ANAグループ購買方針

ANAグループ購買方針の構成

ANAグループ購買方針は、下記の「基本方針」「購買取引の原則」「サプライヤマネジメント方針」で構成されています。

1.基本方針

  1. 購買取引においては、優れたサービスおよび財を経済合理性に基づいて公正に選択し、購入します。
  2. 購買取引は、国内外に開放され、公平かつ透明とし、理解しやすい簡素な手続きによって行い、取引先との間では相互信頼、相互補完関係を築くように努めます。
  3. 購買取引においては、ANA グループのCSRの基本的な考え方、企業倫理に則り、関係法令を遵守し、資源保護、環境保全に配慮し、人権保護に務めるとともに、取引先に対してもANA グループの取り組みに理解を求めます。

2.購買取引の原則

  1. 経済合理性に基づく公正な取引
    購買取引の決定基準
  2. 最適コストの徹底追求
    自由競争原理を尊重、競合見積の取得
  3. オープン
    公平な機会提供、新規取引先の参入機会の確保
  4. 透明性
    取引に必要な情報の公平な公開、選定しなかった場合の理由の開示
  5. 遵法
    関連するすべての法律の遵守、文書による契約
  6. 倫理的取引
    互恵取引の禁止、特定入札者の恣意的な優遇の禁止、個人的利得授受の禁止、社会的常識範囲外の接待・贈呈の禁止
  7. 環境
    環境保全を取引の前提条件とする、取引先の実態確認
  8. 人権
    強制労働、児童労働の禁止、安全衛生の確保、取引先の実態確認
  9. 守秘
    業務上知りえた情報の機密保持

3.サプライヤマネジメント方針

取引先選定基準

公正公平な取引先選定に向け、多面的な評価基準軸を採用しています。

  1. 要求を満たす品質の確保(Quality)
  2. 競争力のある価格対応力(Cost)
  3. 指定納期の遵守(Delivery)
  4. IT活用等の変化対応力(Flexibility)
  5. 相互信頼関係(Position)
  6. 技術・開発力・提案力(Development)
  7. 安定した経営基盤(Management)
  8. 環境への配慮(Environment)
  9. 重要情報の機密保持(Security)

CSRガイドライン

取引先の皆様に最低限遵守いただきたい項目と、自主的な取り組みが望まれる項目を網羅するCSRガイドラインを策定し、取り組みをお願いしています。

全般
(社内推進体制)

CSRに対する自主的な取り組み

  1. 自社のCSR基準の策定
人権・労働条件

人権・労働に関する国際的規範の尊重と遵守

  1. 児童労働の禁止
  2. 強制的な労働の禁止
  3. その他、人権や労働に関する法令・社会規範の遵守
安全衛生

職場の安全・衛生への配慮

  1. 労働安全衛生に関する法令の遵守
環境

環境負荷軽減への取り組み

  1. 環境マネジメント・システム(EMS)の構築・運用
  2. 現地法令等による有害化学物質の管理
  3. 温室効果ガスの排出削減の取り組み
  4. 廃棄物の適正な処理と削減・リサイクル推進
  5. 環境負荷の低い資材の優先購入
  6. その他、環境に関する法令の遵守と必要な行政への許認可手続き
公正取引・倫理

社会規範を遵守した公正な事業活動

  1. 不正競争禁止に関する法令の遵守
  2. 行政、顧客等との関係における不適切な利益供与・受領の禁止
  3. 知的財産の尊重
  4. 反社会的勢力の排除
品質・安全性

製品の品質・安全性の保証

  1. 法令で定める安全基準、表示基準の遵守
  2. 品質管理体制の確立
  3. 消費者・顧客からの問い合わせ等に対する確実な対応
情報セキュリティ

個人情報・機密保持の適切な管理・保護

  1. 個人情報・機密情報の漏洩・紛失・改ざん等防止
  2. コンピュータ・ネットワーク脅威に対する防御