コンテンツへ

掲載日:2022.07.20

夏休みにもぴったり。淡路島の穏やかな海で、思い出に残る釣りやSUPを体験!

四方を海に囲まれながら、京阪神地区からのアクセスもよく、一年を通じて観光・レジャーを楽しめる淡路島。南あわじ市の福良湾では、夏休みの思い出作りにもぴったりな釣り体験や海のレジャーを楽しめます。

神話の島と鳴門の渦潮

大鳴門橋の向こうに浮かぶ淡路島

瀬戸内海に浮かぶ島の中で最も大きい淡路島。古くは神話にも登場し、海をかき混ぜることで国を生み出したという、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)の二柱の神が、夫婦になったあと最初に作ったとも伝えられる島です。歴史ある島は、大阪、神戸などの都市圏からのアクセスもよく、今は自然豊かなレジャーアイランドとしても大きな魅力があります。

島の名物でもある鳴門の渦潮は、古くから変わらない自然の力を感じさせる

淡路島を訪れるならレンタカーが便利です。ANAトラベラーズレンタカーなら、前日12:00まで予約でき、100円につき1マイルが貯まります。北の本州側からは明石海峡大橋、南の四国側からは大鳴門橋を渡ると淡路島ですが、大鳴門橋の徳島側にある「大鳴門橋遊歩道 渦の道」は立ち寄り所としても人気。海上45mに浮かぶ遊歩道からは、有名な鳴門の渦潮をのぞき込むことができ、「海をかき混ぜた」という国生み神話とこの島の繋がりがよくわかります(渦潮が見られるタイミングは季節や時間によりますので、詳しくは施設のウェブサイトで確認してください)。

夏におすすめの一大レジャースポット

「淡路じゃのひれアウトドアリゾート」は、大鳴門橋からも近い福良湾のほとりにある

そして、大鳴門橋からも近い福良湾には、これからの夏休みの旅先にもぴったりな、様々なアウトドアレジャーを一ヵ所で楽しめる場所があります。「淡路じゃのひれアウトドアリゾート」は、釣り体験、食の体験、イルカとのふれあい体験、海上散歩(SUP)体験などが楽しめる体験型複合アウトドア施設。それぞれにビギナーでも安心な体験コースが用意されていて、コテージ泊やオートキャンプもできます。

イルカとのふれあいは子供たちにも人気。プランにより一緒に泳ぐこともできる
山側は緑が多く、農作業体験や乗馬体験もできる

高級魚のマダイ釣りを気軽に体験

穏やかな湾内に設置された釣り用のイケス

釣り体験ができる「淡路じゃのひれフィッシングパーク」は、山と海に囲まれた波静かな湾内に浮かぶ巨大な海上釣り堀で、初心者や家族連れに人気な「ファミリーコース」では、ふらっと手ぶらで立ち寄っても気軽に釣りが楽しめます。イケスに常時放流されているのは、食べても美味しい高級魚のマダイ。1人3尾まで釣りをして、釣った魚はすべて持ち帰ることができます。釣りに必要な道具やエサも、もちろん現地ですべて調達OK。受付時にスタッフが使い方を教えてくれるので、初めての人でもマダイのダイナミックな引きを体験できます。

道具はすべて借りられるので、初めてでも気軽に魚釣りを楽しめる
写真提供:Hapyson
マダイは淡路島の名産の1つ。食べてもとても美味しい
釣りを終えたら海を眺めながら気持ちよく食事。淡路島産食材のパエリアなどメニューも豊富

釣った魚は併設のレストランで調理してもらって食べることや、バーベキュー場で焼いて食べることもでき、淡路島のきれいな海を眺めながら、自分の釣った魚を友人や家族と一緒に楽しめば、楽しさがさらに増します。また、持ち帰りたい分の魚は、食べやすい切り身にしてもらうこともできるので、夏休みの子供たちの「食育」体験にもぴったりです。

穏やかな海に浮かぶSUP

立って漕いだり、座って休んだり、SUPは体力に合わせて楽しめる

また、海の気持ちよさを味わうなら、大きなサーフボードの上に乗って、ゆらゆらと波の上に浮かぶSUP(サップ)も面白い体験です。当地は防波堤のある内海で波や風の影響を受けにくく、専属のガイドもしっかり付いて、子供から大人まで無理せずチャレンジできます。SUPは立ったまま漕いだり、座って湾内を探索したり、寝転んでのんびりくつろいだり、楽しみ方も自由。足もとに魚が見えることも珍しくなく、海上ではガイドが記念写真を撮って、その日のうちにデータでプレゼントもしてくれるので、思い出作りにもぴったりです。

SUPは愛犬と一緒に乗ることもできる
福良湾のしらす干し風景。生も人気だが、釜茹でしたしらす干しも味が深い

そんな淡路島は、アウトドアレジャーだけでも、1日や2日では遊びきれないほどですが、グルメも充実しています。古来「御食国(みけつくに)」と呼ばれ、島でとれる豊かな海産物を都の朝廷に献上してきましたが、現在はマダイ、ハモ、タチウオ、シラスなどの四季折々の魚に加えて、名産のたまねぎ、淡路牛など他のブランド食も注目されています。ドライブを兼ね、島内のレストランを巡ってみるのもおすすめ。地元食材を味わえる島内のお店は、ANAグルメマイルでも検索できるので、ぜひチェックしてみてください。

淡路島の魅力を自宅で楽しむなら、「ANAのふるさと納税」を。
鱧や穴子、産直野菜に淡路島手延そうめんなど、おいしい返礼品が楽しめます。

淡路じゃのひれアウトドアリゾート

  • 住所:兵庫県南あわじ市阿万塩屋町2660
  • アクセス:神戸空港から車で約1時間半、大阪(伊丹)空港から車で約2時間、徳島空港から車で約40分。
  • 問い合わせ:電話による問い合わせはそれぞれの体験施設へ
    ドルフィンパーク TEL:0799-50-3353(9:00~17:00)
    フィッシングパーク TEL:0799-52-4477(8:00~16:00)
    SUP TEL:0799-20-7770(9:00~17:00)
  • ウェブサイト:淡路じゃのひれアウトドアリゾート

<淡路島の他の釣り情報>

淡路島の釣りの魅力はこちらでも紹介しています。

  • 記載の内容は2022年6月現在の情報です。変更となる場合があるのでご注意ください。

文・写真:つり人社

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る