• 文化
  • 愛媛

松山城

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

松山市の中心部、標高132mの勝山に築かれた松山城は、ロープウェイ・リフトで簡単に天守へ行くことができ、夜にはライトアップされた城郭を見ることができます。

松山城天守閣

松山市の中心部、標高132mの勝山に築かれた松山城。山頂に本丸、裾野には史跡庭園となっている二之丸と、堀之内公園として親しまれている三之丸が広がります。関ヶ原の戦いで活躍した加藤嘉明が初代藩主となり、慶長7年(1602)から四半世紀もの歳月をかけて築城、「現存十二天守」の一つで、城内には21棟の重要文化財があります。

安政元(1602)年に再建落成した天守は、三重三階地下一階の層塔型天守という様式で、江戸時代最後の完全な城郭建築です。天守と小天守、隅櫓を渡櫓で結ぶ天守建造物群は、代表的な連立式天守を備えた城郭といわれています。現存十二天守のなかで唯一、親藩・松平家によって建築されており、そのことを物語る「葵の御紋」が瓦などに見られます。また、防備のために構えられた櫓のなかで特に注目すべきは、本丸の北に位置する野原櫓。野原櫓は日本で唯一現存する望楼型二重櫓で、天守の原型といわれており、重要文化財に指定されています。

城から眺める

松山市の中心部に位置する山の上に天守がそびえる松山城。城からの眺めが素晴らしく、標高161mもある天守の最上階からのパノラマビューは必見です。西には瀬戸内海、南には遠く石鎚山系が望めることも。本丸広場は21時まで開放されているので、夜景もオススメ。遠くから城を眺めるなら、本丸公園から天守を正面に堀之内公園西側から城山を見上げる、のがおすすめのビューポイント。23時まで天守がライトアップされています。

ロープウェイ・リフトで楽々アクセス

本丸へは、歩いて登る4つのルートがありますが、どのルートも元気な人でもかなりキツイ坂が続きます。実際に城攻めの気分を味わいたい方はぜひ歩いて登っていただきたいのですが、観光で訪れる方にはロープウェイまたはリフトを利用するルートが人気。ロープウェイは約3分、リフトなら約6分で、8合目に位置する長者ケ平に到着します。そこから徒歩10分ほどで天守に到着。

観光地詳細

名称 松山城
Webサイト http://www.matsuyamajo.jp/
住所 愛媛県松山市丸之内1
お問い合わせ先 TEL:089-921-4873

最寄りの施設

最寄りの買い物

関連キーワード

おすすめプラン紹介