3月29日 東京/上海線就航
平成11年(1999年) 4月13日 東京/シカゴ線就航(B747-400
平成11年(1999年) 6月15日 B777-200ERを導入(11月より運航開始)
平成11年(1999年) 7月1日 『ANAマイレージクラブ』、ニュージーランド航空、アンセット・オーストラリア航空、ヴァリグ・ブラジル航空と提携
平成11年(1999年) 7月14日 バンコク線就航10周年
平成11年(1999年) 8月10日 スターアライアンス特別塗装機を運航(B767-300型機
平成11年(1999年) 9月1日 『ANAマイレージクラブ』、タイ国際航空と提携
平成11年(1999年) 10月31日 「スターアライアンス」に正式加盟
平成11年(1999年) 12月14日 高知/東京線1000万人達成

2000年から

年表詳細(2000年から)
年(西暦) 月日 沿革
平成12年 (2000年) 2月14日 国際線旅客数、2500万人を達成
平成12年 (2000年) 3月26日 関西/ホノルル線開設(B767-300ER
平成12年 (2000年) 7月1日 羽田/大阪間シャトル便スタート
平成12年 (2000年) 7月24日 B777-300長距離型機の導入を決定
平成12年 (2000年) 11月2日 羽田/グアム線チャーター便就航(B767-300ER
平成12年 (2000年) 12月22日 タイ国際航空とコードシェアを開始
平成12年 (2000年) 12月27日 アシアナ航空とコードシェアを開始
平成13年 (2001年) 1月 株式会社エアージャパン国際線定期便の運航開始
平成13年 (2000年) 1月19日 ヴェトナム航空とコードシェアを開始
平成13年 (2001年) 2月16日 羽田国際チャーター便、運航開始
平成13年 (2001年) 2月21日 特別塗装機「ANAウッディージェット」就航
平成13年 (2001年) 3月25日 名古屋/バンクーバー線でエア・カナダとコードシェアを開始
平成13年 (2001年) 3月27日 成田/ホーチミンシティ線就航
平成13年 (2001年) 4月27日 (株)エアーニッポンネットワーク(現 ANAウイングス(株))設立
平成13年 (2001年) 6月1日 国内線に「フレックストラベラー制度」導入
平成13年 (2001年) 7月1日 羽田/大島便で新型機が就航(DHC8-300
平成13年 (2001年) 9月1日 ブリティッシュ・ミッドランドとコードシェアを開始
平成14年 (2002年) 3月31日 成田/ソウル線を開設(B767-300ER
平成14年 (2002年) 4月18日 地方空港と成田空港を結ぶANA Connection運航を開始
成田/厦門線就航
成田/台北線でエバー航空とコードシェアを開始
平成14年 (2002年) 4月25日 全日空・アシアナ航空、マイレージサービスで提携
平成14年 (2002年) 6月25日 エア・ドゥとの包括提携へ
平成14年 (2002年) 7月1日 (株)エアーニッポンネットワーク(現 ANAウイングス(株))運航開始
平成14年 (2002年) 7月12日 「Vナビ」24時間専用ダイヤル(音声自動応答システム)を開設
平成14年 (2002年) 9月17日 エア・ドゥと「業務委託基本契約」を締結
平成14年 (2002年) 10月25日 2002年度冬ダイヤより B767-300F(貨物専用機)が成田/厦門線に就航
平成15年 (2003年) 2月1日 エア・ドゥとコードシェアを開始
平成15年 (2003年) 3月 ANAグループ航空会社 国内線・国際線累計旅客数、10億人を達成
平成15年 (2003年) 3月30日 ユナイテッド航空と関西/ホノルル線でコードシェア運航
平成15年 (2003年) 4月1日 ANAグループ航空券と旅行商品の総合販売カウンター「ANA SQUARE」を開設
スパンエアーならびにLOTポーランド航空とマイレージ提携を開始
平成15年 (2003年) 6月1日 ヴァージンアトランティック航空とマイレージプログラムで提携開始
平成15年 (2003年) 6月28日 ボーイング737-Next Generation シリーズ計45機を確定発注
平成15年 (2003年) 11月5日 初の深夜貨物便が就航(羽田/新千歳、ボーイング777-300型機)
平成15年 (2003年) 11月 ボンバルディアDHC-8-400型機就航
平成15年 (2003年) 11月30日 羽田/金浦線就航
平成15年 (2003年) 12月5日 USエアウェイズと包括提携契約を締結
平成16年 (2004年) 3月5日 AMC会員1,000万人突破記念キャンペーンを実施
平成16年 (2004年) 3月9日 成田空港に国際線用自動チェックイン機を設置
