コンテンツへ

    掲載日:2022.07.28

    この夏は美しい海、手つかずの大自然が揃う石垣島へ。子供と楽しむ、海遊び&山遊び

    夏休みの旅行先として、人気の沖縄・石垣島。“青い海” のイメージが強いですが、海だけでなく、マングローブ川、ジャングル、鍾乳洞と自然が揃っているので、家族で外遊びを満喫するのに最適です。今回は、大人も子供も楽しく遊べるおすすめの海遊び、山遊びを紹介します。

    幻の島上陸+シュノーケリング

    石垣島から船で30分ほど。時間の経過によって、島の形や海の色が変わっていく様子も格別

    幻の島は、小浜島と竹富島の間にある砂浜でできた三日月型の無人島。正式名称は浜島ですが、潮の満ち引きによって限られた時間だけ姿を現すことから “幻の島” の呼び名で親しまれています。島には視界を遮るのものが何もないため、360度見渡す限り海・海・海。そんな幻の島を満喫する、おすすめのツアーが「幻の島上陸+シュノーケリング」です。

    上陸後は波打ち際で遊んだり、サンゴのかけらを拾ったり、島を散策してみたり、写真撮影をしたり。美しい浅瀬の海に囲まれた島なので、家族みんなで楽しめること間違いなしです。

    「お魚がいっぱい見れて楽しかった」と、子供たちも大喜びなのだとか

    幻の島を満喫した後は、船で竹富島周辺へ移動してシュノーケリングタイム。シュノーケルポイントの周辺は、100種類を超えるサンゴが生息するエリア。マリンブルーの海に潜れば、万華鏡のような美しい世界が待っています。海の中では、クマノミなど水族館で見るような鮮やかな魚たちと出会うことができますよ。

    よく出会えるのは、クマノミ、チョウチョウウオ、ルリスズメダイ

    シュノーケリングは3歳以上であれば、どなたでも参加OK。インストラクターが器材の使い方からコツまで丁寧にレクチャーしてくれるので、初めての方も子供も安心して挑めます。運が良ければ、ウミガメやマンタにも出会えるかもしれません。

    幻の島上陸+シュノーケリング

    • 運営会社:有限会社ぷしぃぬしま
    • TEL:0980-88-6363
    • 集合場所:ぷしぃぬしま石垣店
    • ツアー料金:大人(12歳以上)8,000円(税込)、子供(3歳〜11歳まで)6,000円(税込)、幼児無料
      ※GW・お盆は、各2,000円アップとなります。
    • ウェブサイト:有限会社ぷしぃぬしま

    美ら島ホッピングパス

    石垣島から一番近い竹富島は、約10~15分。一番遠い波照間島でも約1時間で行くことができる
    水牛車がのどかに通り、赤瓦の伝統的な琉球家屋が並ぶ「竹富島」

    石垣島を拠点に、八重山の島々を結ぶフェリー便に3日間・最大5区間(※)まで乗船可能な美ら島ホッピングパス。沖縄の原風景が残る「竹富島」、ドラマ『ちゅらさん』の舞台になった「小浜島」、美しい夕日や星空が楽しめる「西表島」、有人島日本最南端の「波照間島」など、気になる離島を目指して、島から島へ気軽にアイランドホッピングを楽しむことができるのが魅力です。

    • 利用初日から連続でご購入頂いた3日間で、最大5区間(片道1区間)が乗船可能となります。
    有人島としては、日本最南端の「波照間島」にある石碑

    乗船できる航路は、石垣島、竹富島、小浜島、黒島、西表島、鳩間島、波照間島を繋ぐ安栄観光の観光定期便(貨物船除く)。石垣島港からの各島への往復がメインとなりますが、美ら島ホッピングパスがあれば、旅のプランや選択肢がぐんっと広がるはず。

    風を受けながら景色を眺めていると、珍しい生き物に出会えることも!?

    ただの “移動手段” とあなどることなかれ。海上からでも地面が透けて見えるほどの透明度の高い海、海からみる陸の景色など……。船の上からしか見られない景色を堪能できるのも、おすすめポイントです。子供と一緒に、絶景や生き物を探してみるのも楽しいひとときです。

    美ら島ホッピングパス

    • 運営会社:有限会社 安栄観光
    • 出発・集合場所:安栄観光乗船カウンター
    • 料金:大人(12歳以上)10,000円(税込)、子供(6〜11歳)5,000円(税込)、幼児無料(ただし、大人1名につき1名まで)
      ※別途、燃料サーチャージが必要

              

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ×

    「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。