コンテンツへ

「食」が「歴史」が熱い!
御食国(みけつくに)淡路島の魅力をみつけに行こう

うずしお(イメージ)

淡路島案内

関西で大人気の淡路島は、四方を海に囲まれ温暖で日照時間が長いという恵まれた自然環境と、たゆまぬ人々の努力・創意工夫で数々のグルメがブランド化し、今やその人気は完全に全国区です。日本最古の古事記に国生み神話の舞台として記載されているロマン溢れる歴史や、伝統産業・絶景・癒しの温泉とともに充実の旅を体験しませんか。

アクセス

羽田空港から徳島空港まで約1時間15分。徳島空港から淡路島まで車で約30分。淡路島へは徳島空港から!

淡路島の食について

皇室・朝廷に海水産物を中心とした御食料を貢いだ国「御食国(みけつくに)」として知られる淡路島。海に囲まれた島だからこそ味わえる新鮮な海産物から畜産、野菜、果物に至るまで季節の度に訪れたい旬を堪能してください。

淡路島の南端、福良湾。鳴門海峡の激流が生み出すミネラル豊富で水温の低い天然の漁場で育った「淡路島3年とらふぐ」。養殖は通常は2年で出荷しますが国内産の稚魚のみを三年の歳月をかけ、大切に育てる事で、より引き締まった身・肉質量ともにひと味ちがう濃厚な旨味・歯ごたえ・コクと絶品を極めました。

ヤマメが川から海に下り、海で育つことにより銀化したサクラマス。天然のサクラマスは「幻」と呼ばれるほど希少ですが、福良湾では遂に養殖に成功しました。養殖の専門家の間では「サケ・マス類の中で一番美味しい」と言われるほどその身の美味しさには定評があります。 3月~5月限定で、地元のホテルや宿、飲食店の料理人達が各店それぞれに腕をふるって作った、島の旬素材と共演する多彩な春の創作料理を満喫してください。

「梅雨の水を飲んで育つ」と言われる夏の鱧は、身が太り脂がのってひときわ美味しさを増します。その身は淡白で、湯引き、天ぷら、蒲焼きとどんな食べ方でも楽しめます。その中でおすすめの食べ方は「はもすき」。旬の鱧と淡路島産たまねぎを使った、淡路島特有の食べ方です。

淡路島えびす鯛は、淡路島の漁港で水揚げされた天然鯛の総称です。島周辺は3海峡を中心に、潮の流れが良く鯛の餌となるカニやエビが多く生息しており、且つ潮の流れが速いので、鯛の運動量が多く、筋肉質で身が締まっていて脂がのった旨みがある良質の鯛が漁獲されます。淡路島で鯛は通年とれますが、特に越冬前の9月~11月(通称紅葉鯛)は脂がのった一番おいしいといわれる季節です。

ANAオリジナル おすすめ観光ルート

戻る
進む

おすすめホテル

淡路島の東海岸にそびえるホテルニューアワジは全客室から紀淡海峡や大阪湾を一望する絶好のロケーション。洲本温泉と自家源泉のにごり湯の二つの源泉を愉しむことができます。

淡路島の東海岸「古茂江海岸」に臨む淡路夢泉景。爽やかな朝陽を眺め、夜には満天の星空を仰ぎながら、優雅なリゾートライフをお過ごしください。

淡路島の西海岸、松籟と波の音を間近に感じる浜辺の離宮。淡路島の海と大地で育まれた滋味溢れる季節の食材の数と肌がすべすべになる湯ざわりの温泉で心も身体も癒されます。

森と暮らすホテルの心地よいくつろぎ。都会からわずか数十分、豊かな自然と共存する新しいかたちのリゾートホテルです。

穏やかな海が続く淡路島東海岸。異国情緒を感じるマリーナに臨む「海のホテル 島花」。そこはゆるやかな時間が流れ、上質なひとときが過ごせる海と空に近い場所。豊かな自然に囲まれて心と身体が満たされるリゾートステイを。

目の前に白砂青松の大浜海岸が広がり、背には三熊山がそびえる自然に囲まれた湯浴みの宿夢海游 淡路島。淡路島の恵みをゆくまでご堪能ください。

美しい自然の中で見ることのできる癒しの風景と、緩やかに流れる時間。今、ここにいることの幸せを感じられる南淡路の楽園が、あなたの極上の休日をお約束いたします。

鳴門の渦潮観光で賑わう福良の町の中心から程よく離れた静かな小宿。 屋上露天風呂で療養泉・南あわじ温泉を愉み、湊町の風情漂うダイニングでは淡路島の文化・風土の中で育まれてきた島のキュイジーヌを。

兵庫県最南端に位置し、大鳴門橋を一望できるロケーション。地下1000mより噴き出す温泉露天風呂、サウナを備えた大浴場で心ゆくまでおくつろぎください。

  • 画像はすべてイメージです。