平成16年 (2004年) 3月28日 成田/瀋陽線、関西/杭州線就航
平成16年 (2004年) 3月28日 エアチャイナとコードシェアを開始
マレーシア航空とコードシェアを開始
平成16年 (2004年) 3月29日 成田/杭州線就航
平成16年 (2004年) 4月1日 ANA、エアーニッポン、エアーニッポンネットワークの国内路線全便を対象に、便名を「ANA」に統一
平成16年 (2004年) 4月26日 ボーイング767-300型機の後継機種として次世代中型機「ボーイング7E7シリーズ(現787)50機の発注を決定。ANAは世界のエアラインで初めての発注会社
平成16年 (2004年) 5月4日 USエアとのマイレージプログラム提携
平成16年 (2004年) 5月24日 新・ポケモンジェット「ピカチュウジャンボ」(ボーイング747-400型機)が国内線に就航
平成16年 (2004年) 6月1日 名古屋―稚内線就航
平成16年 (2004年) 7月10日 成田・関西空港出発の国際線にて携帯電話および2次元バーコードによる国際線搭乗手続きを開始
平成16年 (2004年) 8月1日 シンガポール航空とコードシェアを開始
平成16年 (2004年) 8月20日 エアーネクスト(株)(現 ANAウイングス(株))設立
平成16年 (2004年) 9月1日 上海航空とコードシェアを開始
平成16年 (2004年) 11月 中日本エアラインサービス株式会社(エアーセントラル(株)に商号変更、現 ANAウイングス株式会社)を子会社化
平成16年 (2004年) 11月1日 小松/成田線就航
平成16年 (2004年) 11月15日 成田/上海にB777-300ER型機就航
平成16年 (2004年) 12月1日 羽田空港第2ターミナルビルオープン
国内線スーパーシートプレミアム誕生
平成17年 (2005年) 2月 中部国際空港(セントレア)乗入れ開始
平成17年 (2005年) 2月1日 カタール航空とコードシェアを開始
平成17年 (2005年) 3月27日 エアチャイナと日本/中国間の全便でコードシェア
平成17年 (2005年) 4月25日 成田/広州線就航(ボーイング767型機)
平成17年 (2005年) 5月1日 ANAグループ5社で、客室乗務員と地上スタッフのユニホームを15年ぶりに一新
平成17年 (2005年) 5月16日 中部/上海線就航(ボーイング767型機)
平成17年 (2005年) 6月1日 LOTポーランド航空とコードシェアを開始
平成17年 (2005年) 10月1日 国内線で、チケットの購入と同時にチェックインできる「スマートeチケット」を展開
平成17年 (2005年) 10月23日 上海航空とコードシェア開始
平成17年 (2005年) 12月 ボーイング737-700型機就航
平成17年 (2005年) 12月1日 予約から搭乗までITを利用した「スマートeサービス」を国際線にも拡大
平成18年 (2006年) 1月30日 (株)ANA&JPエクスプレス(現(株)エアージャパン)設立
平成18年 (2006年) 3月1日 国内線において2次元バーコードを取り入れた「スマートeチケット(チケットレス)」化を順次拡大
平成18年 (2006年) 3月3日 国際線就航20周年
平成18年 (2006年) 3月10日 「スーパージャンボ」ボーイング747SRが退役
平成18年 (2006年) 4月1日 スカイネットアジア航空とコードシェアを開始
スイスインターナショナルエアラインズとのマイレージプログラム提携を開始
アシアナ航空と相互の貨物便においてコードシェアを開始
平成18年 (2006年) 4月25日 上海/西安線で上海航空とコードシェアを開始
平成18年 (2006年) 6月2日 ANAおよびスターアライアンス各社が成田空港第1ターミナル南ウイングに集結し、大規模出発ラウンジの共有など新しい国際線サービスを開始
平成18年 (2006年) 6月2日 スイス インターナショナル エアラインズとコードシェアを開始
平成18年 (2006年) 9月1日 国内線でICカードや2次元バーコードを利用したチェックイン不要の新搭乗サービス「スキップサービス」を開始
平成18年 (2006年) 10月29日 成田/シカゴ線就航
平成19年 (2007年) 2月15日 羽田空港第2旅客ターミナルに「南ピア」オープン
平成19年 (2007年) 3月25日 中部/広州線就航(B737-700 ANA Business Jet)
平成19年 (2007年) 4月22日 南アフリカ航空とコードシェアを開始
平成19年 (2007年) 5月30日 アシアナ航空との戦略的提携に合意
平成19年 (2007年) 6月 ANAが所有する全日空ホテルの不動産全てを売却
