コンテンツへ

掲載日:2022.04.25

「NYのセントラルパークみたい」 開放感抜群な都心のスタジオでヨガを

都庁をはじめとする高層ビルが建ち並ぶ西新宿において、新宿中央公園は緑のオアシスともいうべき憩いの場。その中に新たに誕生したヨガやボルダリングなどが楽しめるアクティビティスタジオ「PARKERS TOKYO」をご紹介いたします。

公園滞在をより快適にする交流拠点施設『SHUKNOVA』

新宿中央公園の東側に広がる芝生広場の横、レンガの建物

江戸時代、「内藤新宿」と呼ばれ、宿場町として栄えた歴史を持つ新宿。また再び多くの人が憩い、交流が生まれる「宿場町の縁側空間を再生したい」というコンセプトを掲げ、2020年7月、新宿中央公園に新たな空間が誕生しました。

その名も『SHUKNOVA』。日本語の「宿」とラテン語で「新」という意味をもつ「NOVA」を組み合わせたネーミングからも、その意気込みがうかがえます。

2階建ての交流拠点施設『SHUKNOVA』には、ANAのマイルを貯めることもできる「スターバックスコーヒー」ほか、レストラン「むさしの森Diner」や誰でも自由に利用できる屋外テラスなどが設けられ、公園での滞在をより充実に、快適にしてくれるサービスが充実しています。

ヨガ、ボルダリング、ランニング。公園内で楽しむアクティビティ

パークヨガの開催スケジュールはウェブサイトで確認を
※写真はイメージです

中でも、特に注目を集めているのは“新しいコミュニティサービス”を謳う「PARKERS TOKYO」。

公園を一望する開放的なヨガスタジオに、子供も楽しめるボルダリングジム、自然との一体感を味わえるアウトドアフィットネスなど、自然と調和しながら、本質的な健康と美を追求するためのプログラムを提供しています。

「四季折々の表情を見せる公園と調和しながら、体を動かすことの楽しさを教えてくれる」と、訪れた人たちによるクチコミでその評判が高まっています。

人気アクティビティは新緑に包まれて行うパークヨガ

「PARKERS TOKYO」でヨガプログラムを担当するインストラクターの栗原ゆりさん

「最初に訪れたみなさんは、まずこのヨガスタジオの開放感に驚かれますね。コロナ禍で思うように外出ができず、ストレスが溜まっている人が多いのだと思います」と話してくれたのは、「PARKERS TOKYO」でヨガプログラムを担当するインストラクターの一人、栗原ゆりさん。

約100平方メートルという広々としたヨガスタジオには、きらきらと日差しが降り注ぎ、また大きなガラス窓の外には公園の緑が広がり、眺めているだけで緊張がするすると解けていくのを実感できます。

「これからの季節はスタジオを飛び出て、公園内の芝生の上で行うパークヨガのクラスが人気です。新宿という大都市のど真ん中にありながら、青々とした緑の中に身を置くと、それだけでリラックスできますよ。雨天の場合はスタジオへと移動して公園の緑を眺めながらできるので、天候に左右されないのもここの強みですね」(栗原ゆりさん)

お気に入りのヨガグッズでテンションアップ

香りのリラックス効果は絶大なので、精油やスプレーを持参してもOK

ヨガプログラムは1回ごとの都度利用も可能なので、近隣に住んでいなくても、勤めていなくても、週末のアクティビティとして参加しやすいのも魅力。また、ヨガの内容もビギナーから上級者用クラスまで幅広くラインアップされているので、未経験者でも楽しめます。

ヨガマットやブロックのレンタルも充実しているので、ウエアと水を持参すれば気軽に参加可能とくれば、人気なのも納得。
時節柄、レンタルに抵抗がある人は、自分だけのお気に入りをANAマイレージモールで探してみるのもおすすめです。ヨガマットをはじめ、ケース、ブロックほか、リラックス効果を誘うヨガスプレーも揃っています。

香りなら、深い安らぎを得られると好評の「ANAオリジナルアロマ」もヨガのシーンにぴったり。こちらは「マイルが使える! 貯まる!」ANAショッピング A-styleで扱っています。

家、オフィス、機内でできる。心を穏やかに導く呼吸法

始める前に、大きく深呼吸してリラックスを

そして今回は特別に、自宅やオフィス、飛行機の中でもできるリラックス呼吸法を教えてもらいました。

「家も組織も、何事も風通しがいい方が健やかですよね。それは人間の体も同じです。情報過多な時代に加え、コロナ禍でストレスを溜めてしまうと、呼吸は浅く、体が強張ったままになってしまいます。それでは風通しがいいとは言えません。“ナディーショーダナ”という呼吸法は、体の内側から静けさが広がり、心を穏やかに導いてくれる効果があるので、ぜひやってみてください」(ヨガインストラクター/栗原ゆりさん)

外に向いている意識を自分に向ける導入としてクラスでは最初に行うそう

【ナディーショーダナの方法】

  1. 右親指で右鼻を押さえ、左の鼻から息を吸う
  2. 右薬指で左鼻を押さえ、息を止める
  3. 右親指を右鼻から離し、ゆっくりと息を吐く。そのまま右鼻から息を吸う
  4. 右親指で右鼻を押さえ、息を止める
  5. 右薬指を左鼻から離し、ゆっくりと息を吐く。1〜5を1分ほど繰り返す
  • 吸う息よりも、吐く息を二倍程度の長さにするとより効果的です。

「PARKERS TOKYO」は、まるでニューヨークのセントラルパークの中にあるスタジオのような雰囲気。非日常気分を盛り上げてくれるのはもちろん、自然の中で体を動かす気持ちよさは、ちょっと他では味わえない体験です。

PARKERS TOKYO

  • 住所:東京都新宿区西新宿2-11-5 新宿中央公園内 SHUKNOVA 2階
  • TEL:03-5339-3051
  • 営業時間:平日7:00~22:00(最終受付21:00)/土日祝8:00~18:00(ランニングステーション最終受付17:00)
  • 定休日:12月31日~1月3日、2月第3火曜
  • ウェブサイト:PARKERS TOKYO
  • 記載の内容は2022年3月現在の情報です。変更となる場合があるのでご注意ください。
ライター:Yoshie Chokki

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る