ANA

旅行トップ  >  ツアーアシストデスクのご案内  >  病気・けがのお客様へ

ツアーアシストデスクのご案内 ANAスカイホリデー・ANAハローツアーおからだの不自由なお客様のための旅行相談窓口。
病気・けがのお客様へ
サービスについてのご説明

在宅医療を行われていらっしゃる方、お体に金属の固定具をご使用の方、アレルギーをお持ちの方のご旅行に際し、航空機への搭乗に関するご案内や、滞在先でのご案内をさせていただきます。
また、ご旅行に際し、飛行中の機内では気圧の変化が生じたり、旅行先での環境も変わってまいりますので、事前に主治医とご相談いただきます様お願いいたします。

病気・けがのお客様へ
在宅医療を行っているお客様
貸代用酸素ボンベ
診断書記入例

1.医療機器をご使用の方

医療用酸素ボンベや人工呼吸器を機内でご使用になられるお客様は、
航空会社所定の診断書・同意書が必要になります。
ご自身で酸素ボンベをお持込になる場合は酸素ボンベ仕様確認書が必要
になります。航空会社でも酸素ボンベを有料にて貸し出しております。
また、アメリカ路線では法律によりご自身の酸素ボンベは持ち込めません、
貸し出しのみの取り扱いとなります。機内でご使用の方はお知らせ下さい。
旅行先で使用される酸素ボンベは各自でご用意いただきますよう お願いいたします。

人工呼吸器吸引器などを航空機内でご使用のお客様は、航空機に搭載
が出来ないタイプや、航空機内でご使用いただけないタイプがございますので、確認の為
メーカー名と機種名(型番)及びバッテリーの種類
をお知らせ下さい。
航空会社に確認させていただきます。

診断書について
診断書は往路航空機搭乗日を含め
14日前以降に主治医により発行されたものが有効になります。
14日前よりも早く入手された診断書は、お使いいただけませんのでご注意ください。

航空会社指定の診断書はこちらへ

2.自己注射をご使用の方

 

糖尿病のためのインスリン注射や、アレルギーの為の注射器をご使用のお客様が機内にて
自己注射をされる場合は、日本国内線と日本出発の国際線においては規制はございません。
日本への帰着便や海外での乗り継ぎ便の場合は、機内でご使用になる分と予備用が機内
持ち込みが可能です。また、お薬に関しては「医薬品」とわかるようにして下さい。
国際線をご利用の方は海外の保安検査をスムーズに行えるよう、英文などのメモや
英文の処方箋を準備されると良いでしょう。
ご希望のお客様にはメモをご用意させていただきます、ツアー申し込みにあわせ
ご連絡下さい。

インスリン(インシュリン)
ページTOPへ
お体に金属製の固定具等があるお客様 ペースメーカー

心疾患のため心臓ペースメーカーを使用されているお客様、骨折されたために金属副木を埋め込んでいらっしゃるお客様、人工関節を使用されているお客様に、ご旅行に参加いただく際のご案内をいたしております。
また、空港での手荷物検査場(セキュリティー保安検査場)通過の流れの説明をさせていただきます。
海外での検査係員とのコミュニケーションをスムーズに行えるよう、英文などのメモを準備されると良いでしょう。ご希望のお客様にはメモをご用意させていただきます、ツアー申し込みにあわせご連絡下さい。

ページTOPへ
アレルギーをお持ちのお客様 25大アレルギー
私は甲殻類・シーフード・アボガドに強いアレルギーがあります。

食物アレルギーをお持ちのお客様へ、お客様のコンディションに併せ、機内食(国際線)、及び目的地のお食事においてご提案させていただきます。

航空会社では国際線において 5大アレルギー小麦、そば、乳製品、卵、落花生)及び25大アレルギー5大プラス、あわび、イカ、いくら、えび、カニ、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、鮭、鯖、ゼラチン、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、マツタケ、桃、山芋、りんご)の2種類をご用意いたしています。ご希望の方はツアー予約時にお申し出下さい。

目的地でのお食事はお客様のコンディションに併せ手配してまいります。この場合手配料をいただきます。また、別途費用をご負担いただくこともありますのでご了承ください。希望のお客様は、ツアー申し込みにあわせご連絡下さい。

調理過程においてアレルゲンの混入防止には努めておりますが、大気中の浮遊物など超微量の混入までの確約はいたしかねますので、ご心配なお客様はご自身で召し上がれる物をご準備いただく事をお薦めいたします。

海外の自由行動時でのお食事では、お客様がアレルギーである事と、対象の食材が書かれたメモなどをお持ちになると便利です。希望のお客様にはメモをご用意させていただきます、ツアー申し込みにあわせご連絡下さい。

 
ページTOPへ
ツアーアシストデスクメニュー