コンテンツへ

【北海道・阿寒湖の釣り旅】ボイルに釘づけ!

「北海道・阿寒湖」釣り旅の記録

SCENE 01
昔と変わらない森と水
SCENE 02
ボイルに釘づけ!
SCENE 03
釣りの素晴らしさとは?
SCENE 04
小春日和、ドラマの予感……
SCENE 05
道内最大のアイヌコタン、真ん丸のマリモ

“ボイルに釘づけ!”

阿寒湖を代表するトラウトは、アメマスとニジマスの2種。今となっては我が国で大変貴重になった完全ネイティブ(在来種)のアメマスは、金粉を散りばめたように輝いているのが阿寒湖ならでは。

野生のニジマスは秋が深まるにつれコンディションがよくなり、シルバーメタリックの魚体にレッドバンドがひときわ映える。
どちらも、80cmアップのワールドクラスが潜んでいる。

阿寒湖は北岸の禁漁区以外、どこでも釣りができる。とはいえ、限られた日程では陸続きのポイントを釣るより、渡船やボートフィッシングの方がトラウトに出会えるチャンスは増す。
そんなサービスが充実しているのも阿寒湖がゲームフィッシングのメッカたるゆえん。
まずは手始めにボートフィッシングにチャレンジ。

ガイドをお願いしたのは、フライフィッシングのエキスパートで、毎年のように80cmクラスをキャッチしている阿寒湖漁協理事の桶屋潤一さん。

秋と春は防寒対策を万全に
秋と春は防寒対策を万全に。
上下とも厚手のアンダーウエアを着用し、アウターは防水&防風性が高く、中綿入りの暖かい防寒ウエアが欠かせない。
また、長時間のウエーディングをふまえると、ウエーダーは保温力の高いネオプレーン性が望ましい
阿寒湖
キャスト後、ロッドは水平から下方向に構えて持つ
キャスト後、ロッドは水平から下方向に構えて持つとフッキングが決まりやすい

秋の阿寒湖では、ワカサギ漁が盛んに行なわれている。
その際、漁網から抜けたり、こぼれたりして衰弱したワカサギが釣果のカギを握っている。
特に水面を漂う瀕死のワカサギは、トラウトにとって食べやすい絶好のエサ。
それを模したルアーとフライが阿寒湖のヒットパターンのひとつになっていて、フライは「ドライワカサギ」などと呼ばれる。
また、水面に浮くワカサギが捕食されるようすを「ボイル」と言う。

有村さんは中禅寺湖で親しんだフライ、伊東はルアーで挑む。
これまでの豊富な経験をもとに、桶屋さんはボイルを捜しながらボートを操船する。

と、チャンスは突然、訪れた。ボートのやや沖めで、水面が沸騰するようなボイルを発見。
その荒々しい捕食シーンに目が釘づけになる。少し観察しているとボイルは2度、3度と起きる。
しかも、グッドサイズに違いない。
「あのボイルは釣れそうです。やってみてください」と桶屋さん。

水面を漂うワカサギにトラウトが襲いかかる
水面を漂うワカサギにトラウトが襲いかかる。
こんな刺激的な光景が目の前で繰り広げられたら、興奮しない人はまずいないだろう。
思わず「でた!」と声が出る
トンビ
鳶にさらわれるのは油揚げだけじゃない。
上空でワカサギを虎視眈々とねらっていた。
トンビなどの鳥が現われると魚は警戒するらしくボイルが止んでしまう

激しいボイルを間近にし、2人は興奮気味にキャストを始める。
ドライワカサギパターンの場合、ルアー&フライが着水したら余計なアクションを加えず、湖流にまかせて自然に漂わせるのが基本。
あたかも瀕死のワカサギが、ぷかぷかと流れるように……。

ルアーでねらう伊東
ルアーでねらう伊東。
ボイルがなくなった後は、10~14gのジグやジグミノー、スプーンなどを使い、タナを変えながらタダ巻きで探った
ボートフィッシングなら風光明媚な景色を湖上から眺められる
釣れなくても素晴らしいロケーションが心を満たしてくれる。ボートフィッシングなら風光明媚な景色を湖上から眺められるのもいい
使用タックル
使用タックル。上のフライはティムコ社製、ロッド『LOOPロッドクロスS1トラベルダブルCRO6122-6MF』12フィート2インチ6番、リール『オラクル』。
下のルアーはシマノ社製、ロッド『カーディフモンスターリミテッドTW80L』8フィート、リール『ステラ2500』
水面下の釣りをアドバイスしていた桶屋さんにヒット
水面下の釣りをアドバイスしていた桶屋さんにヒット。有村さんに負けず劣らずの美人なニジマスだった。阿寒湖のグッドファイターを見て、2人のヤル気は俄然高まった

ふと、有村さんの操るフライの周りが渦巻いたと思ったら「ガボッ」と水しぶきが上がってフライが消えた。「でた!」。
誰からともなく声が上がった直後、一瞬ロッドに緊張が走る。
が、惜しくもバラシ。確かに魚がフライをくわえた感触はあったが、掛かりが浅かったようだ。

その後も何度かボイルは見られたものの、ドライワカサギパターンを見慣れた阿寒湖のトラウトはなかなか手強い。
そうして、いつしかボイルは止み、今度は水面下を探る。
しかし、アタリがないまま正午を迎え、いったん湖畔に戻ることにした。

阿寒湖名物のワカサギ天ぷら
昼食は昭和40年創業の「郷土料理 奈辺久」で。
カラッと揚げられた阿寒湖名物のワカサギ天ぷらは甘みがあり、何尾でも食べられるほど美味
  • このコンテンツは、2016年1月の情報をもとに作成しております。
写真:津留崎 健

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る