ペットをお連れの空の旅

ペットをお連れのお客様

ANAオペレーション便でペットまたは介助動物とご一緒にご旅行される場合、喜んでお手伝いいたします。

ペットをお連れの国際線の旅

犬、猫、小型の鳥、その他の小動物(ウサギ、ハムスター、フェレットなど)はお預かりしますが、冷血動物(カメやトカゲ)、爬虫類、および魚は許可されていません。

  • 国際便では、ペットはすべて客室ではなく、機内の所定区域にお預かりします。
  • コードシェア便については、運航航空会社にお問い合わせください。

安全上の考慮事項

ANAでは、大切なペットができるだけ快適に過ごせるように、配慮いたしております。ですが、航空機内の状態はペットの日頃の環境とは大きく異なりますので、空の旅はペットの健康に影響を及ぼすかもしれません。ペットが身体的に衰弱したり、死んだりする可能性もございます。ペットをお預けいただく前に、必ず以下の内容を十分にお読みください。(ANAのペット死亡報告書をご参照ください。)

ストレスや温度変化の影響を受けやすいペットもおり、後に病気になることもあります。

お客様のペットが下記のいずれかに該当する場合、ご予約の前に、ペットの空の旅について獣医師とご相談されることをぜひお勧めいたします。

  • 長時間、飼い主と離れていることに慣れていない。
  • 長時間、ケージに入っていることに慣れていない。
  • 短頭種の犬である。
  • 持病がある。

以下の健康状態のペットはお預かりできません。

  • 病気、または空の旅に適した状態ではない。
  • 妊娠している。
  • 若齢(生後4か月未満)である。
  • 心臓疾患または呼吸器疾患がある。

短頭犬種のお預かりは5月1日から10月31日の間、中止させていただいておりますので、ご了承ください。この犬種が高温に弱く、熱中症や呼吸困難を起こす恐れがあるためです。

飛行条件

チェックイン後、ペットは空調された部屋にお預かりして、その後、客室の下にある貨物室に移動します。貨物室の温度は客室と同じに保たれています。貨物室ではペットは次のような状態になります。

  • 電灯は消し、室内は暗くなります。
  • 貨物室は空調機で温度と湿度の管理をしていますが、外気温の影響で貨物室の環境が客室と異なる場合がございます。
    • 高い外気温や舗装からの反射熱のため、夏季には貨物室が高温になることが考えられrます。
    • 乗り降りの際にはペットは屋外にいることになりますので、夏季と冬季には温度と湿度に大きな変化が起こる場合がございます。
  • 航空機が飛行中、また離着陸や乗り降りの際には風の音や機械音がします。

ペットを預ける前に準備しておくこと

ペットが安心して穏やかでいられるように、事前の準備をお願いします。お客様のペットの空の旅が初めての場合、またこのサービスの利用にご心配のある場合は、獣医師にご相談されることをお勧めします。

ペットが終着地まで快適に過ごせるお役立ち情報はこちら。

  • ストレスをなくすため、ペットキャリーに入れておくことに慣らしておきましょう。
  • 熱中症や脱水症状を防ぐため、ペットキャリーには給水器(ノズル付き)を付けましょう。しっかり閉めて、確実に取り付けてください。
    • 水漏れの可能性がありますので、受け皿タイプの給水器はお受入れできません。
    • 日本国内便にご搭乗のお客様には、5月1日から10月31日の間、ペットキャリーに保冷剤と給水器をお付けするサービスをご提供いたします。ご希望のお客様はANA係員までお申し付けください。
  • 夏季のご旅行には、冷却マットや保冷剤をご用意ください。
    • 下毛の濃いペットは、夏季のご旅行の前に下毛のお手入れをお勧めします。
  • 冬季のご旅行には、ブランケットやカイロをご用意ください。
  • ペットは、満腹または空腹の状態では飛行機酔いや体調不良を起こしがちです。チェックインの前に十分な量の食事と水を与えてください。
    • 飛行中と乗り継ぎ場所ではエサを与えることができません。給水器とエサ用容器のついたケージをお使いいただけます。
  • ご出発日には、いつものようにペットに接してリラックスさせてあげてください。

ご到着後、ペットは日ごろの環境と違いすぎるため、体調を崩すことがあります。ですので、終着地にご到着の後はゆっくり休ませてあげましょう。ご到着後に次のような症状があれば、獣医師の診断を受けることをお勧めします。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 荒い呼吸
  • 震え
  • 食欲がない
  • 散歩や外出をしたがらない
  • 不安な様子が続く
  • 異常な行動をする

