デリー

パスポートやビザ、時差、気候と服装、通貨、電圧と電源(プラグの形状)、祝祭日、市内交通などの旅に役立つ基本情報をご案内します。
時刻表や機内サービスなどのフライト情報、海外航空券の運賃・予約・購入情報、その他旅に役立つ情報もご用意しています。

掲載している内容は2020年5月15日時点の情報です。
また「ビザ」「パスポート」の情報は、日本国籍の方を対象としたご案内です。
急な変更も予想されますので最新情報は大使館等の公的機関にご確認ください。

入国とビザ

ビザ

日本人のインド入国にはビザが必要。渡航目的に応じて必要なビザは異なるが、観光の場合、1〜5年有効なeビザや1ヵ月有効のアライバル・ビザなどがある。

パスポート

残存有効期間がビザ申請開始時に最低6ヵ月以上あり、査証欄の余白が2ページ以上あること。

  • 最新情報は在インド日本大使館のサイトで必ず確認。
  • ビザ・パスポート等の情報は予告なく変更されることがある。必ず大使館、領事館または旅行会社で確認。

検疫

日本からインドへの渡航の際、以下の持ち込みが禁止されている。

  • a:肉および肉製品全般
  • b:水産物および水産加工品
  • c:卵製品
  • d:乳製品
  • e:ペットフード
  • f:鳥の羽、豚の毛で作られたもの
  • g:骨や角の加工品
  • h:植物、種子、果実、生花
  • i:生きている鳥、動物(ペットを含む)
  • j:絶滅に瀕する植物、動物(生死にかかわらず)
  • k:野生動物を使った製品
  • 個人用の少量の食品などは、原則として正式な許可を受けていなければ、没収される可能性あり。

税関

電子たばこの持ち込み

持ち込み禁止。2019年9月、インド政府は電子たばこの生産・販売・輸入を全面禁止。外国人も罰則の対象となる。

免税タバコの持ち込み、所持について

  • たばこ100本または葉巻25本、もしくは刻みたばこ125g
  • 酒は種類にかかわりなく2Lまで
  • Rs8000相当以下の贈答用の品
  • 以上の物は、インド国内で自分が使う(もしくは人にあげる)ことを前提に無税で持ち込める。したがって出国時にはなくなっていてもよい。また、インド国内で使用し、帰国時に持ち帰ることを前提に無税で持ち込める物は、旅行中に必要な身の回りの品であり、かつ新品でない(使用された)物であることが条件となる。

時差とサマータイム

時差

日本より3時間30分遅れ。日本の正午は、インドの8:30。サマータイムは採用していない。

気候

気候

一般的にインドの旅のベストシーズンとされるのは10〜3月頃。この時期は乾季なので、雨具はいらないし移動も楽。インドが初めての人にはいい。ただし、南は暑いが、デリーなど北部では12〜1月の夜はかなり冷え込む。また、北インドの1月は濃霧で観光や交通に支障をきたすことも。7〜8月は雨季だが、ヒマーラヤ山間の聖地を歩くならベストシーズン。

東京とデリーの平均最高気温・平均最低気温
東京の平均最高気温 東京の平均最低気温 デリーの平均最高気温 デリーの平均最低気温
1月 8℃ 2℃ 20℃ 7℃
2月 9℃ 2℃ 22℃ 10℃
3月 13℃ 5℃ 28℃ 16℃
4月 18℃ 10℃ 35℃ 23℃
5月 23℃ 15℃ 39℃ 26℃
6月 25℃ 18℃ 39℃ 28℃
7月 28℃ 23℃ 33℃ 28℃
8月 31℃ 24℃ 32℃ 26℃
9月 27℃ 21℃ 33℃ 25℃
10月 20℃ 14℃ 32℃ 19℃
11月 17℃ 8℃ 26℃ 12℃
12月 11℃ 4℃ 21℃ 8℃
東京とデリーの平均降水量
東京の平均降水量 デリーの平均降水量
1月 50mm 20mm
2月 60mm 20mm
3月 100mm 10mm
4月 130mm 10mm
5月 140mm 10mm
6月 170mm 60mm
7月 130mm 200mm
8月 140mm 200mm
9月 210mm 130mm
10月 190mm 20mm
11月 90mm 0mm
12月 50mm 10mm

通貨と為替レート・税金・両替・チップ

通貨と為替レート

使用通貨はルピーRupee(Rs)とパイサーPaisa(P)。ヒンディー語ではルパヤーRupaya(複数はルパイェーRupaye)、パイサーPaisa(複数はパイセーPaise)。Rs1=P100。2020年5月1日現在、Rs1は約1.4円。新紙幣はRs10、Rs20、Rs50、Rs100、Rs200、Rs500、Rs2000の7種類。現在鋳造されている硬貨はP10、P20、P50、Rs1、Rs2、Rs5、Rs10の7種類。ただし、Rs1とRs2、Rs5の紙幣とP5~P25の硬貨もわずかながら流通しているが、ほとんど使われていない。

