コンテンツへ

    掲載日:2022.10.04

    絶景・グルメ・宿泊を満喫。紅葉ロープウェイから始まる秋の旅

    秋は山が装いを鮮やかにする季節です。ロープウェイに乗って、紅葉の絶景が見事な景勝地に出かけてみませんか? その地のグルメや宿泊も楽しんで、山のパワーでエネルギーチャージ。全国選りすぐりのロープウェイから始まる秋の旅をご紹介します。

    【北海道・藻岩山】札幌もいわ山ロープウェイ

    ロープウェイからは札幌の市街地も見える

    札幌市のほぼ真ん中にある標高531mの藻岩山は、すすきのから市電でアクセスできるほど繁華街の近くにあります。全長は1,213mの「札幌もいわ山ロープウェイ」は、約5分の乗車時間で山の8合目付近まで上昇。窓面が大きくとられ、景色が良く見えるのが特徴です。

    藻岩山の紅葉は、10月中旬頃から色づき始め、10月末頃に見頃を迎えます。藻岩山は赤色に紅葉する植物が少ないので、山全体が黄金色に輝いて見えるのが特徴です。ロープウェイの眼下に広がる風景は、黄色とオレンジ色の絨毯を敷き詰めたように美しく染まります。

    黄葉する山の中を進む、もいわ山ミニケーブルカー

    山頂駅に到着後は、展望台からの眺めを楽しみましょう。市街地方面の景色が目に留まりますが、紅葉の時期は市街地の真裏側の景色を見るのがポイント。藻岩山の奥に山が連なっているので、ほかの山の紅葉が眼前に美しく広がります。山頂展望台にはカジュアルフレンチレストランがあるので、ゆっくり食事をするのもよいでしょう。

    札幌もいわ山ロープウェイ

    生ラムジンギスカン山小屋

    ジンギスカン山小屋の内観

    札幌の夜の楽しみといえば、北海道のグルメ。札幌の繁華街、すすきのにある「生ラムジンギスカン山小屋」は、1956年創業の小樽「景勝園」の味を引き継いだジンギスカン専門店。店名どおりに山小屋を思わせる店内には、カウンターのみのアットホームさが漂っています。店の自慢はなんといっても生ラムの味わい。ニュージーランド産のラム肉はクセがなく、柔らかい肉質を誇ります。

    生ラムジンギスカン1,210円(税込)

    生ラムは、玉葱、もやし、ミニトマトのサービスつき。北海道の生産者から届いた旬の野菜が用意されています。ラム肉の他、道東のえぞ鹿肉、石狩産ホゲット(ラム肉とマトンの中間)、羊のひとくちミンチも人気です。「生ラムジンギスカン山小屋」でしか出せない、特製のタレで味わう生ラムの味を堪能してみましょう。

    生ラムジンギスカン 山小屋

    ANAホリデイ・イン札幌すすきの

    スタンダードハリウッドツインの客室

    すすきのの中心部にある「ANAホリデイ・イン札幌すすきの」は、札幌観光の拠点に適した立地です。ジンギスカンや海鮮、ラーメンなどのグルメを堪能したあとも徒歩で戻れるのは便利。人気の観光スポット「元祖さっぽろラーメン横丁」までは徒歩1分の近さです。

    ホテルは、快適で親しみやすい雰囲気とサービスが自慢。フレッシュでモダンな装いの客室は、ブランドカラーの緑を基調とした、清潔感あふれる色合い。旅の間をゆっくりと過ごすことができるでしょう。

    和朝食の一例

    館内には3つの飲食店があります。朝食からディナーまで対応する「オールデイ・ダイニング ヴェルデ」、フルーツカクテルが自慢の「THE LONG BAR」、北海道の海の幸が堪能できる「炙屋 総本店」と、ホテル内でも食事が堪能できます。

    なかでも、「オールデイ・ダイニング ヴェルデ」の朝食やランチが人気です。ビュッフェには、北海道名物がずらり。海の幸がたっぷりの海鮮丼や帯広名物・豚丼、名寄名物・煮込みジンギスカンなどのライブキッチンは必食です。朝から北海道の味を満喫することができます。

    ANAホリデイ・イン札幌すすきの

              

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ×

    「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。