コンテンツへ

    【ボートのワカサギ釣り入門】ワカサギ釣りに必要な道具

    STEP 01
    ワカサギの魅力
    STEP 02
    ボートの乗り方
    STEP 03
    ワカサギ釣りに必要な道具
    STEP 04
    ワカサギ釣りの基本動作
    STEP 05
    ボートのワカサギ釣り場5選

    ワカサギ釣りに必要な道具

    これがあればワカサギが釣れる! 最小限の道具とは?

    ワカサギ釣りに必要な道具をひとつずつ見ていこう。今回はできるだけ気軽かつ簡単に入門してもらいたいので、「あると便利なアイテム」は省き、「必要最小限の道具」だけを紹介しよう。

    釣りザオは軟らかく短いもの

    ボートの釣りでは仕掛けを投げる必要がなく、真下を探る。そのため釣りザオはなくてもワカサギを釣ることは可能だ(指でイトをつまんで操作すればOK)。しかし、楽しくたくさん釣るのであれば絶対にサオがあったほうがいい。サオを介してワカサギのアタリ(魚がエサを食べた際に出るサイン)をとることもこの釣りの魅力のひとつだからだ。

    ワカサギ釣りに用いられる専用ザオ。こちらは電動リールに付けて使うタイプ。一般的なサオと比べて扁平なのは目でアタリをとりやすくするため。軟らかく短いのもワカサギ専用ザオの特徴だ

    ワカサギ釣りのサオに求められるのは「軟らかさ」。小さいワカサギだけにアタリも微細なので、穂先(サオの先端)が硬いサオだと異変に気付けないのだ。「ワカサギ用」として売られているサオであればこの条件はクリアしているので、買うのであれば専用品がオススメだ。ルアーロッドやチョイ投げザオでもワカサギを釣ることはもちろんできるが、「仕掛けを上げてはじめてワカサギが掛かっているのに気付いた」ということが起きがち。掛かったワカサギが途中で外れる「バラシ」が増えるのも欠点だ。専用ロッドでアタリをとりながら釣るのがずっと釣れるし、何より楽しいのだ

    また、ワカサギ専用ザオは短いのも特徴。ボートで使われるサオは30~40cmのものが多い。これは短いほうが操作性が高く、なおかつ先端に出るアタリをとりやすいから。また、短いものであればドーム船や氷上でワカサギを釣る際も同じものを使える(ドーム内で釣ったり、目の前の氷の穴に仕掛けを入れたりするので長いサオだと難しい)。

    こちらは天狗岩でレンタルしていた手バネザオ。握りの部分にあるイト巻きにイトをストックし、仕掛けを上げるときは手でイトをたぐる
    こちらは天狗岩でレンタルしていた手バネザオ。握りの部分にあるイト巻きにイトをストックし、仕掛けを上げるときは手でイトをたぐる

    こちらは天狗岩でレンタルしていた手バネザオ。握りの部分にあるイト巻きにイトをストックし、仕掛けを上げるときは手でイトをたぐる

    イトをたぐっているところ

    リール(イト巻き機)は電動タイプがオススメ

    スピニング、両軸受けなどどんなタイプでもOKだが、小型のものが軽くて使いやすい(スピニングリールであれば1000番サイズ)。一番オススメなのは電動リールだ。電動といっても非常に小さく(スマートフォンサイズ)、釣りが初めての人でも簡単に扱える。ボタンを押せばオートマチックにイトを巻きとってくれるので仕掛けの上げ下ろしが非常に楽で効率もよい。こちらもワカサギ釣り専用品があるのでそれを選ぼう。

    オススメは電動リール。1万円あればサオと電動リールを両方揃えることができる。扱いも非常に簡単
    イトが巻いてある部分は「スプール」と呼ばれる。ここが回転することでイトを出し入れする
    操作方法は機種によって異なるが、基本的には巻き上げボタンを押すだけでイトを巻きとってくれる。仕掛けを落とすときはスプールがフリーで回転するレバー(画面中央の「ロック・フリー」の部分)を倒すだけ
    電動リールの先端にサオを差して使う
    サオとリールをセットしたところ

