身体障がい者補助犬をお連れのお客様

身体障がい者補助犬をお連れのお客様

障がいを補助する盲導犬・聴導犬・介助犬を同伴希望の方は機内に無料でお連れいただけます。

日本国内線
国際線

「日本国内線」「国際線」アイコンの記載がある項目は、日本国内線と国際線で内容が異なります。アイコンの記載がない項目は、日本国内線と国際線で同様の内容となります。

ご予約時

盲導犬・聴導犬・介助犬の同伴について

illustration of a man with an assistance dog

障がいを補助する盲導犬、聴導犬、介助犬を同伴希望の方は機内に無料でお連れいただけます。
ご搭乗に際してお手伝いが必要な場合はご予約時にお知らせください。

搭乗手続き時に、盲導犬は、国家公安委員会が指定した盲導犬団体が発行した「盲導犬使用者証(身体障害者補助犬 認定証でも可)」、聴導犬、介助犬は厚生労働省令で定める「身体障害者補助犬認定証」、および胴着についている「身体障害者補助犬表示」を確認させていただきます。
また海外の補助犬の場合は、「海外補助犬使用者 期間限定証明書」および胴着についている「海外補助犬使用者 期間限定証明書表示」を確認させていただきます。

エモーショナルサポート犬・サイキアトリックサービス犬・アラート犬の同伴について

盲導犬・聴導犬・介助犬以外の補助犬(エモーショナルサポート犬・サイキアトリックサービス犬・アラート犬)についても、条件を満たす場合に限り機内に同伴いただけます。事前にANAおからだの不自由な方の相談デスクまでお知らせください。

エモーショナルサポート犬:精神疾患を持つお客様の情緒的サポートを行う犬
サイキアトリックサービス犬:精神疾患を持つお客様の行動・動作を補助する犬
アラート犬:てんかん(癲癇)や低血糖症時等の発作を知らせる犬

日本国内線

盲導犬・聴導犬・介助犬以外の補助犬は客室内へ同伴いただけません。

国際線

盲導犬・聴導犬・介助犬以外の補助犬(エモーショナルサポート犬・サイキアトリックサービス犬・アラート犬)についても、条件を満たす場合に限り客室内に同伴いただけます。路線ごとの詳細は以下の通りです。

  • 米国路線、メキシコ路線:エモーショナルサポート犬・サイキアトリックサービス犬・アラート犬
  • カナダ路線:サイキアトリックサービス犬・アラート犬

詳しくは、米国、メキシコ、カナダ路線限定の補助犬についてをご覧ください。

動物検疫について

国際線

国際線をご利用の場合、国によっては検疫の対象になりますので、入国の条件などは訪問国の領事館や日本の最寄りの動物検疫所にお問い合わせください。なお、日本の場合は輸出入検疫の手続きが必要です。詳しくは農林水産省ホームページ「動物検疫所」をご確認ください。

また、海外から補助犬を同行される場合は厚生労働省ホームページ「海外から渡航される補助犬使用者に関する情報」をご確認ください。

コードシェア便について

日本国内線

盲導犬・聴導犬・介助犬は客室内へ同伴いただけます。

国際線

盲導犬・聴導犬・介助犬は、一部の共同運航会社では受付可能な場合がございますので、ANAおからだの不自由な方の相談デスクへお問い合わせください。

座席指定について

安全上の理由により、非常口座席にはお座りいただけません。

  • * 機材変更、その他やむを得ない理由により、予告なしに座席が変更になる場合がございます。
  • * 日本国内線ではWeb等で事前座席指定をご利用いただけない運賃が一部ございます。

ご搭乗時

出発当日はお早めに空港へお越しください。

空港でのお手続き時間の目安

お座席の調整等をさせていただきますので、チェックインの際に空港カウンター係員にお知らせください。
搭乗の際には優先搭乗でご案内させていただきますので、事前に補助犬と一緒に搭乗される旨、搭乗口係員にお知らせください。

日本国内線

出発時刻60分前

国際線

出発時刻120分前

ご到着時

降機に際しお手伝いを希望されたお客様は、係員がお手伝いに伺うまでお待ちください。到着ロビーやお出迎えの方まで、係員がご案内いたします。ご予約時もしくはANAおからだの不自由な方の相談デスクへ、事前にお申し付けください。

よくあるご質問・お問い合わせ

身体障がい者補助犬をお連れのお客様についてのよくあるご質問

ご不明な点や、ご不安をお持ちのお客様は、ANAおからだの不自由な方の相談デスクに遠慮なくお問い合わせください。