ポストコロナに向け、持続的なANAグループの成長軌道を描いてまいります

代表取締役社長
芝田 浩二

平素より格別のご支援ご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび、2022年4月1日より片野坂真哉の後任として、ANAホールディングス株式会社の代表取締役社長に就任いたしました芝田浩二でございます。

現下の新型コロナウィルス感染症拡大の影響が世界中に広がっている中において、一刻も早く業績を回復させ、持続的なANAグループの成長軌道を描くことが、私に課せられた使命だと考えております。

ANAグループが事業を推進していく上で「安全」が何よりも重要であります。創業当時より、安全は経営の基盤であり、社会への責務として、いかなる経営環境の下でも安全について細心最大の注意を払う必要があることは変わりません。また経営に当たっては、その源泉となる「人財」が最も重要であると考えております。従業員と対話を通して「経営の理念・ビジョン」が等しく共有されること、そしてそれを具現化するためのアクションプランが理解され、共感やエンゲージメントが高まることが重要と考えています。私が常に意識している言葉に「互尊」があります。「お互いの理解を深めてこそ率直な対話が深まる」というこの言葉は、従業員との関係性においてはもちろん、お取引先様、パートナー様をはじめ、ご利用のお客様との関係においても、私が経営者として歩んでいく上でのキーワードだと思っております。

さて、長引くコロナ禍の出口を見据え、どのようにポストコロナ時代に向けたスタートを切れるかが、今求められています。ANAグループの事業の柱となる航空事業領域については、ポストコロナの新常態において、新たに変容する航空需要を的確に掴みとれるかが重要だと考えます。フルサービスのANAブランド、LCCのPeachブランドに加えて、新たに立ち上げたAirJapanブランドにより、ご利用のお客様には様々なシーンにあわせ、選択肢に「深み」を持たせたブランド・サービスを選んでいただけるようにしてまいります。
また、「スターアライアンス」加盟社など、海外勢との連携を加えたグローバルなネットワークの拡充は、日本の人口減少の現実を鑑みてポストコロナの時代にさらに重要度が増してきます。

一方でこのコロナ禍を通して、航空事業一本足打法の脆弱性を認識させられることになりました。先端技術をもとに、社会の様々な課題を解決するavatarin、メタバースの開発・運営を担うANANEO、そして次世代航空モビリティとしての活用が期待されるドローン、空飛ぶクルマの開発のように、主力の航空事業を周辺から支えるような、収益性を伴った「ニューバリュー事業」を成長させていくことが重要です。加えて、これらの個々の事業の成長だけではなく、ご利用のお客様がANAグループ経済圏の中での還流、回遊できる仕組みとなるプラットフォームを構築し、グループ事業全体の底上げにつなげてまいります。

弊社グループは本年創立70周年を迎えます。たった2機のヘリコプターでスタートした会社が、これまで幾多の困難を乗り越えられたのは、お客様、関係者からのご支援と、私たちの先輩たちがお客様の安全を守り、常に挑戦する努力を怠らなかったからだと思います。これまで築き上げた航空ネットワークやお客様にご提供できるサービスは、ポストコロナの時代においても、「社会にとってなくてはならない存在」だと信じています。このことをグループ従業員に伝え、励ましながら、再び成長軌道に戻れるよう頑張ってまいります。

2022年4月1日
ANAホールディングス株式会社
代表取締役社長
芝田 浩二

ページトップへ