運航における取り組み

 2016年のICAO総会で、2021年以降はCO2排出量の増加を伴わない国際航空の成長スキーム「CORSIA(Carbon Offsetting and Reduction Scheme for International Aviation)」が採択されました。排出抑制には航空機に関わる技術革新、オペレーション上の改善、バイオジェット燃料の使用、排出クレジットの活用などが必要であり、ANAグループでは、このスキームに対応するための準備を開始しました。
 国際線事業の拡大を受け、「燃料節減プロジェクト」では、省燃費機材の導入や運航方式の工夫、エンジン洗浄による燃費向上、進捗の“ 見える化”による機運醸成などの施策を実施しました。その結果、2016年度末までに42,000klの燃料消費量を削減するとした当初の目標を達成しました。

効率的な燃料の使用にむけて

 航空機に装備されているエンジンは、コンプレッサー(エンジン内部の圧縮器)部分に大気中の微細な塵が付着した汚れにより、エンジンの燃費性能が低下します。エンジン内部の圧縮器部分の塵を定期的に水洗除去し、付着した塵を洗い流すことでエンジン性能を回復させ、燃費改善・CO2削減を実現させています。
 また、エンジンの汚れ具合も就航路線(国内線、国際線等)により一定ではありません。作業方法を改善したり、排気温度からエンジンの汚れ具合をモニターし追加の洗浄をするなど、洗浄効果を高めるための工夫を実施しています。
 洗浄作業は国内空港の夜間駐機時間を活用し、計画的な実施を推進しています。エンジンの種類ごとに洗浄作業の実施間隔を最適化できる実施計画を策定し、空港ごとの実施目標台数を定め、継続的な燃料節減に取り組んでいます。

CORSIAの排出量抑制に向けた手法

排出クレジットの購入

 ICAO(国際民間航空機関)では,2016年に国際航空の分野で市場メカニズムを活用したCO2排出量抑制制度を導入することで合意に至りました。(CORSIA = Carbon Offsetting and Reduction Scheme for International Aviation)具体的には、2021年以降の国際航空分野におけるCO2排出量は2019年と2020年の平均値をキャップとするものです。2026年までは国毎の自主参加で、日本は参画を表明しており、ANAグループも更なるCO2排出量の抑制に取り組んで参ります。
 ICAOでは、CO2排出量の抑制のための方策として、航空機の技術革新、オペレーション上の改善、バイオジェット燃料の使用、市場メカニズムの活用の4つを挙げています。このうち、市場メカニズムについては、今後見込まれる航空需要の成長への対応と、CO2排出量抑制というICAOでの合意を同時に達成するために今後活用が拡大されていくことになります。具体的には、国際航空以外のセクターで法規制を含めたCO2排出量の削減・抑制目標を超えてCO2排出量を削減した場合に、その削減分を購入するものです。市場メカニズムの活用により、あるセクターでCO2排出を1トン減らすのに必要な費用が、航空セクターでCO2排出量を同じ1トン減らす費用よりも少なくて済む場合には、地球環境全体にとっては、航空という限られた分野のみでCO2抑制を考えるよりも、効率的にCO2排出量の抑制を実現できることとなります。ANAグループでは、この市場メカニズムも活用して効率的なCO2排出量の抑制を実施して参ります。

バイオジェット燃料の使用に向けた取組み

 バイオジェット燃料の使用について、世界各国で研究・開発や導入に向けた準備が進められています。日本においても、「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けたバイオジェット燃料導入までの道筋検討委員会」が設立され、ANAグループは、経済産業省、国土交通省、定期航空協会、石油連盟、NEDO※、空港内給油事業者とともに、課題の解決に取り組んでいます。また、ユーグレナ(微細藻類)などの原料から精製されるバイオジェット燃料の開発、実用化を支援しています。
※ 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

ANAカーボン・オフセットプログラム

 ANAグループでは、環境保護、地球温暖化の防止に関心の高いお客さまからの声にお応えして、ご搭乗いただく航空機が排出するCO2相当量をオフセット(=埋め合わせ)できる選択枝として「ANAカーボン・オフセットプログラム」を提供しています。
支援対象として、一番厳しい認証基準(J-VER、ゴールド・スタンダードCDM/VER)による地球温暖化防止プロジェクトを選定しています。

ANAカーボンオフセットプログラム

 お客様ご自身の排出量を路線ごとに算出し、クレジットカード決済で、過去にさかのぼってのオフセットや、今後の予定にあわせて事前にオフセットなど、気付いた時にいつでも気軽にご参加いただけます。

ANAカーボン・オフセットプログラムへはこちらからご参加ください。

ANAカーボン・オフセットプログラムに参加する