社員の声

Meet Our Employees

世界のリーディングエアライングループへ

株式会社ANAケータリングサービス

川崎工場 国内線オペレーション部 国内線搭載課 ディスパッチ担当

相部 啓介 / 2005年入社(12年目)

INTERVIEW 01

「本当にこの仕事をしていてよかった」

航空業界でいう「ケータラー」は一言でいうと、機内食を作り、飛行機に搭載する仕事です。ANAの機内食を空港近くにある工場内でつくって、国内線・国際線の出発前に機内へ搬入しています。その他にも意外と知られていませんが、機内で利用いただく各種のサービス用品の搭載も担当しています。この仕事を通じて、お客様のご要望にお応えできたうれしい経験があります。搭乗手続きを担当した旅客スタッフから、「お客様からANAのポストカードのリクエストをいただいている。機内でお渡しできないか」という話を聞き、各部署と連携し機内に搬入。客室乗務員を通じてお客様にポストカードをお渡しした結果、「担当者にありがとうと伝えてほしい」というお客様からのメッセージが届きました。お客様の喜ぶ姿をイメージしながら、ANAグループのチームワークを感じ、「本当にこの仕事をしていてよかった」という未だに忘れられない思い出になっています。

株式会社ANAケータリングサービス

川崎工場 ファクトリーコントロール室 ファクトリーコントロール課 (羽田担当)

山口 嘉洋/ 2009年入社(8年目)

INTERVIEW 02

相手のためにベストを尽くす誠意を

私の仕事では、機内食の製造を受託している外国航空会社の担当の方との接点が多くあります。様々な国のエアラインの機内サービスや品質のニーズを理解し、新しいアイディアの実現や改善をしていくことが私たちのミッションです。求められる品質やサービスのレベルは航空会社によって様々ですが、そのレベルをしっかりとクリアし、各社の担当者やお客様に満足いただける形にできたことで、「任せてよかった、ありがとう」との言葉を聞くと大変やりがいを感じます。
どの仕事も一人だけで成し遂げられません。当たり前のことを当たり前に議論できる関係性や、「相手のためにベストを尽くす誠意」を大事に仕事に望んでいます。

ANAエアポートサービス株式会社

旅客サービス部旅客サービス6課

中村 旭/ 2013年入社(4年目)

INTERVIEW 03

「また乗りたい」と感じていただけるように

お客様が飛行機に搭乗される最初にANAに出会うのが空港。そこで私たちは、搭乗手続き、様々なご案内、飛行機にご搭乗いただく搭乗口の改札業務まで、空港での一連のサービスに携わっています。最近では国際線の便数も増え、国内線も含め、グローバルな対応力の向上が必要と感じていますが、先輩後輩にかかわらず全員がチームになって協力し合ってチャレンジしています。英語をはじめとした語学は、海外経験のある仲間や海外出身の社員に聞く、勉強会を開くなど、お互いに学びあう場を積極的に設けています。お客様が求めているものは何か、今自分に出来る事は何かといった先のことを考え、臨機応変なサービスを心掛け、ANAをご利用いただくすべてのお客様に、「ANAっていいな、また乗りたい」と感じていただけるよう日々努力しています。

ANAエアポートサービス株式会社

ランプサービス部ランプサービス3課

立山 弘明/ 2010年入社(7年目)

INTERVIEW 04

国内だけではなく海外・世界で仕事を

私は現在グランドハンドリング部門でロードマスターという仕事をしています。飛行機を地上の駐機場での誘導、お客様からお預かりした手荷物の搭載・降載、バスでお客様の空港内移動のお手伝いをするなど、多岐にわたります。その中でもロードマスターは空港内のすべてのグランドハンドリングの責任者。空港内の各地で業務にあたっている仲間に対して、安全・定時に飛行機を出発させるための指示を担っています。
私は今、全国でまだ50名しか所持していないマスターインストラクターの資格に挑戦しています。マスターインストラクターには海外の空港に派遣され、業務経験を積む機会がありますが、私は国内だけではなく「海外・世界で仕事をするのが夢」なので、日々その目標に向けて努力しています。

ANA福岡空港株式会社

旅客サービス部 旅客サービス2課

永島 涼子/ 2012年入社(5年目)

