会社沿革(客室乗務員制服の変遷)

客室乗務員制服の変遷

1955~1958

昭和30.11.15~昭和33.8.31

DC-3と

ANAの前身、日本ヘリコプター輸送(日ペリ)がDC-3を就航させるのにともない、初めてキャビンアテンダントを採用しました。
6名の募集に対して1,000名の応募者が試験場に集まり、整理のために警察官まで出て話題になりました。

米空軍の婦人服をモデルにデザインされた紺色のツーピースで、夏はジャケットを脱いで開襟シャツ姿でサービスしていました。

DC-3と

1958~1966

昭和33.9.1~昭和41.2.28

'58制服

社員によるデザイン

シンプルなノーカラーの紺のツーピースと、開襟シャツの組み合わせです。
夏はジャケットを脱ぎシャツ姿でサービスしていました。

ビッカース・バイカウント744

1966~1970

昭和41.3.1~昭和45.2.28

'66制服

デザイナー 中村 乃武夫氏

今までの制服から、がらりとイメージチェンジした明るいブルーのツーピースです。
夏服は、半袖のジャケットでした。
この制服は、昭和41年9月に厚生大臣賞を受賞いたしました。

1966年。B737と

当時の客室乗務員の思い出

昭和41年3月にトルコブルーの制服へ一新しました。
ハイヒールと機内シューズの2種類を使い分けたのも、この制服まででした。

吉永小百合さん世代の方々は憶えていらっしゃるでしょうが、日活映画(題名は忘れてしまいましたが…)の中で、スチュワーデス役の吉永小百合さんや松原智恵子さんが着ていたのがこの制服です。橋幸夫さん、吉永小百合さんの歌った「夢の~♪ジェット機♪セブンツーセブン~♪」も懐かしいですね、ご同輩!
羽田でのロケもあったらしく、この時の写真をたくさん見せてもらいました。女優さんの着こなしを見て、同期の中で制服談議に花を咲かせたものです。

そんな40人が業務初日には、先の制服談議も吹き飛ぶほどの不安と緊張を抱えて、飛行機に乗り込みました。
当時いろんな苦労をしたはずなのに、私たちにとってトルコブルーは、初心の緊張の色であるとともに、最高の青春の色でもあります。

このトルコブルーはその後、機体のカラーにも使われ、ANAのイメージカラーとして定着しました。

1970~1974

昭和45.3.1~昭和49.3.9

'70制服

デザイナー 芦田 淳氏

1970年の大阪万博に合わせてイメージチェンジしました。
当時大流行していたAラインのミニは、40年が過ぎた今見ても新鮮です。
夏服はさわやかな青と白、冬服は黄色と茶色のコントラストが鮮やかなワンピースでした。

1970年

当時の客室乗務員の思い出

昭和45年、世界万国博覧会が大阪で開催されると、日本中が華やぎました。航空機も本格的にジェット化し、橋幸夫さん、吉永小百合さんが歌う「そこは青い空だった」が至る所で聞かれ、ますます日本は華やいだ空気に満たされていきました。

当時、パイロット達は競って早飛行時間にトライしたものです。満席続きの東京-大阪間では、26分という飛行時間を記録しました。
そんな時代に私たちの制服は、芦田淳氏デザインの、滑走路をイメージしたワンピーススタイルとなりました。航空機のスピードアップ化にマッチした斬新な彩りの制服です。

1974~1979

昭和49.3.10~昭和54.1.24

'74制服

デザイナー 伊藤達也氏

ロッキードL-1011(トライスター)の導入と同時に新しくした制服で、「トライスタールック」と呼ばれていました。
ブルー、ベージュ、オレンジの3色のバリエーションと、パンタロンの採用が話題になりました。

1974年。トライスターと

当時の客室乗務員の思い出

この制服は、トライスタールックと名付けられ、オレンジ、ブルー、ベージュの3色にパンツとスカートの組み合わせができ、お客様にはなかなかの評判でした。
でも、ブラウスにはループにかける小さなボタンが10個、ジャケットにはオーバーベルト、靴は編み上げの紐付きパンプスと、着替えるのにかなり時間がかかり、客室乗務員泣かせの制服でした!

1979~1982

昭和54.1.25~昭和57.11.30

'79制服

デザイナー 三宅一生氏

ボーイング747SR(スーパージャンボ)が就航するのにあわせて、一新しました。
「制服」らしからぬカジュアルなデザインと色使いが斬新でした。

モヒカンペイントのスーパージャンボと

当時の客室乗務員の思い出

ブルーとオレンジのオーバーブラウス、ボックスプリーツのスカート、コンパクトな帽子。昭和54年1月25日、ボーイング747スーパージャンボの就航に合わせ、トライスタールックから三宅一生氏デザインの制服に変わりました。

スーパージャンボは、今では一般的になってしまいましたが、階段の付いた2階建ての飛行機です。安心して上り下りできるL字型の階段、大きな物入れ、4つのエンジンなど、528名の大勢のお客様を一度に輸送できる大型機ということで話題をふりまいていました。