    ライン(イト)はPE0.2号

    小さなアタリをとりやすいのはPEライン(「ピーイー」と読む)。撚りイトで非常に伸びにくいのが特徴だ。0.2号がオススメだが、手持ちのものがあるのであれば0.6号までが扱いやすい。PEライン以外のラインはアタリがとりにくいものが多い。

    ラインは0.2号前後のPEラインがよい

    仕掛け(イトとハリ、オモリ)は5本バリ+ナス型オモリ1.5号

    ワカサギ釣り用の仕掛けが市販されているのでそれを使えばよい。ハリの数は5本が最もオールマイティーで、全長は70cmまでのものがトラブルなく扱いやすい。ハリの大きさは「キツネ型の1.5号」を選んでおけばどんな状況でも外れはない。イトの材質はフロロカーボンのほうがトラブル(イト絡み)が少ないのでオススメだ。市販されている仕掛けの多くはオモリが別売りになっているので、「ナス型の1.5号」を別に買おう。オモリに関してはサオによって扱いやすいオモリが多少異なるので、サオを買う際に釣具店の店員さんに話を聞くと万全だ(1.5号であればまず問題ないはず)。仕掛けとオモリについては根掛かりやイト絡みで使えなくなることもあるので予備も含めて5セット持っておけば安心だ。

    仕掛けは完成品でまったく問題ない。5セットあれば安心だ
    オモリは1.5号(=5.6g)前後を持っておけばOK。タングステン製のほうが感度が高いがやや高価。鉛でもOKだ

    レンタルタックルについて

    ここまで紹介した道具はレンタルボート店で借りられることも多い。1日1000円前後でサオとリール、ラインを借りることができ、仕掛けはボート店で購入するケースが一般的。レンタルタックルの有無を聞く際は行くレンタルボート店が決まったらウェブサイトで調べたり電話で聞いたりしよう。

    エサはシロサシかアカムシが一般的

    ワカサギはエサの付いていないハリだけでも釣れることがあるが、エサを使ったほうが釣果は安定する。アカムシやシロサシが一般的。湖や時期によってオススメのエサは変わってくるので、レンタルボート店でオススメを聞こう。ワカサギ釣りが盛んな湖のレンタルボート店ではエサの販売を行なっていることが多いが、こちらも事前に確認しておくとベスト。取り扱いがなければ釣具店で買っていこう。

    アカムシ。1パック(200円前後)あれば1日楽しめる。濡れた新聞紙にくるまれていることが多い
    アカムシは1尾ずつハリに刺す。黒くなっている頭にハリをチョンと掛ければよい
    アタリがあってもハリに掛からないときは胴の真ん中に刺すとよい
    シロサシ(ハエの幼虫)。1袋(200円前後)あれば200尾のワカサギを釣ることができる。アカムシと両方試して反応をうかがおう。赤いベニサシもある
    シロサシは頭にハリを刺したらハサミで半分に切って使う
    シロサシを切ったり、イトを切ったりするためのハサミはワカサギ釣りの必需品。ハサミは自分のものを持っていこう
    船に持ち込む荷物(釣り具やスマートフォンなど)はバッカンと呼ばれる入れ物に収納するのがオススメ。防水なので雨が降っても中身が濡れないし荷物が1ヵ所にコンパクトにまとまる
    ワカサギを持ち帰るためのクーラーボックスも必需品。6~10ℓのものでOK。コンビニなどで買った氷を入れて持って行こう
    クーラーボックスには使わないエサ(釣りの際は使用する最小限だけ外に出す)や飲み物を入れておく。イスとしても使える
    バケツもあると便利(無料で貸してくれるボート店も多い)。水を張り、釣ったワカサギを入れておく
    バケツに入れたワカサギがひっくり返ったらクーラーボックスに移す。ジップロックに入れ、空気を抜いてから入れよう
    バケツに入れたワカサギがひっくり返ったらクーラーボックスに移す。ジップロックに入れ、空気を抜いてから入れよう

    バケツに入れたワカサギがひっくり返ったらクーラーボックスに移す。ジップロックに入れ、空気を抜いてから入れよう

    • このコンテンツは、2020年9月の情報をもとに作成しております。

              

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ×

    「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。