INTERVIEW 05

お客様のために何ができるだろうと自分なりに考え、行動すること

入社当時は覚えることが想像以上に多く、その習得に必死で、お客様に対して特別な何かをして差し上げるという余裕がありませんでした。様々な業務を担当することで、自分の知識や経験の中でお客様に提供できるサービスの幅が広がり、経験を積むことの大切さを実感しました。
現在旅客業務のコントローラーとして管理をしている中で、お客様のために何ができるだろうと自分なりに考え行動し、その結果、お客様を無事搭乗口までお見送りでき、その便が遅延なく出発した時にやりがいと達成感を感じます。
グランドスタッフという職種は華やかなイメージもありますが、早朝5時に出社をしたりなど、時間管理や体力面で大変な一面がある職種でもあります。職場のみならずプライベートでも親しくできるような先輩と巡り会えたのもこの職場ならではのことで、そのお陰もあり楽しく仕事ができています。風通しの良い働きやすい環境で、やりがいを感じながら一緒に働いてみませんか。

ANA沖縄空港株式会社

ランプサービス部 ランプ1課

神谷 宏弥/ 2011年入社(6年目)

INTERVIEW 06

沖縄空港は貨物の中心であり、凄い空港であると感じています

飛行機を運航するためのグランドハンドリングの作業工程管理を考える責任者を務めた際、自分の計画通りに定時に出発させられた時にやりがいや達成感を覚えます。一緒に仕事をするチームをまとめるためには、使用する飛行機が到着するまでに、担当者とブリーフィングをおこない、作業の進行について仮説をたてる必要があります。このような作業を積み重ねることにより、定時性が維持できていることを痛感しています。
沖縄は貨物ハブ空港として深夜には貨物専用機が到着します。旅客機とは異なりお客様は乗っておらず、搭載されているものはすべて貨物です。沖縄空港は貨物の中心であり、凄い空港であると感じています。
元気があって、やる気があって、自分からどんどん積極的に学ぼうという方には教えがいもあります。沖縄空港はスタッフ同士がとても仲が良く、和気あいあいとした雰囲気の職場です。元気とやる気がある方、一緒に楽しく仕事をしていきましょう。

ANA関西空港株式会社

旅客部 旅客サポート課

沼本 麻衣子/ 2007年入社(10年目)

INTERVIEW 07

チームとして仕事をしているが実感できた時、やりがいを感じます

中学2年生の時、初めての海外旅行の際に関西空港を利用し、グランドスタッフが働く姿を見て、”カッコイイな”と思い、それからグランドスタッフを目指すことを決めました。
就職活動における面接では自分の強みである”コミュニケーション能力”をアピールしましたが、内定の決め手は、緊張の中でも大きな声で表情豊かに、自分の強みを話せたことだと思っています。
グランドスタッフはお客様と直接接することができる職種ですので、自分が行ったサービスに対してお褒めの言葉を頂いたり、便の運航には多くのスタッフが関わっているため、チームとして仕事をしていることが実感できた時に、やりがいを感じます。
関西空港は明るく元気なスタッフが多く風通しが良いのが特徴で、とても働きやすく感じています。チームワークを大切にし、信頼関係を築くことができる方、相手の立場に立って考えることができる方、お待ちしております。

ANA新千歳空港株式会社

グランドサービス部 ラインハンドリング課

佐藤 あかね/ 2013年入社(4年目)

INTERVIEW 08

グランドハンドリングの仕事の魅力は、飛行機の一番近くで働けること

飛行機の駐機するスポットに飛行機を誘導する仕事や、お客様の手荷物や貨物を搭載する仕事を行っています。千歳では雪が降りますので、機体の除雪も実施しています。
会社説明会に参加したときに、女性がグランドハンドリングの仕事を説明していたのですが、楽しく働いている姿にあこがれて、この仕事を志望しました。
千歳は雪が毎年たくさん降りますが、その大変なシーズンがあるからこそ、団結するチームワークがあると思っています。大変なときこそ部署を越えて助け合って、一便一便を運航していこうという気持ちが強く、千歳の良いところだと思っています。
入社前の説明会では、先輩が仕事を楽しんでいる印象を持ちましたが、そのときもった印象は働いている今も変わりません。
グランドハンドリングの仕事は飛行機の一番近くで働ける魅力のある仕事です。仕事は楽しくやるのが一番だと思います。女性も沢山働いていますので、一緒に楽しい職場を築いていければと思います。

その他のインタビューを見る

JOIN OUR TEAM!