平成19年 (2007年) 6月1日 スターフライヤーと国内線コードシェアを開始
平成19年 (2007年) 7月25日 日中国交正常化35周年と中国線就航20周年を記念した特別塗装機「FLY!パンダ」(ボーイング767型機)が成田/北京線で運航開始
平成19年 (2007年) 9月1日 スカイネットアジア航空(羽田/鹿児島)とコードシェアを開始
平成19年 (2007年) 9月1日 成田/ムンバイ線就航(ANA Business Jet)
平成19年 (2007年) 9月29日 羽田/上海(虹橋)線就航
平成19年 (2007年) 12月16日 TAPポルトガル航空とコードシェアを開始
平成20年 (2008年) 1月8日 国内線時刻表リニューアル
平成20年 (2008年) 2月29日 エアバスA321が退役
平成20年 (2008年) 4月1日 トルコ航空とコードシェアを開始
ANA CARGO ロゴデザインをリニューアル
平成20年 (2008年) 4月1日 羽田/香港線就航
平成20年 (2008年) 4月1日 国内線プレミアムクラス導入
平成20年 (2008年) 4月26日 羽田/三宅島線再開
平成20年 (2008年) 5月21日 ジェットエアウェイズとコードシェアを開始
平成20年 (2008年) 6月 ボーイング737-800型機導入
平成20年 (2008年) 6月16日 世界で初めて貨物専用機767-300BCFを受領。自社所有旅客機(B767-300)を改造した機体
平成20年 (2008年) 11月1日 スターフライヤーと羽田/関西線でコードシェアを開始
平成20年 (2008年) 11月11日 環境省よりエコ・ファースト企業に認定
平成21年 (2009年) 5月1日 関西/ソウル(金浦)線開設
平成21年 (2009年) 5月18日 成田/台北線にサービス補助員を導入。現地公用語によるお客様へのご案内、通訳、機内アナウンスなどのサービスを実施
平成21年 (2009年) 5月20日 深圳航空とコードシェアを開始
平成21年 (2009年) 6月4日 富士山静岡空港開港 静岡/札幌線、沖縄線を開設
平成21年 (2009年) 8月3日 ヴァージン アトランティック航空とコードシェアを開始
平成21年 (2009年) 9月10日 羽田発の主要幹線でANAカーボン・オフセットプログラムを開始。10月1日から国内線全便に導入
平成21年 (2009年) 9月16日 USエアウェイズとコードシェアを開始
平成21年 (2009年) 10月25日 羽田/北京線就航、関西/大連線再開
平成21年 (2009年) 10月26日 「沖縄貨物基地」から、日本を含むアジア域内主要8都市を深夜便フレイターでスピーディに結ぶ、沖縄貨物ハブに新・航空ネットワーク開始
平成21年 (2009年) 11月1日 オリエンタルエアブリッジとコードシェアを開始
平成21年 (2009年) 12月1日 国内線・国際線に新たな有料サービス「ANA My Choice」の提供を開始
特別塗装機「ANAモヒカンジェット」が20年振りに復活

2010年から

年(西暦) 月日 沿革
平成22年(2010年) 3月1日 エティハド航空とコードシェアを開始
平成22年(2010年) 3月28日 コンチネンタル航空とコードシェアを開始
平成22年(2010年) 4月19日 新ブランド"Inspiration of Japan"が、成田/ニューヨーク線に就航の新造機 ボーイング 777-300ER機を皮切りに運航開始
平成22年(2010年) 7月1日 成田/ミュンヘン線就航
平成22年(2010年) 7月1日 国際線の新しい搭乗スタイル「CLICK check‐in」スタート
平成22年(2010年) 7月1日 (株)エアージャパンと(株)ANA&JPエクスプレスが、エアージャパンを存続会社とし吸収合併
平成22年(2010年) 7月1日 マカオ航空とコードシェアを開始
平成22年(2010年) 10月1日 (株)エアーニッポンネットワーク、エアーネクスト(株)およびエアーセントラル(株)が、(株)エアーニッポンネットワークを存続会社とし吸収合併。また合併と同時に、社名を「ANAウイングス(株)」に変更
平成22年(2010年) 10月15日 TAMブラジル航空とコードシェアを開始
平成22年(2010年) 10月31日 羽田発着の国際線が9路線に拡大
羽田/ロサンゼルス、ホノルル、台北(松山)、シンガポール、バンコク線に就航
平成22年(2010年) 11月19日 特別塗装機「エコボン(DHC8-Q400)」(若葉をイメージさせるANAグループ初エコペイント機)就航
平成22年(2010年) 12月20日 エジプト航空とコードシェアを開始
