2016年のICAO(国際民間航空機関)総会で、2021年以降はCO2排出量の増加を伴わない国際航空の成長スキーム「CORSIA(Carbon Offsetting and Reduction Scheme for International Aviation)」が採択されました。
ANAグループでは、航空機からのCO2排出量を抑制するため、航空機に関わる技術革新、オペレーション上の改善、バイオジェット燃料の使用、排出クレジットの活用などの取り組みを推進しています。

環境をめぐる世界情勢

ICAOの動き

ICAOは国際航空にて2021年~2050年まで年平均2%の燃費効率を改善するグローバルな目標を達成するため、2010年の総会で2020年以降は温室効果ガス(CO2)の排出量を増加させない「CNG2020」を採択しました。

グローバルなCO2削減目標

  • 燃料効率を毎年2%改善
  • 2020年以降総排出量を増加させない(CNG2020:Carbon Neutral Growth 2020)

ICAOが提唱する目標達成の4つの手段(Basket of Measures)

  1. 新技術の導入(新型機材等)
  2. 運航方式の改善
  3. 代替航空燃料(SAF: Sustainable Aviation Fuel)の活用
  4. 市場メカニズムの活用(CO2排出クレジットの購入)

CORSIAの導入

2016年ICAO総会で、2021年以降はCO2排出量の増加を伴わない国際航空の成長スキーム「CORSIA(Carbon Offsetting and Reduction Scheme for International Aviation)」を採択。

IATAの動き

IATAはICAOの取り組みに対応し、下記の3つの具体的な行動計画を策定しました。

  1. 2020年カーボン負荷ゼロの成長
  2. 2009年から2020年まで、燃費効率、年1.5%の向上
  3. 2050年までに2005年CO2排出量対比50%
IATA ビジョン(概念図)

ANAグループの航空機からのCO2排出量の抑制に関わる中長期目標と実績

ANAグループは環境リーディングエアライングループを目指し、CO2排出の抑制に向けた取り組みを継続しています。

目標

  • 2020年度までに2005年度比で、RTK(有償トンキロ)当たりのCO2排出量を20%削減 (年率平均1.5%の改善)
  • 全体の単位あたりCO2排出量を年率平均1.5%の削減

具体的な取り組み

省燃費機材・エンジンの導入

ANAグループでは、航空機からのCO2 排出量を抑制するため、航空機の運送にかかわる改善に取り組んでいます。2018年度末時点で、グループの保有機材の75.9%がボーイングB787型機やエアバスA320/A321neo型機を中心とした燃料効率のよい低燃費機材を導入しています。
また、改良型の新型エンジンを装備した最新鋭機も積極的に導入しており、ANAグループが保有する航空機のエンジンは、すべてICAO条約第16付属書の排出基準をクリアしています。

エンジンからの排出ガス量(2018年度)
航空機からの排出ガス量 ANAグループ(万トン) ANAグループ前期比(%)
NOx(窒素酸化物) 0.72 ±0%
HC(炭化水素) 0.04 -20%
CO(一酸化炭素) 0.42 -4.5%

オペレーション上の改善

CO2排出量の抑制に向けてオペレーション部門での改善に取り組んでいます。

エンジンの水洗い・試運転

ANA グループでは、専用の車両を独自開発し、エンジンコンプレッサー(圧縮器)部分の洗浄を行っています。エンジンは使用するにつれて、コンプレッサー部分に微小なほこりが付着し、燃費が悪くなるため、定期的な洗浄でエンジン性能を回復させています。
また、試運転作業の見直しや効率化を行い、試運転で使用する燃料年間1%削減することができました。

ICAO離着陸サイクル

着陸時の高度3,000フィートから、離陸上昇時の高度3,000フィートまでを離着陸サイクルとして、エンジンをこの条件で運転し、各排出量を計測するものです。 エンジンテスト条件は下表の出力状態および作動時間が条件となっています。

ICAO離着陸サイクル
出力状態 定格出力(%) 作動時間(分)
離陸 100 0.7
上昇 85 2.2
下降 30 4.0
地上滑走 7 26.0

SAF(Sustainable Aviation Fuel)の使用に向けた取り組み

SAFの使用について、世界各国で研究・開発や導入に向けた準備が進められています。日本においても、「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けたSAF導入までの道筋検討委員会」が設立され、ANAグループは、経済産業省、国土交通省、定期航空協会、石油連盟、NEDO*1、空港内給油事業者とともに、課題の解決に取り組んでいます。また、ユーグレナ(微細藻類)などの原料から精製されるSAFの開発、実用化を支援しています。

  1. *1.国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

CORSIAの排出量抑制に向けた手法(排出クレジットの購入)

CO2排出クレジットの購入は、今後見込まれる航空需要の成長への対応と、CO2排出量の抑制というICAOでの合意を同時に達成するために今後活用の拡大が見込まれます。
具体的には、2020年以降はCO2排出量を増加させることができないため、国際航空以外の業態で増加したCO2排出量を購入するものです。航空という限られた分野のみでCO2排出量の抑制を考えるよりも、地球環境全体で効率的にCO2排出量の抑制を実現できると考えています。ANAグループでは、この市場メカニズムも活用して効率的なCO2排出量の抑制を実施していきます。

実績

2018年度国内線CO2総量実績
2018年度 内際CO2原単位実績

ANAカーボン・オフセットプログラム

ANAグループでは、環境保護、地球温暖化の防止に関心の高いお客さまからの声にお応えして、ご搭乗いただく航空機が排出するCO2相当量をオフセット(埋め合わせ)できる選択枝として「ANAカーボン・オフセットプログラム」を提供しています。
支援対象として、一番厳しい認証基準(J-VER、ゴールド・スタンダードCDM/VER)による地球温暖化防止プロジェクトを選定しています。

ANAカーボンオフセットプログラム

お客様ご自身の排出量を路線ごとに算出し、クレジットカード決済で、過去にさかのぼってのオフセットや、今後の予定にあわせて事前にオフセットなど、気付いた時にいつでも気軽にご参加いただけます。

ANAカーボン・オフセットプログラムへはこちらからご参加ください。

ページトップへ