グループ一丸となって、必ずコロナ禍を乗り越え、新たなグループ事業構造を確立します。

代表取締役社長
片野坂 真哉

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
当社グループは、2020年初頭からの新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、航空旅客需要の大幅な減少に見舞われておりますが、全役職員が安全を堅持し、空港や機内における感染防止に向けた万全の対策を講じながら、日々の業務に邁進しております。

2020年度は運航便の大幅な減便やコスト削減策など、さまざまな自助努力を迅速に実施してまいりました。今後も新型コロナがもたらす人々の行動変容により、航空需要の「量」と「質」の変化が予想されることから、グループ事業の構造改革にスピード感を持って取り組み、感染症の再来にも耐え得る強靭な企業グループに生まれ変わってまいります。

事業構造改革は3つの柱を据えて推進しています。

  1. リソースの圧縮(機材・人財):
    エアライン事業の規模を一時的に小さくすることで新型コロナのトンネルを抜けていきます。
  2. 航空事業モデルの変革:
    • ANA、Peach Aviationに加え、エアージャパンを活用した第3ブランドの構築により、お客様の価格・サービスにおける幅広いニーズに対応できるエアライングループとして持続的な成長を追求します。
    • 各エアラインが新型コロナ後の新常態に適合した新しいサービス・モデルを展開するとともに、マーケティングにおいて連携を図り、お客様の体験価値を高め、ライフタイム・バリューを最大化します。
  3. 顧客データ資産の活用
    • ANA X エックス 株式会社を中心に、顧客との強力なタッチポイントであるエアライン事業、旅行事業、日常的な購買を中核に、プラットフォーム・ビジネスを具現化し、非航空収益を拡大します。
    • ANAあきんど株式会社を中心に、首都圏を含む地域創生事業について、ANAグループが持つさまざまなノウハウとリソースを活用することで、地域とANAグループ双方における価値創出を目指します。

「現在窮乏、将来有望」。
創業者である美土路昌一の言葉です。この言葉を糧に、歴代の経営者・社員が安全を礎に社会に役立ちたいとの一心で努力を続けてきました。ANAの前身である日本ヘリコプター輸送株式会社は、僅か2機のヘリコプターでスタートし、以来、努力と挑戦を続けながら成長を遂げてきました。これまでも幾度となく困難に直面してきましたが、その度に危機を切り抜け、強く生まれ変わってきました。

今回のコロナ禍もグループの総合力で挑戦し、乗り越え、世界の人々の架け橋となるべく、持続的な成長を目指してまいります。

2021年6月1日
ANAホールディングス株式会社
代表取締役社長
片野坂 真哉

ページトップへ