ANA

Inspiration of JAPAN

ANA便で自転車をお預けになるお客様へ

 平素よりANAをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 2014年1月18・19日の「美ら島オキナワCentury Run2014」の開催に伴い、往路1月17・18日、ならびに復路1月19・20日は参加選手の移動が集中し、多数の自転車をお預かりするため空港カウンターの混雑が予想されます。
 飛行機に自転車をお預けになるお客様は、以下の内容を事前にご確認ください。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

(1)自転車を預ける場所、時間について
自転車ならびにその他お手荷物は、搭乗日当日、手荷物カウンターの混雑も予想されますので、出発時刻の1時間前までに「ANA手荷物カウンター」にてお預けください。
※ 特に復路、沖縄那覇空港からの出発便においては混雑が予想されますため、お早めに空港へお越しください。

(2)手荷物の超過料金について
自転車ならびにその他のお手荷物は、お一人様20kgまで(プレミアムクラスご利用の場合は40kgまで)無料でお預かりいたします。上記の無料手荷物許容量を超えたお手荷物は、超過手荷物料金の支払いが必要です。手荷物のルールに関する詳細は、こちらをご確認ください。

(3)同意書について
自転車は、「同意書」にご署名をいただいたうえでお預かりいたします。事前に同意書をご用意いただくとスムーズにお手続きができます。同意書の内容をご確認いただき、「*お客様記入欄」・「ご署名欄」をご記入のうえ、搭乗日当日出発地空港の手荷物カウンター係員にご提出ください(同意書記入例はこちら)。
※ 復路便で自転車をお預けになる場合は、同意書を2枚(往路・復路用)ご用意ください。

(4)自転車の梱包について
お預かりした自転車は、細心の注意を払ってお取り扱いいたしますが、輸送中は揺れや振動等がございますので、損傷防止のためハードケースに梱包または十分な緩衝材を用いて梱包したうえでお預けください。

(5)航空輸送禁止品について
①機内へお持ち込みいただけないものについて
自転車の修理用工具などは機内持込制限品に該当する可能性がありますので、あらかじめ手荷物としてお預けください。
②航空輸送禁止品について
危険物の航空機へのお持ち込み、お預かりは危険物法令・規則により禁止されています。
以下の物品は、機内へのお持ち込み、お預かりができませんのでご注意ください。

■ パンク修理用接着剤(液体式)
■ スポーツ用 酸素缶(酸素ボンベ)

危険物の詳細については、こちらをご確認ください。

(6)自転車の引渡しについて
参加選手の移動が集中して自転車を多数お預かりした場合は、到着地空港での引渡しに時間がかかりますのであらかじめご了承ください。

(7)その他
航空機は貨物室の容量に限りがございます。参加選手の移動が集中した場合や航空機の大きさ等により貨物室の容量を超えた場合はご搭乗便に搭載することができないため、別便での輸送となりますのであらかじめご了承ください。

2014年1月7日
全日本空輸株式会社

ページトップへ戻る