けんか祭りに踊りに奇祭も!日本の秋の祭り8選

収穫の感謝と翌年の豊作を祈願する秋祭り。数々の個性的な秋祭りは、夏のお祭りとは違った楽しみがあります。

秋は収穫の季節。暑い夏が終わり、台風も過ぎ、天気もよく過ごしやすい季節の到来です。実りの秋には、日本全国で収穫の感謝と翌年の豊作を祈願する秋祭りが行われます。とはいっても秋祭りも個性豊か。見るだけでも、参加しても、びっくりで楽しい体験ができる個性的なお祭りを8つご紹介します。

激しいものからしっとりとしたものまで、様々な形で神様への感謝を表す秋の祭り。見たい祭りに足を運んでも、また偶然出会った祭りでも、その瞬間、その場所でしか出会えない特別な感動を生んでくれます。秋はおいしいものがたくさん出回る時期でもありますね。旬の味も嬉しいこの季節、五感をいっぱいに使って、日本の旅、日本の祭りを満喫してください。

©讃岐獅子舞保存会

獅子舞王国さぬき

香川県は、日本で一番面積の小さい県でありながら、約800の獅子舞グループが存在する「獅子舞王国」。県内の獅子舞組約60組が一堂に会する「獅子舞王国さぬき」は国内最大級の獅子舞イベントです。獅子はライオンに似た架空の神聖な動物。獅子舞は獅子を模した木で作った頭(かしら)をかぶって踊る、アジアにみられるおめでたい伝統芸能です。各組の獅子は、獅子頭の色も形も、油単(ゆたん、獅子の胴になる布)もそれぞれに個性豊かで華やか。香川県の獅子舞は、動きも激しく、鳴り響く銅鑼が異国情緒を盛り上げます。祭りの当日は朝から晩まで獅子舞が披露され、大音量の迫力の演舞に酔いしれます。展示コーナーで道具に触れたり、段ボール獅子頭を作るワークショップなどもあり、家族で一日中楽しめます。

詳細情報

お祭り名 獅子舞王国さぬき
Webサイト https://www.facebook.com/shishimaioukoku/
開催地 香川県高松市 高松中央公園
アクセス 高松空港からリムジンバスで約35分(羽田空港から高松空港:所要時間1時間15分)
お問い合わせ先 TEL:080-3928-4401(讃岐獅子舞保存会)
開催日時 毎年11月初頭
会場に多言語対応可能なスタッフ 英語 あり、中国語 あり
多言語チラシ 英語 あり、中国語 あり
お祭り日以外の問い合わせ受付体制 英語 なし、中国語 なし

©薩摩川内市

川内大綱引き

日本では綱引きだって祭りになります。川内大綱引きは、長さ365メートル、重さ7トンの大綱を引き合う祭り。その歴史は古く、1600年頃に合戦に向かう兵士の士気を高めるために始まったとも言われています。大綱引き当日は、朝から1,500人の市民が330本の縄から半日かけて「綱練り」を行い、大綱を作ります。出来上がった大綱を引き合うのは、上半身裸の3,000人の男たち。衝突、妨害ありの戦いは、格闘技のような激しさで、見る者も熱くします。なんと、この激しい綱引きに、観客が参戦することも可能だそう!大綱引き参加はちょっと、という方でも、綱練りの作業に参加して、地元の人と交流するのも楽しいですね。
最後に半分に切られる綱。その一部を持ちかえれば1年間無病息災に。まるで格闘技を見るような激しい綱引きは、格闘技好きにはたまりません。

詳細情報

お祭り名 川内大綱引き
Webサイト https://sendai-ootsuna.jimdo.com/
開催地 鹿児島県薩摩川内市 向田本通り
アクセス 鹿児島空港からバスで約1時間20分(羽田空港から鹿児島空港:所要時間1時間50分)
お問い合わせ先 TEL:0996-21-1851(川内大綱引保存会)
開催日時 9月22日(毎年同日程)
会場に多言語対応可能なスタッフ 英語 なし、中国語 なし
多言語チラシ 英語 なし、中国語 なし
お祭り日以外の問い合わせ受付体制 英語 なし、中国語 なし