税金

2017年7月に物品サービス税(GST)が導入された。税率は商品の種類により0%、5%、12%、18%、28%が課税される。また、アルコールなど品物によっては、GST以外の税金がかかることもある。ホテルでは宿泊料がRs1000以上の場合税金がかかる。

チップ

  • ホテル:ホテルで荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼んだりしたときにはチップを渡したほうがマナーとしてスマート。目安としては、中級ホテルでRs30、高級ホテルでは荷物1個につきRs40~50程度。
  • レストラン:レストランではサービス料が含まれている場合は不要だが、そうでない場合は5~7%程度。ただし、庶民的なレストランではおつりの小銭を置けばよいし、それも必ずというものではない。
  • ドライバー・ガイド:個人で手配したガイドには客ひとりにつきRs100~が相場。ドライバーは丸1日の場合はRs300〜500程度、半日ならRs100〜が相場。

電圧とプラグ

電圧

220~240V、50Hz。プラグのタイプはB3、BF、B、Cタイプが主流。

ビデオとDVD方式

ビデオとDVD方式

DVD、BD購入時は放送方式(日本はNTSC/インドはPAL)とリージョンコード(日本はDVDが「2」、BDが「A」/インドはDVDが「5」、BDが「C」)に注意。PAL再生にはNTSCへ変換のできる再生機が必要。コードはソフトとプレーヤーを一致させるか、いずれかがオールリージョン対応なら再生可。

郵便

郵便

郵便料金

日本へのエアメールは、絵ハガキならRs15、手紙はRs25。届くまでの日数は、航空便で4日~10日。

郵便局の営業時間

一般的に9:00~17:00で、日曜は休みの場合が多い。

電話

電話の掛け方

インドから日本へ

例 : (03)1234-5678または090-1234-5678へかける場合
STEP1

00(国際電話識別番号)

STEP2

81(日本の国番号)

STEP3

3または90(市外局番と携帯電話の最初の0を除いた番号)

STEP4

1234-5678(相手先の電話番号)

日本からインドへ

例 : デリー(011)87654321へかける場合
STEP1

国際電話会社の番号

  • 001(KDDI)*1
  • 0033(NTTコミュニケーションズ)*1
  • 0061(ソフトバンク)*1
  • 005345(au携帯)*2
  • 009130(NTTドコモ携帯)*3
  • 0046(ソフトバンク携帯)*4
STEP2

010(国際電話識別番号)

STEP3

91(インドの国番号)

STEP4

11(市外局番の最初の0を除いた番号)

STEP5

87654321(相手先の電話番号)

  • *1.「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。詳細はマイライン(www.myline.org)
  • *2.auは005345をダイヤルしなくてもかけられる。
  • *3.NTTドコモは事前にWORLD WINGに登録が必要。009130をダイヤルしなくてもかけられる。
  • *4.ソフトバンクは0046をダイヤルしなくてもかけられる。
  • 携帯電話の3キャリアは「0」を長押しして「+」を表示し、続けて国番号からダイヤルしてもかけられる。

祝日・祭日

祝日・祭日

全国的な祝祭日のうち、法律で定められた公的な祝日は以下の3日のみ。これ以外に宗教や州ごとにさまざまな祝祭日がある。

2020年

  • 1月26日 共和国記念日
  • 8月15日 独立記念日
  • 10月2日 ガーンディー生誕日
  • 1月26日と8月15日はクローズする見どころが多いので注意

言語

言語

ヒンディー語が公用語で、英語は補助公用語。他に憲法公認の22の州の言語と844の方言がある。

ビジネスアワー他

ビジネスアワー

一般的な営業時間は次のとおりだが、あくまでも目安であり、店によって異なる。

銀行

10:00~16:30(土曜は~14:00)、日曜と祝日はクローズ。

デパート、ショップ

10:00~19:00、休日は店によってさまざま。

レストラン

11:00~23:00(15:00~18:00頃にはクローズするところもある)。

飲酒

イスラーム教は飲酒を禁じており、ヒンドゥー教徒も飲酒をあまり好まない。しかし各町には酒屋があり、ライセンスをもつレストランやバーで飲むことはできる。ただしグジャラート州、ビハール州、ケーララ州、マニプル州、ナーガーランド州では禁酒法が施行されており、アルコールの販売などが禁止または制限されている。また、禁酒法がない州にもドライデー(禁酒日)があり、この日は酒類を一切販売しない。ガーンディーの生誕日や独立記念日など、特定の祝祭日は国全体で禁酒が行われる。また、全国の主要道路や鉄道駅などから500m以内でのアルコールの提供は禁止されており、ヒンドゥーの聖地でもアルコールの販売制限がある。

喫煙

インドでは公共の施設での禁煙法が施行されている。対象となる場所は空港のラウンジ、ホテル、レストラン、カフェ、バー、駅、バス停、ショッピングモール、映画館、病院、学校など。違反者にはRs200の罰金が科せられる。ただし喫煙エリアが設けられている場所は、公共の場所であっても喫煙可能。

情報提供:旅行・観光の 地球の歩き方
Copyright (C) Globe-Trotter Media Partners Inc. All Rights Reserved.
Copyright (C) Diamond-Big Co., Ltd. All Rights Reserved.