ご予約とチェックイン

予約とチェックイン

お電話での事前予約が必要です。

  • ANAの便名のANAオペレーション便のお客様が対象です。
  • ペットとのご旅行の前に、「ペットのお預かりに関する同意書」にご記入ください。
  • 同意書をプリントアウトして、空港までお持ちください。時間に余裕を持って、ご出発の2時間以上前にチェックインカウンターまでお越しください。
料金

ペットは無料手荷物許容量には含めず、サービス料金をいただきます。料金は、チェックイン時の出発国/地域の通貨で計算します。下記の表で、エリア1には北米、中南米、およびハワイが含まれます。エリア2には欧州、アフリカ、中東が含まれます。最後に、エリア3にはアジア(日本を含む)とオセアニアが含まれます。

1ケージ当たりの料金
上記の2エリアをまたいで運航する区間
例:アメリカ - 日本
上記の1エリア内を運航する区間 日本国内区間
JPY40000 / USD400 / CAD400 / EUR300 JPY25000 / USD250 / CAD250 / EUR200 JPY5000
(消費税がかかる場合があります。)
検疫の規定

各国・各地域に生きた動物の輸出入を管理する法律があります。ご旅行の前に、ご出発と渡航先の国や地域の検疫所、大使館、その他同様の機関にてペットに必要なことをご確認ください。

  • これには輸出検査証明書、輸入・輸出許可証、衛生証明書、ならびに輸入許可証が含まれる場合があります。事前に必要書類の取得とご記入を確認してください。
    • 輸出入のための必要書類の不備に関連するトラブルについてはANAは責任を負いませんので、ご了承ください。
  • 国や地域によって法令が異なりますので、関係する国や地域の法律と検疫制度によって、空港でペットを手荷物としてお預かりできない場合がございます。
    • イギリス、香港、またはオーストラリア行の便のお客様は、空港ではペットをお預かりできません。
    • この場合、ペットを貨物としてお運びする可能性について、貨物代理店にご連絡ください。

ペットとご一緒に日本へお越しの場合は、動物の種類によって動物輸入手続きと必要書類が異なります。日本の入国審査をお通りでない場合は、ペットには日本の輸入検査は行いません。この場合、到着機の航空会社スタッフが代わって手続きを行います(ペットの衛生証明書の写しの提出)。しかし、お客様とペットが日本に入国される場合(滞在時間に関わらず)、ペットは日本での輸入要件を満たす必要があります。犬、猫をお連れのお客様:

  • 犬または猫を輸入される場合は、日本到着の40日前までに動物検疫所(AQS)への事前通知が必要となります。
  • 狂犬病の発生がないとして指定されている国や地域から輸入される犬・猫については、輸出証明書にISO規格のマイクロチップが装着されているとの記載がある場合、検疫期間は12時間以内に終了します。
  • これらの条件が法令に適合しない場合には、検疫期間が最長180日になります。
  • 詳細については、「動物検疫所(AQS)」のウェブサイトをご覧ください。

げっ歯類(ウサギ、ハムスター、フェレットなど)をお連れのお客様:

  • 動物の到着時に厚生労働省の検疫所に届出書と衛生証明書を提出する必要があります。
  • 衛生証明書は輸出国の管轄機関が発行したものとします。
  • 詳細は「厚生労働省MHLW」のウェブサイトをご覧ください。
ペットとご一緒のチェックイン

お客様(とペット)の空港でのチェックイン手順は次のステップとなります。

カウンターのスタッフ
STEP 1:カウンターでのチェックイン

ペットの輸出入に必要な書類を事前にご準備いただき、通常よりお早めにチェックインカウンターへお越しください。ペットが出発空港での検査の対象となる場合は、検査を終えた後にカウンターへお越しください。

  • ご出発日に検査を受けるご予定の場合は、検疫所の受付時間をご確認の上、チェックインまでに十分な時間をお取りください。
ケージを持つカウンタースタッフ
STEP 2:書類のご提出と料金のお支払い

プリントアウトした同意書をお持ちください。

  • チェックイン完了後、ペットは空調された部屋にお預かりして、その後、機内に移動します。
貨物スタッフ
STEP 3:ご搭乗
  • ペットはトラックにてご搭乗便までお運びします。
貨物室のスタッフ
STEP 4:貨物室
  • ペットはばら積み貨物室にお連れします。
ケージを持ちあげるグラウンドスタッフ
STEP 5:ペットのお引き取り
  • ペットは弊社スタッフが丁寧にお預かりし、お客様に直接お渡しします。