新しい制服は、親しみやすいイメージで機能性を重視した、働きやすいものになり、ANAをさらに多くのお客様に知っていただくことができました。
制服は、時代の流れにそって変わっていくものの、私たちのANAのサービスの基本“親しみやすさ”は、いつの時代も変わることはありません。

1982~1990

昭和57.12.1~平成2.11.1

'82制服

デザイナー 芦田 淳氏

創立30周年記念日に一新しました。
前のユニフォームとは一転して、かっちりしたデザインのダブルのスーツです。
写真右側の赤いスーツは、空港係員の制服です。

新塗装のトライスターと

当時の客室乗務員の思い出

客室乗務員全員による投票で、この制服の原型は決まりました。
もとはワンピースだったのですが、手を伸ばしてストウェッジを閉めると、おなかが覗いてしまうオーバーブラウスに変わってしまったのはなぜでしょう?
涼しくて良いとはいうものの、毎回手を上げる度におなかがチラリ、は悩みの種でした。

スカーフは色と結び方を、エプロンはシャープなすっきりラインと可愛らしいぶりっ子(当時の流行語)スタイルの2種類を、その日の気分で選ぶことができたためか、制服についてお客様からのご質問も多く、これをきっかけに会話が弾んだものです。

1990~2005

平成2.11.1~平成17.4.30

'90制服

デザイナー 芦田 淳氏

マニッシュなイメージの、ストライプのスーツ。
ブラウスやスカーフは、バイオレット、アクアマリン、コーラルピンクの3色の中から、各自が自由に選べました。
1998年10月から、制帽がなくなりました。

1990年

当時の客室乗務員の思い出

最新鋭機ボーイング747-400の就航を記念して1990年11月、この制服が誕生しました。
今までの「女らしい」イメージから「シャープ」なイメージに変わり、お客様からも「キリっとしている」「かっこいい」などと好評なご意見をいただきました。 大胆な色使いのブラウスやコートは、着用する私たち客室乗務員はもちろん、お客様にも斬新な印象を与えたようです。
ブラウスは好きな色を選んで着用できるのですが、クルーのなかで、たまたま一人だけ色が違うと、お客様から「君が一番偉いの?」などと質問を受けることもしばしば。当時まだ新人の私にとっては“一人前”と認められたようで嬉しいような、でもちょっと悲しいような…複雑な気持ちだったことを思い出します。

2005~2015

平成17.5.1~平成27.1.31

'05制服

デザイナー 田山淳朗氏

2005年5月、ANAグループで統一されたブランドを効果的にアピールするとともに、グループの一体感を高めることを目的として新しいユニフォームが導入されました。ユニフォームの策定に当たってはANAの経営理念である「安心」と「信頼」を基本に、ANAの創立50周年と羽田第2旅客ターミナルへの移転を機に、「変革」と「新しさ」をお客様に感じていただくことをコンセプトとしています。

選定にあたっては、お客様との双方向コミュニケーションを具現化するため、客室乗務員のユニフォーム案を3タイプ作成し、2004年6月1日~6月30日の期間、お客様のご意見をいただき、新ユニフォーム選定の参考といたしました。

2005年

当時の客室乗務員の思い出

この制服は、ANAグループの客室乗務員が統一したデザインのものを着用することになった記念の制服です。初めのうちの袖を通すことの嬉しさが、今では制服を着て口紅をつけると身が引き締まり、ANAグループのCAの一員であるという責任感が自分の中から芽生えてくるようになったのを感じます。
制服はその会社のイメージそのものであると思います。このANAグループの制服を着ている私達は、今まで以上に清潔感のある身だしなみと親しみやすい笑顔で「あんしん、あったか、あかるく元気!」なサービスをお客様に感じていただけるように、日々努力していきます。

新制服 2015

ANAの歴史を彩ってきた客室乗務員の制服が、2015年2月1日から新デザインでデビュー。
10年ぶり、10代目となる新制服をご紹介します。

'15客室乗務員(CA)制服

デザイナー プラバル・グルン氏(Prabal Gurung)

創立60周年(2012年)かつ持株会社制導入(2013年)を踏まえて「フルサービスキャリアとして更に進化するANA」を目指し新たな制服を導入しました。

新制服に込めたANAブランドコンセプト

  • 挑戦 Challenge
  • 安心 Confidence
  • おもてなし Hospitality
'15客室乗務員(CA)制服

社内会議やお客様アンケートを基に客室乗務員・地上旅客スタッフ・ラウンジスタッフの制服のコンセプトを決め、お客様が各シーンを通してANAブランドを感じて頂けるよう想定しました。客室乗務員は、「優雅かつブランドを体現し、世界一のリーディングエアライングループとしての機内サービス品質の高さを感じていただく」ことをコンセプトにデザインしています。
デザインを行ったのは、初の外国人デザイナー プラバル・グルン氏です。ジャケット・スカートの背面にANAのコーポレートカラーを活用した“ブルーライン”を取り入れており、海外においても一目見ただけでANAと認知して頂けるデザインとなっています。