コンテンツへ

    掲載日:2023.03.31

    【福岡グルメ】働く人の出張めし。必ず食べるべき地元限定グルメ4選

    出張の楽しみといえば現地でのごはん。地元の穴場や名店のグルメにありつけたらなお最高。そこで、忙しいビジネスパーソンに代わり出張先の昼&夜ごはんをナビゲート。今回は、福岡の絶品出張めしをご紹介。

    地元名物を思う存分堪能、豪快ランチ2選

    豚骨ラーメンやうどんをはじめ、手軽に食べられる地元名物が充実する福岡。定番グルメも魅力的ですが、頻繁に福岡を訪れる出張族ならば、定番以外の選択肢も揃えておきたいもの。そこで今回は、腹ペコなビジネスマンを満たしてくれる、ボリューム満点の絶品ランチをご紹介。福岡ならではの、豪快でコストパフォーマンスが高い男飯ランチを紹介します。

    「びっくり亭」の焼肉鉄板

    創業昭和38年の年季の入った看板が目印

    全国においしい焼肉店は数多ありますが、福岡で「焼肉」と言えば真っ先に挙がるのが「びっくり亭」です。焼肉と言っても、網の上で肉を1枚ずつジュージュー焼くのではなく、熱々の鉄板皿に盛られた肉をキャベツと一緒に食べるというスタイル。福岡県人にとって焼肉=鉄板であり、これを広めたのが“焼肉鉄板”の発祥「びっくり亭」なのです。

    通し営業で、ランチタイムを過ぎても続々と客が訪れる

    昭和38年、南福岡で誕生した「びっくり亭本家」。場所は「南福岡」駅のすぐそばで、色褪せた看板がその歴史を物語っています。入店すると、たちまち鼻をつくのが食欲をそそるニンニクの香り。ローカル感漂う昔ながらの大衆食堂の雰囲気とあいまって、これから対面するご当地B級グルメへの期待がおのずと高まります。

    「焼肉1人前」900円、ご飯(小)150円、味噌汁100円(すべて税込み)

    メニューは「焼肉」1つのみ。1人前、1人半前、2人前、3人前から選べますが、1人前で150グラムとなかなかのボリュームです。具材は豚肉のハラミとキャベツのみで、鉄鍋で炒めた肉とキャベツに、たっぷりのニンニクと塩と独自の調味料を絡めた秘伝のレシピで味付け。熱々の鉄板の上で、ジュージューと音を立てながら運ばれてくる焼肉のパンチの効いたニオイだけで、ごはんがすすみます。

    このジェンガのような木の棒を…
    下に挟んで斜めに傾け…
    脂を溜めて辛味噌を溶かします

    さっそく「いただきます」とお箸を取ろうとすると、その脇にジェンガのような木の棒を発見。実はこれ、「びっくり亭」の焼肉をおいしく食べるための必須アイテムなのです。この木の棒を鉄板の片方の下に挟んで傾かせ、脂が溜まった所に特製の辛味噌を溶かして「タレ」を作り、そこに焼肉を絡めていただくのがここでの流儀だそう。

    一口頬張ると、ガツンと口に広がるニンニクの風味と肉のうまみに食欲が加速。ほんのり焦げたキャベツも脂とタレを吸っていい塩梅で、肉と双璧のバランスに。堪らず白米をかき込めば、焼肉と白米の無限ループに突入。たっぷりのボリュームも、無我夢中であっという間に平らげてしまいました。

    辛味噌ダレを絡めた焼肉と白米との、抜群の相性たるや

    働く人にパワーと幸せをもたらす鉄板焼肉。これぞ、至高の“庶民の味”と言えるでしょう。「びっくり亭本家」は天神近くの赤坂店もあるので、仕事の合間に福岡スタイルの焼肉でスタミナをつけてはいかがでしょうか?

    びっくり亭本家

    • 住所:福岡市博多区寿町2-8-12
    • 電話番号:092-571-0692
    • 営業時間:11:15〜23:30(L.O.23:00)/木曜休
    • ウェブサイト:びっくり亭本家

    「うお田」の明太いくら玉子焼き丼

    昔ながらのソウルフードに続いて、次に紹介するのは博多の新名物として注目されているグルメ。博多には名物の明太子が主役のグルメがたくさんありますが、その明太子と豪華食材がコラボした贅沢丼が話題の「博多シーフード うお田」へ。

    内観は「かき小屋」をイメージ。天然木をふんだんに使った、温かみのある雰囲気が広がる

    こちらの店は、水炊きの有名店「とり田」の新業態として2019年にオープン。なぜ水炊きの店が魚料理の店を? と理由について尋ねると、「『とり田』は、水炊きをはじめとする九州の郷土料理の継承がコンセプトですが、代表の実家が魚屋ということもあり、漁場が豊富な九州の海の恵を伝えたいとの想いで『うお田』が誕生しました」と、広報の奥津さん。

    そもそもは九州で水揚げされた鮮魚をふんだんに乗せた、「海鮮丼」を名物として掲げていた同店。ところが、強烈なビジュアルがSNSで話題になり、今や「うお田」の代名詞となり変わったのが、今回紹介する「明太いくら玉子焼き丼」です。

    「明太いくら玉子焼丼」1,980円(税込)。平日でも180食以上売れる看板メニュー

    驚くのは、別名“痛風丼”と呼ばれる大胆豪華なそのビジュアル。たっぷり敷き詰められたイクラの上に、大きな出汁巻き玉子がドーンと1枚、その上に太い明太子をどかっと1本乗っけた「卵」オンパレードの盛り付けに目を奪われます。

    玉子焼きは1枚1枚銅板で手焼きし、明太子は丼のサイズに合わせた大きさを厳選し、香り高い唐辛子と風味豊かな鰹出汁で調合した独自の味付けというこだわりぶり。具材の下に敷き詰められたごはんは、300グラムとたっぷり。日によって佐賀産の「さがびより」福岡産の「元気つくし」の特A米を使い分け、味もボリュームも申し分ありません。

    あっさりとした宮崎県西米良のサーモンといくらが共演。「九州サーモンいくら丼」2,155円(税込)

    いくら、出汁巻き、明太子それぞれをおかずに食べるのもいいですが、プチプチと弾ける魚卵と出汁香る玉子焼きの、三位一体の贅沢な味わいは昇天もののおいしさ。さらには、ごはんと味噌汁はおかわり自由という嬉しいサービスで、“映え”より“食べ応え”重視の男性にも大人気です。

    開店後からピークタイムは行列ができるため、訪れるなら遅めのランチタイムがおすすめ。夜の居酒屋営業でも、「明太いくら玉子焼丼」をいただけます。話題性も抜群の博多らしい名物丼を食べに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

    博多シーフード うお田

    • 住所:福岡県福岡市博多区博多駅前2-8-15三井ガーデンホテル福岡祇園 1階
    • 電話番号:050-3184-0920
    • 営業時間:朝食7:00〜9:00ランチ11:30-16:00(15:00L.O.)ディナー18:00〜23:00(22:00L.O.)/無休
    • ウェブサイト:博多シーフード うお田

    見た目も味もパワフルで絶品な新旧の福岡名物。どちらも満腹になるボリュームで、午後からの仕事もはかどること間違いなし。後半は、地元のおいしいもの好き・酒好きの大人たちに愛される、通好みの酒場を紹介します。

              

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ×

    「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。