機内持ち込み・お預かりに条件があるもの(国際線)

条件を満たした場合に限り機内への持ち込み、または預け入れ手荷物としてお預かりいたします。

ご注意
  • コードシェア便および他航空会社の運航便が旅程に含まれる場合は、他社の手荷物ルールが適用になる場合があります。
  • 日本国内線区間を、国際運送約款が適用になる航空券でご利用される場合は国際線の手荷物ルールが適用になります。
  • 航空機での輸送が可能であるか、出発までに確認が取れない場合は、輸送をお断りすることがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 一部の国・地域によっては、ほかにも機内持ち込み・お預かりの制限を設けている場合があります。

機内持ち込み・お預かりに条件があるもの

アルコール度が24%を超え、70%以下のものは1人あたり5リットルまで、機内持ち込み・お預けともに可能です。

  • アルコール度が24%以下のものは、制限がありません。
  • 小売販売されている容器に収納されていること。
  • 国際線における機内への液体物持ち込み制限により、規定上持込可能な範囲であってもお受けできない場合がございます。詳細は液体の機内持ち込みについてをご確認ください。

非放射性の化粧品・医薬品(ヘアスプレー含む)

1容器0.5kgまたは0.5リットル以下のものは1人あたり2kgまたは2リットルまで機内持ち込み・お預けともに可能です。

  • スプレーは、中身が偶発的に漏れるのを防ぐため噴射弁がキャップまたは適当な方法で保護されているもの。
  • 非放射性の化粧品・医薬品とスポーツ用品・日用品のスプレーあわせて2kgもしくは2リットルまでです。

スポーツ用品・日用品のスプレー

引火性ガス・毒性ガス以外のもの。
1容器0.5kgまたは0.5リットル以下のものは1人あたり2kgまたは2リットルまでお預けができます。機内持ち込みはできません。

  • スプレーは、中身が偶発的に漏れるのを防ぐため噴射弁がキャップまたは適当な方法で保護されているもの。
  • 非放射性の化粧品・医薬品とスポーツ用品・日用品のスプレーあわせて2kgもしくは2リットルまでです。
  • 国際線における機内への液体物持ち込み制限により、規定上持込可能な範囲であってもお受けできない場合がございます。詳細は液体の機内持ち込みについてをご確認ください。

生鮮食料品等を冷却するために使用するものは1人あたり2.5kgまで機内持ち込み・お預けともに可能です。

  • 生鮮食料品等を冷却する目的以外のドライアイスは機内持ち込み・お預けともにできません。

スポーツ用、狩猟用の弾薬。
1人あたり包装込5kgまでお預けできます。機内持ち込みはできません。

コンセント式ヘアアイロン・ヘアスタイリング器具

機内持ち込み・お預けともに可能です。

ガス式ヘアアイロン・ヘアスタイリング器具

炭化水素ガスが充填してあるもので、熱源部には安全カバーがしっかりと取り付けられているものは機内持ち込み・お預けともに可能です。

  • お1人様1個まで。
  • 詰替え用のガスカートリッジは、機内持ち込み・お預けともにできません。

電池式(コードレス)ヘアアイロン・ヘアスタイリング器具

本体から電池を取り外すことができるものについては機内持ち込み・お預けともに可能です。

  • 取り外したリチウム電池は機内持ち込みのみ可能です。

本体から電池を取り外すことができないものは機内持ち込み・お預けともにできません。

リチウム電池またはリチウムイオン電池(バッテリー)が内蔵・装着された一般電子機器

ワット時定格量(Wh)により取り扱いが異なります。

  • ワット時定格量(Wh)= 定格定量(Ah)× 定格電圧(V)

製品例:
携帯電話、携帯電話用充電器、無線機、トランシーバ、ノートパソコン、デジタルカメラ、携帯端末、ハンディコピー、プリンタ、ハンディターミナル、電子ブックプレーヤ、携帯用ゲーム機、カメラ機材など。

  • 電動の乗り物(ホバーボード、電動スケートボード、セルフバランスボード、電動自転車など)は、安全上の理由により機内持ち込み・お預けともにできません。
電子機器本体

リチウム電池はリチウム含有量が2g以下のもの、またはリチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が160Wh以下のものは機内持ち込み・お預けともに可能です。

  • 本体の電源を完全にお切りください。(スリープモード不可)
  • 本体を強固なスーツケースまたは衣類等で梱包するなど保護をしてください。(偶発的な作動や損傷による発火を防止するため)
予備電池

リチウム電池はリチウム含有量が2g以下のもの、またはリチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Wh以下のものは機内へお持ち込みできます。お預けはできません。

リチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Whを超え160Wh以下のものは2個まで機内持ち込みできます。お預けはできません。