平成23年(2011年) 1月7日 成田/ジャカルタ線就航(B767-300ER
平成23年(2011年) 2月10日 LCC新会社 A&F・Aviation(株)(現 Peach Aviation(株))設立
平成23年(2011年) 2月25日 国際貨物の24時間対応web予約を本格スタート
平成23年(2011年) 2月27日 成田/マニラ線就航(B767-300ER
平成23年(2011年) 3月3日 国際線定期便就航25周年
平成23年(2011年) 4月1日 ユナイテッド航空との共同事業開始
平成23年(2011年) 5月23日 スカンジナビア航空とコードシェアを開始
平成23年(2011年) 6月19日 成田/成都線就航
平成23年(2011年) 8月31日 エアアジア・ジャパン(株)設立
平成23年(2011年) 10月26日 B787を世界に先駆け導入、初の営業飛行となる成田ー香港線チャーター便運航(NH7871便)
平成23年(2011年) 10月30日 名古屋(中部)/香港線就航(737-700
平成23年(2011年) 11月1日 B787-8国内線定期便就航開始(東京/岡山・広島)
平成24年(2012年) 1月14日 B787-8国際線定期便就航開始(羽田ー北京線)
平成24年(2012年) 1月19日 ハワイアン航空とコードシェアを開始
平成24年(2012年) 1月21日 羽田ーフランクフルト線就航(B787-8世界初の国際線長距離路線運航)
平成24年(2012年) 3月25日 新潟/成田線就航、福岡/宮崎線再開
平成24年(2012年) 3月25日 ニュージーランド航空とのコードシェア開始
平成24年(2012年) 4月1日 エアーニッポン(株)を吸収合併
平成24年(2012年) 4月1日 ルフトハンザ航空との共同事業開始
平成24年(2012年) 6月1日 福島/伊丹線就航
平成24年(2012年) 6月28日 山東航空とコードシェアを開始
平成24年(2012年) 7月25日 成田/シアトル線就航
平成24年(2012年) 10月15日 成田/ヤンゴン線就航
平成24年(2012年) 10月28日 成田/デリー線就航
平成24年(2012年) 12月13日 羽田/岩国線就航
平成25年(2013年) 1月11日 成田/サンノゼ線就航
平成25年(2013年) 4月 持株会社制を導入しANAホールディングス株式会社としてスタート
平成25年(2013年) 4月1日 ルフトハンザ航空との共同事業にスイス航空、オーストリア航空が参加
平成25年(2013年) 11月1日 バニラ・エア株式会社に商号を変更
平成26年(2014年) 3月30日 羽田/ロンドン線就航
羽田/パリ線就航
羽田/ミュンヘン線就航
羽田/ハノイ線就航
羽田/ジャカルタ線就航
羽田/マニラ線就航
羽田/バンクーバー線就航
成田/デュッセルドルフ線就航
平成26年(2014年) 3月30日 ガルーダインドネシア航空とのコードシェア開始
平成26年(2014年) 7月1日 エアードロミティとのコードシェア開始
平成26年(2014年) 8月7日 B787-9が世界初の定期運航便として羽田ー福岡線で運航開始
平成26年(2014年) 10月26日 エチオピア航空とのコードシェア開始
平成26年(2014年) 10月28日 フィリピン航空とのコードシェア開始
平成27年(2015年) 6月12日 成田/ヒューストン線就航
平成27年(2015年) 9月1日 成田/クアラルンプール線就航
平成27年(2015年) 10月25日 成田/ブリュッセル線就航
羽田/広州線就航
平成27年(2015年) 10月25日 アビアンカ航空とのコードシェア開始
ブリュッセル航空とのコードシェア開始
平成27年(2015年) 12月11日 羽田/シドニー線就航
平成28年(2016年) 4月28日 成田/武漢線就航
平成28年(2016年) 9月1日 成田/プノンペン線就航
平成28年(2016年) 10月30日 羽田/ニューヨーク線就航
羽田/シカゴ線就航
羽田/クアラルンプール線就航
平成29年(2017年) 2月15日 成田/メキシコシティ線就航
平成30年(2018年) 3月25日 吉祥航空とのコードシェア開始
平成30年(2018年) 10月28日 アリタリア航空とのコードシェア開始
平成31年(2019年) 2月17日 羽田/ウィーン線就航
平成31年(2019年) 4月26日 B787-10が成田/シンガポール線で運航開始
令和元年(2019年) 5月24日 A380が成田/ホノルル線で運航開始
令和元年(2019年) 9月1日 成田/パース線就航
令和元年(2019年) 10月27日 成田/チェンナイ線就航
令和2年(2020年) 1月30日 ヴァージン・オーストラリアとコードシェア開始
ページトップへ