新居浜太鼓祭り

四国三大祭りの一つに数えられる新居浜太鼓祭りは、豪華絢爛で勇壮な男祭り。起源は古く、1,000年以上の歴史を持つといわれる豊作を祝う秋祭りです。美しく飾られた「太鼓台(たいこだい)」と呼ばれる重さ3トン、高さ5.5メートルもある巨大な山車54基が、一基150人もの男衆とともに街を練り歩きます。はじめは小さな山車でしたが、地域同士の対抗意識から急速に大型化し、町内の誇りをかけた祭りとなりました。太鼓祭り最大の見どころである「かきくらべ」では、複数の太鼓台が一ヶ所に集まり、練り歩く際に取り付けていたタイヤをはずし、「かき夫」と呼ばれる担ぎ手たちの人力だけで動かします。数基が勢ぞろいし太鼓が鳴り響く中、太鼓台を肩にかつぎ上げて高く持ち上げる様子を競い合うと、その熱気は頂点に。新居浜駅前の「太鼓台ミュージアム」では、太鼓台の実物や衣装をじっくり見ることができます。豪華な太鼓台と男たちの熱気に圧倒される祭りです。

詳細情報

お祭り名 新居浜太鼓祭り
Webサイト https://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/unyu/taikomatsuri.html
開催地 愛媛県新居浜市 市街地全域
アクセス 松山空港からリムジンバス、JR予讃線乗継で約1時間30分(羽田空港から松山空港:所要時間約1時間30分)
お問い合わせ先 TEL:0897-65-1261(新居浜市)
開催日時 10月16日~18日(毎年同日程)
会場に多言語対応可能なスタッフ 英語 あり、中国語 あり
多言語チラシ 英語 あり、中国語 あり
お祭り日以外の問い合わせ受付体制 英語 なし、中国語 なし

おわら風の盆

おわら風の盆は哀切感に満ちた「越中おわら節」に合わせて無言の踊り手たちが美しい踊りを披露する400年の歴史をもつ民謡行事。昔の面影を残す情緒あふれる坂の町、越中八尾に数千のぼんぼりが立ち並び、三味線、胡弓の音色に合わせて、そろいの浴衣姿で男女が、格調高い踊りを披露しながら、町を流れていきます。見どころは、夜の闇の中行われる町流しです。艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べ。その幻想的な光景と雰囲気はここだけのもの。観光客も踊り方教室で踊り方を習うことができるほか、輪踊りに飛び入り参加もできます。

詳細情報

お祭り名 おわら風の盆
Webサイト https://www.yatsuo.net/kazenobon/
開催地 富山県富山市 八尾地区
アクセス 富山空港からバス、JR高山本線乗継で約1時間(羽田空港から富山空港:所要時間1時間)
お問い合わせ先 TEL:076-454-5138(越中八尾観光協会)
開催日時 9月1日~3日(毎年同日程)
会場に多言語対応可能なスタッフ 英語 なし、中国語 なし
多言語チラシ 英語 なし、中国語 なし
お祭り日以外の問い合わせ受付体制 英語 なし、中国語 なし

©宮古島市教育委員会

パーントゥプナハ

世界には、ホーリーやトマト祭りなど、ドロドロに汚れる祭りがいくつもありますが、日本で汚れる祭りと言えば、この「パーントゥプナハ」。ユネスコの無形文化遺産「来訪神 仮面・仮装の神々」の一つで、泥だらけの神様「パーントゥ」が、集落の人々に泥を塗り、悪霊祓いをします。百数十年前、葉に包まれた仮面が海岸に漂着。若者がその仮面を被り、神聖な井戸の泥を全身に塗って神様となったとの伝説に由来します。泥で異臭を放つ身体に蔓で作った「みの」を巻きつけ、恐ろしい仮面を付けた全身真っ黒なパーントゥのインパクトは強烈!3体のパーントゥが、逃げ回る人々に容赦なく泥を塗りまくります。子どもは泣き叫び、大騒ぎが繰り広げられます。観光客も例外ではありません。泥を塗られること必至。覚悟してくださいね。ただし、神事であることをお忘れなく。知られざる秘境文化を味わってください。

詳細情報

お祭り名 パーントゥプナハ
Webサイト https://www.miyakojima-style.jp/event/shimajiri-panto/
開催地 沖縄県宮古島市 宮古島平良島尻地区
アクセス 宮古空港からレンタカーで約30分(羽田空港から宮古空港:所要時間3時間)
お問い合わせ先 TEL:0980-72-3751(宮古島市役所)
開催日時 毎年10月ごろ
会場に多言語対応可能なスタッフ 英語 なし、中国語 なし
多言語チラシ 英語 なし、中国語 なし
お祭り日以外の問い合わせ受付体制 英語 なし、中国語 なし