  • 携帯電話用のリチウムイオン電池内蔵充電器は、予備電池の扱いです。

大型リチウム電池または大型リチウムイオン電池(バッテリー)が内蔵・装着された電子機器

製品例:
大型カメラ機材、電動ロボットなど。

電子機器本体

リチウム電池はリチウム含有量が2gを超えるもの、またはリチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が160Whを超えるものは機内持ち込み・お預けともにできません。

予備電池

リチウム電池はリチウム含有量が2gを超えるもの、またはリチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が160Whを超えるものは機内持ち込み・お預けともにできません。

短絡防止処置:
購入時の小売り容器に収納するか、あるいは端末を絶縁する(テープなどで剥き出しの端末を保護するか、別々のプラスチックの袋もしくは保護パウチに個々の電池を収納する)などの措置を行ってください。

電池全般についてのお願い:
リチウム電池、リチウムイオン電池(バッテリー)以外の予備電池(ニッケル水素、ニッカド、アルカリマンガンなどの電池・バッテリー)についても、安全のため短絡防止措置のうえ機内へお持ち込みください。

雪崩救難用バックパックに使用される火薬の含有量は200mg以下のもので、圧縮ガスは、引火性ガスも毒性ガスも使用していないものは、1個のみ機内持ち込み・お預けともに可能です。

  • 誤作動が生じないように包装され、かつバックパック内のエアーバッグが圧力開放弁を有するもの。
  • 条件を満たしていることが分かる、説明書などをご用意ください。

炭酸ガスが充填された小型シリンダーを装着したものは1人あたり胴衣1個(シリンダー2個)、予備のシリンダー2個まで機内持ち込み・お預けともに可能です。

電池で作動する水中トーチランプ(スキューバダイビング用ライト)または半田ごてなど。

  • 輸送中の偶発的作動を防止するため、電池が取り外されているものは機内持ち込み・お預けともに可能です。
  • 取り外したリチウム電池は機内持ち込みのみ可能です。
  • 先端が著しく尖っている半田ごては、機内持ち込み不可です。

治験薬の運搬について

開発途中の治験薬は、条件を満たした場合に限り機内持ち込みまたはお預けができます。
保安検査や確認に時間がかかることがございますので、空港へは時間に余裕を持ってお越しください。

条件
  • 治験薬であることがわかる書類をお持ちであること。
  • 外装容器に放射性薬品であることを示す「三つ葉マーク」が表示されていないこと。
  • 航空法で定められた保安検査基準*を満たしていること。
    • 液体の治験薬を機内に持ち込む場合は、液体物検査または開被検査を実施いたします。外装容器を開封することができない場合は、機内持ち込みまたは受託をお断りさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
  • 数量制限については1容器あたり0.5Lまたは0.5kg、1人あたり2リットルまたは2kgとする。
治験薬の保安検査
治験薬の種類 持ち込み お預け
液体 X線検査、液体物検査 X線検査
固体 X線検査 X線検査

リチウムイオンバッテリーの場合

ワット時定格量(Wh)が160Wh以下のものは1人あたり2個まで機内持ち込みできます。お預けはできません。

ワット時定格量(Wh)が160Whを超え300Wh以下のものは1人あたり1個まで機内持ち込みできます。お預けはできません。

ワット時定格量(Wh)が300Whを超えるものは機内持ち込み・お預けともにできません。

  • 車いす本体にセットされたバッテリーは予備バッテリーに含まれません。
    バッテリーを取り外す場合は、衝撃から保護するため梱包した状態で機内へお持ち込みください。

ニッケル水素、ニッカド等のドライバッテリーの場合

1人あたり1個までお預けが可能です。機内持ち込みはできません。

  • 国土交通省の基準では個数制限はありませんが、ANAではIATA(国際航空運送協会)の危険物規則書に則り制限を設けております。

防漏型湿式バッテリーの場合

1人あたり1個までお預けが可能です。機内持ち込みはできません。

非防漏型湿式バッテリーの場合

予備はお預け・機内持ち込み共にできません。

  • 機内持ち込み:可能。(自ら使用するものに限る)
  • 受託手荷物:不可。

電子タバコ、電子葉巻、電子パイプ、個人用ヴァポライザー、電子ニコチン供給装置等(無煙タバコ含む)の火を使わない喫煙器具も、他のお客様への快適性を損ねる恐れがあるため、ANAグループでは機内での使用をお断りしています。なお、電子タバコ本体、予備バッテリーを機内で充電することは禁止されています。

リチウム電池で駆動する電子タバコの取り扱いについて

  • リチウム電池のうち、リチウム金属電池はリチウム含有量が2g以下、リチウムイオン電池はワット時定格量が100Wh以下のもののみ、機内へのお持ち込みが可能です。
  • 熱が発生する部分が不測の作動をしないよう措置してください。
  • 予備の電池は、短絡しないよう個々に保護してください。

その他制限のある手荷物

手荷物についてのよくあるご質問

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®