コンテンツへ

    掲載日:2022.08.23

    キャンプ女子&初心者キャンパー必見!関東近県のキャンプ場3選

    【新潟】広大なスノーピーク直営キャンプ場

    キャンプ場の広さは約5万坪。テントが密集することはなく、快適なキャンプが楽しめる

    キャンプ好きによるキャンプ好きのために生まれたフィールド。それが、新潟県燕三条にある「スノーピーク ヘッドクォーターズキャンプフィールド」です。

    牧場として拓かれた広大なエリアは、天然の芝に覆われ快適そのもの。
    天気の良い日には、日本三百名山の1つ「粟ヶ岳」や、越後屈指の名峰に数えられる「守門岳」を一望することができる眺望の良さが魅力で、夜は真っ暗になることから天体観測ファンにも人気があります。

    世界的にトップレベルの品質を誇るスノーピークのテントがレンタルできる

    人気を集める理由の1つが、レンタルアイテムがすべてスノーピークブランドであるということ。
    テントやタープといったアイテムは購入前に実際に試してみたいもの。
    そうした希望が叶うのは、スノーピーク直営のキャンプ場ならではです。

    もちろん、気に入ったアイテムは併設の「ヘッドクォーターズ ストア」で購入が可能。
    スノーピークの商品がほぼ全て揃っていて、ここでしか手に入らない限定アイテムもあり、全国からスノーピークファンが訪れます。

    手ぶらキャンププランは1組5名まで1泊49,500円(税込)。家族連れにも人気
    画像提供:PIXTA

    キャンプ女子や初心者にうれしいのが、キャンプサポートプログラムが付いた「手ぶらキャンププラン」。
    テントやシュラフ、テーブル、椅子、キッチンセットにランタンなどキャンプに必要な道具は全てレンタルで用意され、設営や撤収、道具の使い方に至るまで丁寧にレクチャーしてもらえます。

    自分たちで用意するのは、食べたい食材(朝晩)・飲みたいドリンク、そして防寒着や雨具のみ。
    初めてのキャンプで不安がある方や、道具の使い方を覚えたい方は、このプログラムを利用すると便利です。

    天井にずらりと並べられた薪が圧巻。隈研吾氏の世界観が詰まっている

    2022年初夏には、敷地内(本社およびキャンプ場を併設する15万坪のエリア)に、「フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ」が誕生。
    スノーピークが掲げる、アウトドアを通した人間らしい暮らしを提案する「未来構想プロジェクト」の一環によるもので、丘陵地の起伏を活かした美しい建物は世界的建築家・隈研吾氏が設計。

    他に類を見ない美しい建物は、ナラの薪を1.5万本つかった天井など、インテリアのひとつひとつに、キャンプの心を表現しているのがポイントで、館内には大浴場やサウナ、レストランなど、キャンプ時間を豊かにしてくれるサービスが揃っています。

    せっかく旅をするなら、移動がもっと楽しくなるおすすめのアプリ「ANA Pocket」をぜひダウンロードして。移動するたびにポイントが貯まり、貯めたポイントで「ガチャ」を回して航空券やANAマイルが当たるゲーム感覚のアプリです。

    泉質は低張性・弱アルカリ性の単純温泉で、やわらかな肌あたりが特徴

    キャンプ場にも清潔なシャワールームが用意されていますが、温浴施設がオープンしたことで、より快適になりました。
    ちなみにこちらの「フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ」には、地元の天然温泉「雪峰温泉」を引湯。
    露天風呂はもちろん、内湯や洗い場、サウナのすべての場所から、新潟の自然を眺めることができます。
    キャンプの疲れをここで癒すのもおすすめです。

    なお、キャンプ場へはJR燕三条駅から車で約40分ほど。
    事前にレンタカーを予約しておくのもおすすめです。

    スノーピーク ヘッドクォーターズ キャンプフィールド

    • 住所:新潟県三条市中野原456
    • TEL:0256-41-2222(9:00~19:00)
    • 利用時間:チェックイン9:00~、チェックアウト~12:00
    • 基本利用料:宿泊大人1名1,650円、小学生550円(ともに税込)
    • スパ利用料(タオルセット込み):大人1,600円、子供(12歳未満)1,100円(ともに税込)
    • ウェブサイト:スノーピーク ヘッドクォーターズ キャンプフィールド

    おわりに

    いかがでしたか?
    本格的なキャンプは敷居が高い、というキャンプ女子にも行きやすい、きれいで便利なキャンプ場が多くあるので、自分が過ごしたいアウトドアをイメージして探してみてください。

    • 記載の内容は2022年6月現在の情報です。変更となる場合があるのでご注意ください。
    • 写真はすべてイメージです。
    ライター:わぐり めぐみ

              

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ×

    「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。