唐津くんち

ユネスコ無形文化遺産に登録されている曳山祭りの一つ。笛、鐘、太鼓のお囃子や曳子の「エンヤ、エンヤ」の掛け声に乗って14台の豪華絢爛な曳山が勇壮に旧城下町を巡行します。「くんち」は、九州北部の秋祭りの総称。収穫を感謝して行われます。唐津くんちは、200年ほど前、獅子の頭の形の曳山が唐津神社に奉納されたことから始まりました。獅子や兜、亀や鯛などの個性豊かな曳山は、和紙や漆、金箔で仕上げられ、それはまさに巨大な美術工芸品です。祭りが最高潮に達するのが、浜辺での「曳き込み」です。2トン以上にもなる曳山が、砂地に車輪をとられながら大移動します。曳き手たちの大迫力の活躍に、観客も「エンヤ!エンヤ!」と叫んで一緒に盛り上がります。

詳細情報

お祭り名 唐津くんち
Webサイト https://www.karatsu-kankou.jp/feature/karatsukunchi/
開催地 佐賀県唐津市 中心部
アクセス 福岡空港からバスで約1時間30分(羽田空港から福岡空港:所要時間1時間30分)
お問い合わせ先 TEL:0955-74-3355(唐津観光協会事務局)
開催日時 11月2日~4日(毎年同日程)
会場に多言語対応可能なスタッフ 英語 あり、中国語 なし
多言語チラシ 英語 あり、中国語 あり
お祭り日以外の問い合わせ受付体制 英語 なし、中国語 なし

灘のけんか祭り

激しい祭りの代表といえば、姫路市松原八幡神社の秋祭り「灘のけんか祭り」です。神輿を激しくぶつけ合うことから「けんか祭り」と呼ばれ、毎年10月に、3基の神輿をぶつけ合わせる神事と、7台の豪華絢爛な屋台が激しく練り競う勇壮な屋台練りが盛大に行われます。最大の見どころは、2日目の練り合わせ。3基の神輿が、神社で高く持ち上げられてはぶつかり合い、神輿が壊れるのもおかまいなし。そして、メイン会場の「御旅山」に3基の神輿、7台の屋台が登場し、それぞれ3~4台ずつ屋台が激しくぶつかり合い観客の興奮も最高潮に達します。その激しさ、迫力はまさに格闘技。大興奮の祭りです。

詳細情報

お祭り名 灘のけんか祭り
Webサイト https://www.nadamatsuri.jp/
開催地 兵庫県姫路市 松原八幡神社
アクセス 神戸空港から神戸新交通ポートアイランド線、山陽電鉄本線乗継で約1時間30分(羽田空港から神戸空港:所要時間1時間15分)
お問い合わせ先 TEL:079-222-2285(姫路観光コンベンションビューロー)
開催日時 10月14日~15日(毎年同日程)
会場に多言語対応可能なスタッフ 英語 なし、中国語 なし
多言語チラシ 英語 なし、中国語 なし
お祭り日以外の問い合わせ受付体制 英語 なし、中国語 なし

©おかげ横町

神恩感謝 日本太鼓祭

2,000年の歴史がある伊勢神宮。全国から参拝客が訪れる、日本人にとっては特別な神社です。その伊勢神宮に全国から太鼓打ちが集まり、感謝の思いを太鼓の音に乗せ神様に奉納するのが「神恩感謝 日本太鼓祭」です。日本人は、古から太鼓を打ち、五穀豊穣をはじめとする様々な祈りを音色にのせて捧げてきました。日本各地の腕利きの太鼓打ちにとって、ここで叩けることは誇りであり、皆喜びを胸に集結します。その魂のこもった演奏は、世界中の和太鼓ファンを集めます。嬉しいポイントは、全国から集った16の有名太鼓団体の演奏が一度に見られること。伊勢神宮内宮参集殿で行われる特別奉納演奏も見ものです。伝統の和太鼓を間近で感じることのできる絶好の機会です。

詳細情報

お祭り名 神恩感謝 日本太鼓祭
Webサイト https://www.kankomie.or.jp/event/detail_10151.html
開催地 三重県伊勢市 おかげ横丁
アクセス 中部国際空港セントレアから名鉄空港線、近鉄名古屋線乗継で約2時間(羽田空港から中部国際空港セントレア:所要時間1時間)
お問い合わせ先 TEL:0596-23-8838(おかげ横丁総合案内)
開催日時 毎年11月
会場に多言語対応可能なスタッフ 英語 なし、中国語 なし
多言語チラシ 英語 なし、中国語 なし
お祭り日以外の問い合わせ受付体制 英語 なし、中国語 なし

空席照会・予約