アレルギーのあるお客様

アレルギーのあるお客様

国際線アレルゲン対応機内食、自己注射などのご案内です。

日本国内線
国際線

「日本国内線」「国際線」アイコンの記載がある項目は、日本国内線と国際線で内容が異なります。アイコンの記載がない項目は、日本国内線と国際線で同様の内容となります。

アレルギーのあるお客様

アレルゲン対応食のご提供

国際線
  • * 画像はイメージです。時季によりメニューが変わります。

国際線機内食は、7大アレルギー物質(小麦、蕎麦、乳製品、卵、落花生、えび、かに)を使用しないスペシャルミールと27種アレルゲン対応食(7大アレルギー成分の他、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、ごま、カシューナッツを使用していない)の2種類を用意しております。

メニュー例など詳細は機内特別食(スペシャルミール)をご覧ください。

なお、製造過程においてアレルゲンの混入防止に努めておりますが、大気中の浮遊物など、超微量の混入までの確約はできかねます。また、この2種類以外は対応できません。

7大アレルギー物質、27種アレルゲン以外のアレルギーを持っているお客様、また、お食事に不安があるお客様は、ご自身で召し上がれるものをお持ちいただくことをおすすめいたします。

自己注射器(エピペン)の持ち込み

アレルギー症状が起きた場合には、お客様自身で対応できるよう処方されたお薬や注射(エピペンなど)を携行してください。

ピーナッツ(落花生)アレルギー対応

ANAグループ運航国際線・国内線では、機内で提供している飲食物には、落花生を食材として選定せず取り除く努力をしております。ただし、調理・製造段階において落花生を含む原材料(油など)が使用されている可能性があります。

詳細につきましては、ピーナッツ(落花生)アレルギーのお客様へをご覧ください。

カナダ発着路線におけるアレルギー対応について

ピーナッツ(落花生)、ナッツ類、ゴマ、動物などに対して重度のアレルギーによる障がいをお持ちのお客様は、アレルゲンにさらされるリスクを極力回避するために、アレルギーバッファゾーンの設定をお申込みいただけます。

詳細につきましては、アレルギーバッファーゾーンについてをご覧ください。

コードシェア便について

ANA便名で提携航空会社が運航するコードシェア便については、運航会社の規定が適用されます。ANAグループとはお手伝い内容が異なりますので、詳しくは各運航会社にお問い合わせください。

アレルギーのあるお客様についてのよくあるご質問

ご不明な点や、ご不安をお持ちのお客様は、ANAおからだの不自由な方の相談デスクに遠慮なくお問い合わせください。