国内線航空券のお求め

ANAご利用券を使って国内線の航空券を購入しよう

ANAマイレージクラブ会員として、ANAご利用券で国内線航空券購入代金をお支払いいただけます。

お知らせ

  • 2022年6月30日をもって「ANAご利用券」の新規申し込みは終了いたします。
    2022年7月1日以降は「ANA SKY コイン」をご利用ください。
  • * 2022年6月30日までにお申し込みのお客様は有効期限内まで「ANAご利用券」をご利用いただけます。

対象となる運賃・料金

ANAの路線では、すべての個別運賃が適用されます。

  • 他社運航便の場合は、ANA便名のコードシェア便のみが対象になります。また、ご出発日にエコノミーからプレミアムクラスにアップグレードする際の追加料金のお支払いにも、ご利用券を利用できます*。
    * ANAウェブサイトでの事前アップグレード(ご出発日の2日前まで可能)やお電話によるアップグレード予約には利用できません。
  • ANAご利用券は、特別旅客料金およびストレッチャー料金にご利用いただけます。
  • 日本で発行される航空券に適用されます。

対象外となるもの

  • 団体運賃のお支払い
  • 重量超過手荷物料金、従価手荷物料金、ペット料金、快速宅空便のお支払い
  • 取消手数料、払戻手数料のお支払い
  • その他の運賃(ビジネスきっぷ、いっしょにマイル割、ANA SUPER VALUE SALEなど)は対象外です。

予約

ご利用券を受け取ったら、以下のいずれかの方法で予約できます。

  • 電話照会を行う
  • ANAウェブサイトにアクセスする
  • 予約サイトからのオンライン予約:

お支払いと航空券のご購入について

ご予約後、ANAご利用券をご出発空港にお持ちいただき、ご利用券に記載されている期限までにご購入を完了してください。お支払い後、「ANA eチケットお客様控」を発行します。

  • 差額のお支払いには、現金、楽天Edy電子マネー、ANAギフトカード、ANA旅行券、クレジットカードをご利用ください。
  • ANAご利用券の額面金額が、航空券の運賃を上回る場合は、おつり銭はお出しできません。
  • ANAご利用券は、郵送、ANAウェブサイト、ANAマイレージクラブ・サービスセンターまたは会員専用デスクではご購入いただけません。

予約変更について

ご購入いただいた航空券には、それぞれの運賃規則があり、予約変更ができない運賃もございます。予約変更が可能な運賃種別の場合は、以下の点にご留意ください。

  • 同一区間の予約変更は、ご予約便の出発時刻まで受け付けいたします。
  • ご予約の変更・取消は、ANAマイレージクラブ・サービスセンターまたは各会員専用デスクにて承ります。お電話の際には、「ANAご利用券」をご利用の旨をお伝えください。
  • ANAウェブサイトからのご予約の変更・取消はできません。
  • 目的地の変更ならびにANA便以外の他社便への変更はできません。

差額

  • 片道運賃などの価格は、季節ごとに設定されておりますので、便名や出発日が変更された場合には価格が異なり、差額の調整が生じる場合がありますので予めご了承ください。
  • 運賃が値上がりし差額が生じた場合は、現金、楽天Edy電子マネー、ANAギフトカード、ANA旅行券、またはクレジットカードなどでお支払いください。
  • 運賃が値下がりした場合は、ANAご利用券以外の方法でお支払いいただいた金額を上限として、差額を払い戻しいたします。
  • ※各種割引運賃をご利用の場合、ご予約の変更ができない場合がありますのでご注意ください。

払い戻しについて

ANAご利用券でお支払いいただいた金額分は、現金による払い戻し、ANAご利用券の返却、マイル口座へのお戻しのいずれもできかねます。

  • ANAご利用券以外の方法でお支払いいただいた金額分は、取消手数料および払戻手数料も適用されます。
  • 特別な事情(天候、機器の故障、お客様の病気による欠航など)がある場合は、ANAご利用券を返却します*。
    * ANAご利用券以外の方法でお支払いいただいた金額分は、取消手数料・払戻手数料を適用せずに払い戻しいたします。
  • ANAご利用券は、2022年6月30日をもって申し込みならびに新規発行を終了いたします。
    * 2022年7月1日以降の返金方法につきましては、1枚につき5,000マイルを払い戻しさせていただきます。

領収書について

航空券購入時の領収書には、通常、ANAご利用券でお支払いいただいた金額は含まれておりません。ANAご利用券を含めた全額分の領収書をご希望の場合は、ご希望に応じて支払明細書を発行いたします。

  • また、領収書は、空港の自動チェックイン機でも発行することができます。