コンテンツへ

    掲載日:2022.01.20

    マイルも使えて旅の楽しみも広がる。ドライブ&フィッシングのすすめ

    飛行機で訪れる全国の多彩な釣り場。その時に「ドライブ」も積極的に意識すると、旅の充実度がさらにアップします。マイルで利用できたり、マイルが貯まるレンタカーもあるので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

    ドライブを旅の一部に

    釣り旅では空港に着いたらあとは車(レンタカー)での移動になる

    釣りに出かけるとフィールドを問わず「非日常」が味わえます。海でも川でも湖でも、釣り人が足を運ぶ多くの水辺は、釣りの目的以外ではなかなか訪れない場所です。その意味では、ただ釣りに集中するだけでも、一定の「旅」気分は味わえるといえます。
    一方で、飛行機を利用して日本各地にある魅力的な釣り場に出かけるチャンスを得たのなら、釣りだけでなく、他の自然や地域の文化にも触れてみると、旅の幅が広がります。なにより飛行機を利用する釣り旅では、空港に到着した後はレンタカーを利用する場合がほとんどです。せっかくの車での移動そのものを楽しい「ドライブ」にしない手はありません。

    北の大地にまっすぐな道路がのびる北海道は移動そのものがドライブ

    釣り旅とドライブの組み合わせは、アイデアしだいでどんな地域でもできますが、たとえば広大な大地にまっすぐな道がどこまでも伸びる北海道も、ぴったりの場所の1つでしょう。【北海道・渚滑川の釣り旅】でも、北の大地に泳ぐ野生のニジマスを追い掛ける釣り旅の中で、朝の漁港などさまざまな立ち寄り先の楽しさを紹介しています。

    釣り場から少し足をのばせば、釣り以外にもさまざまな風景に出会える

    自然以外の見どころも多い

    アユ釣りで人気の高知県四万十川。釣り場へは高知空港からレンタカーでアクセス

    歴史好きの人なら、旅先にある史跡や資料館を訪れるのもおすすめです。たとえば、夏になると全国的に見てもコンディションのよい天然遡上アユが釣れる高知県。【高知県・仁淀川の釣り旅】では、高知空港から釣り場までの道中、幕末の志士の生き様を今に伝える坂本龍馬記念館なども訪ねています。

    高知市の名所、桂浜にある坂本龍馬記念館

    釣りそのものの展示がある場合もあります。【山形県・庄内浜】の旅では、この地で江戸時代から受け継がれてきた「庄内釣り」の歴史に触れられる致道博物館(山形県鶴岡市)に足をのばしています。魚釣りそのものも楽しいですが、こうしたその土地でしか見られない資料に触れる時間も旅をより味わい深いものにしてくれます。

    巻物に描かれた庄内釣りの様子

    これらはまさにドライブ&フィッシングだから味わえる釣り旅です。もちろん、グルメやアート巡りといった他の楽しみと組み合わせてもよいでしょう。ANAトラベラーズレンタカーなら、マイルを使ってレンタカーを予約したり、利用することも可能です。受け取り地に最寄りの空港名を入れ、受け取りと返却の日程を選べば、利用できる車種や必要なマイルが簡単に確認できます。自分だけの釣り旅プランを、ぜひ計画してみてください。

    • 記載の内容は2021年12月現在の情報です。変更となる場合があるのでご注意ください。
    • 写真はすべてイメージです。
    ライター:ANA釣り倶楽部
    フォトグラファー:津留崎 健、浦 壮一郎

              

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ×

    「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。