乗継便がある場合、動物の輸送に関して、各航空会社に個別のお取り扱い要件があることにご注意ください。お乗り換えの地点で別の航空会社をご利用になる場合、預かりの手順と料金について、各航空会社に直接お問い合わせください。

受け入れ方針

ペットとのご旅行の前に、次の条件と制限についてご理解ください。

  • 1機当たりペットキャリーは3つまでお受入れします。
  • 1つのペットキャリーには動物1匹または鳥1対(オス・メス)のみを入れてください。
  • ペットキャリーの線寸法の合計は115インチ(292cm)未満、ペットとキャリーの合計重量は100ポンド(45kg)未満とします。
  • 犬、猫、鳥、その他の小動物(ウサギ、ハムスター、フェレットなど)をお預かりします。
    • 短頭犬種のお預かりは5月1日から10月31日の間、中止させていただきます。
  • 冷血動物(カメとトカゲ)、爬虫類、および魚はお預かりいたしません。
ペットキャリー・犬小屋の条件

適切なペットキャリーがペットの快適で安全な旅のカギとなります。ペットは自由に眠ったり、座ったり、向きを変えたりできなければなりません。また、ペットキャリーには水漏れ防止の底(家庭で飼える鳥の場合は標準的なファイバーボード製のトレーをお使いいただけます)と、逃げ出したり身体的に接触したりすることを防ぐ安全ロックとを備える必要があります。お客様のペットのケージがこれら追加の基準を満たしていることをご確認ください。

ペットキャリーにはエサと水のための適切な容器が扉の内側に取り付けてあり、犬小屋の扉を開けなくてもスタッフが簡単に扱えるものとします。

これは固い材料(金属、硬質プラスチック、または同等の強度を持つ無垢材などの材料で固い屋根のあるもの)で作られたものとします。

  • 段ボール、ソフトタイプのコンテナ、またはバッグは受付ません。
  • 犬小屋に車輪がついたものは、車輪を取り外すか動かないようにしてください。
  • ペットキャリーは扉と3面に通気口があり、実用的な取っ手がついたものとします。

補助犬を同伴される場合

おからだの不自由なお客様は、盲導犬、聴導犬、補助犬を機内に同伴するようお申し出ください。

介助犬とのご旅行の詳細は「おからだの不自由なお客様」をご覧ください。

米国、メキシコ、カナダ路線限定の補助犬について

米国、メキシコ、カナダ路線に限定した補助犬に関するご案内です。

米国、メキシコ路線限定の補助犬について

アラート犬:てんかんの発作、低血糖ショックなどを検知する犬。

アラート犬は客室に同伴することができます。

サイキアトリック・エモーショナルサポート犬:米国アクセス法によると、サイキアトリック・エモーショナルサポート犬を同伴してご搭乗を希望されるお客様は、特にお客様の精神・情緒疾患を治療する精神保健指定医か医師の正式な便箋に記載された最新の(ご搭乗の日から1年以内)書類をご提出いただく必要があります。

この書面には次を記載してください。

  • お客様が「精神疾患の診断と統計マニュアル」第4版または第5版((DSM-IVまたはV)で識別する精神または情緒疾患をお持ちであること。
  • お客様が航空機を利用し、終着地での行動に順応するため、エモーショナルまたはサイキアトリックサポート犬が必要であること。
  • 評価を提供した人は精神保健の専門家か医師であり、このお客様がその医師の治療を受けていること。
  • この精神保健専門家または医師の免許の発行日と種類、および発行場所。

もしくは、所定の「サイキアトリック・エモーショナルサポート犬申請書」をダウンロードしてご利用ください。

カナダ路線限定の補助犬について

アラート犬、サイキアトリック・エモーショナルサポート犬は客室に同伴することができます。

必要書類と手続き

補助犬が、障がい者を補助する目的で専門の訓練機関もしくは訓練士による訓練を施されていることを証明する宣誓書を提出していただく必要があります。

所定の「補助犬証明宣誓書(Attestation Form)」をダウンロードしてご利用ください。

あわせて、補助犬訓練施設もしくは訓練士発行の”IDカード”もしくは”補助犬証明書類”のご提示をお願いします。

お客様は、ご旅程の最初の便の出発時刻の96時間前までに、EメールもしくはFAXで、ANAおからだの不自由な方の相談デスク(日本)もしくは北米予約案内センター(米国)まで、「補助犬証明宣誓書」および「IDカードもしくは補助犬証明書類」をお送りください。

FAXで書類をお送りいただいた場合、Eメールにて返信いたしますのでメールアドレスは正確にご記入ください。