身体障がい者補助犬をお連れのお客様

身体障がい者補助犬をお連れのお客様

障がいを補助する補助犬を同伴希望の方は機内に無料でお連れいただけます。

日本国内線
国際線

「日本国内線」「国際線」アイコンの記載がある項目は、日本国内線と国際線で内容が異なります。アイコンの記載がない項目は、日本国内線と国際線で同様の内容となります。

注意事項

  • 補助犬は常に、リードもしくはハーネス等でつながれていることが必要です。
  • 補助犬は、障がいをお持ちのお客様のために決められた仕事、補助をするように訓練されていることが必要です。出発空港において係員がいくつかの質問をさせていただく場合があります。その結果、補助犬として適切ではないと判断した場合は、貨物室でペットとしてお預かりします。
  • 盲導犬・聴導犬・介助犬は全路線機内への同伴が認められております。
  • 中型犬、大型犬の場合、機内では床に伏せた状態でご搭乗いただきます。大型犬で機内通路もしくは隣席にはみ出してしまうと考えられる場合は、補助犬用に座席をご購入いただく場合がございます。機内にケージをお持ち込みいただく場合は、機内持ち込み手荷物のサイズとルール(国際線)をご確認ください。
  • 米国発着路線の共同運航便は、ユナイテッド航空との共同運航便のみ受け付けております。
  • ANAは米国運輸省(US DOT)の法令、通達に準拠した取り扱いをしております。
    詳しくは米国運輸省サイト(英語のみ)をご確認ください。
  • 提出書類に記載されている項目に反する、もしくは空港や機内で補助犬が原因で損害を与えた場合、
    ANAはお客様にその損害を求償させていただきます。
  • 日本では空港管理規定により、補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬を除く)の空港ターミナル内での同伴は禁止されており、ケージでの移動が義務づけられています。

ご予約時

盲導犬・聴導犬・介助犬を同伴されるお客様へ

illustration of a man with an assistance dog

障がいを補助する盲導犬、聴導犬、介助犬を同伴希望の方は機内に無料でお連れいただけます。
ご搭乗に際してお手伝いが必要な場合はご予約時にお知らせください。

日本国内線

身体障害者補助犬認定証(盲導犬の場合、盲導犬使用者証でも可)および身体障害者補助犬表示を空港で確認させていただきます。

国際線

盲導犬、聴導犬、介助犬であることを証明する文書、ハーネス、タグ等の提示もしくは口頭での確認をさせていただくことがございます。

アラート犬・サイキアトリック犬・エモーショナルサポート犬を同伴されるお客様へ

対象路線に限り、アラート犬、サイキアトリック犬、エモーショナルサポート犬の機内持ち込みが可能です。
以下の表をご覧ください。

犬の種類 対象路線
  • サイキアトリック犬
  • アラート犬
米国
カナダ
メキシコ
  • エモーショナルサポート犬
メキシコのみ

対象路線・対象でない補助犬をご利用の場合には、貨物室でペットとしてお預かりいたします。
貨物室でのお預かりの際は、鍵付きの水漏れしないハードケージが必要となります。

【例】サイキアトリックサービス犬
3月15日 NH11 シカゴ出発 東京(羽田)到着 → 機内同伴可能
3月16日 NH801 東京(羽田)出発 シンガポール到着 → 貨物室預かり

【例】アラート犬
4月10日 NH105 ロサンゼルス出発 東京(羽田)到着 → 機内同伴可能
4月11日 NH993 東京(羽田)出発 沖縄到着 → 貨物室預かり

補助犬を同伴の場合、一部の路線では補助犬の輸送料金が免除される場合があります。
詳しくはANAおからだの不自由な方の相談デスクまでお問い合わせください。

米国発着便にご搭乗されるお客様へ

出発48時間前までに以下の書類をご用意の上、ANAおからだの不自由な方の相談デスクにお知らせください。

U.S.Department of Transportation Service Animal Air Transportation Form

米国へ犬を連れて渡航される場合の輸送制限について

米国疾病対策センター(CDC)からの通達により、2021年7月14日以降、狂犬病のリスクが高いと分類される国からの犬の入国、並びに過去6か月間に狂犬病のリスクが高い国に滞在歴のある犬の入国は一部制限されます。詳細は「米国へ犬を連れて渡航されるお客様へ」をご確認ください。

カナダ発着便にご搭乗されるお客様へ

出発96時間前までに以下2つの書類をご用意の上、ANAおからだの不自由な方の相談デスクにお知らせください。

  1. Service Dog Behavior and Training Attestation Form
  2. 関係団体や訓練事業者が発行したIDカードまたは証明書類
メキシコ発着便にご搭乗されるお客様へ

出発48時間前までに以下の書類をご用意の上、ANAおからだの不自由な方の相談デスクにお知らせください。

Psychiatric Service Dog/Emotional Support Dog Application for Mexico

書類の送付、お問い合わせ先

メールでお問い合わせ
お電話でお問い合わせ

海外で認定された盲導犬、聴導犬、介助犬をお連れのお客様

日本に滞在する間、安心してお過ごししていただけるよう「期間限定証明書」の発行を受けることができます。詳しくは厚生労働省ホームページ「海外から渡航される補助犬使用者に関する情報」をご確認ください。

動物検疫について

国際線

日本の場合は輸出入検疫の手続きが必要です。詳しくは農林水産省ホームページ「動物検疫所」をご確認ください。

コードシェア便について

日本国内線

盲導犬・聴導犬・介助犬は客室内へ同伴いただけます。

国際線

盲導犬・聴導犬・介助犬、それ以外の補助犬は一部の共同運航会社では受付可能な場合がございますので、ANAおからだの不自由な方の相談デスクへお問い合わせください。

座席指定について

安全上の理由により、非常口座席にはお座りいただけません。

  • * 機材変更、その他やむを得ない理由により、予告なしに座席が変更になる場合がございます。
  • * 日本国内線ではWeb等で事前座席指定をご利用いただけない運賃が一部ございます。

ご搭乗時

出発当日はお早めに空港へお越しください。

国際線

犬の出入国に必要な国別書類を確認いたします。

空港でのお手続き時間の目安

お座席の調整等をさせていただきますので、チェックインの際に空港カウンター係員にお知らせください。
搭乗の際には優先搭乗でご案内させていただきますので、事前に補助犬と一緒に搭乗される旨、搭乗口係員にお知らせください。

日本国内線

出発時刻60分前

国際線

出発時刻120分前

事前改札サービス

「事前改札サービス」をご利用いただけます。
ご希望のお客様は搭乗口係員までお知らせください。機内準備が整い次第、初めにご案内いたします。なお、運航状況により実施できない場合がございます。

ご到着時

降機に際しお手伝いを希望されたお客様は、係員がお手伝いに伺うまでお待ちください。到着ロビーやお出迎えの方まで、係員がご案内いたします。ご予約時もしくはANAおからだの不自由な方の相談デスクへ、事前にお申し付けください。

よくあるご質問・お問い合わせ

身体障がい者補助犬をお連れのお客様についてのよくあるご質問

ご不明な点や、ご不安をお持ちのお客様は、ANAおからだの不自由な方の相談デスクに遠慮なくお問い合わせください。