コンテンツへ

掲載日:2022.02.21

山梨県・富士五湖周辺へドライブ旅。風光明媚な桜の季節に日本が誇る絶景を

富士山と桜が両方楽しめる山梨県・富士五湖周辺。羽田空港から山梨県・富士五湖周辺は車で2時間ほどと、都心からも気軽に出かけることができます。今回はドライブしながら一日で思う存分景色を楽しめるスポットをご紹介。色鮮やかな桜が富士山の落ち着いた雰囲気を際立たせます。

忍野八海周辺で趣深い春の景色を堪能

山梨県の忍野村にある、富士山の伏流水を水源とする湧水池をまとめて「忍野八海」と呼びます。かつては富士山に登る人々が、登山前に身を清めるために用いたと伝えられており、現在でも神秘的な雰囲気が漂う場所。その周辺には富士山と春の桜景色が一枚絵に収まるフォトスポットがいくつも存在しています。特に、ノスタルジックな風情が残る新名庄川に沿った桜並木と、その間から顔を出す富士山の姿は筆舌に尽くしがたい美しさです。時間を忘れて自然のエネルギーを感じ、心身をリフレッシュしましょう。桜の見ごろは4月中旬くらいです。

富士山に向かって流れる新名庄川とそこに架かる「お宮橋」が絶景スポット
画像提供:PIXTA

忍野八海

  • 住所:山梨県南都留郡忍野村忍草
  • TEL:0555-84-3111(忍野村役場)
  • 駐車場:周辺に有料駐車場あり
  • ウェブサイト:忍野八海

ご当地グルメ「吉田のうどん」で腹ごしらえ

少しお腹が空いてきたところで、昼食を食べに「元祖みうらうどん」へ。忍野八海周辺から県道717号経由で約20分。
山梨県といえば「ほうとう」が有名ですが、ここはあえて富士吉田市が誇るご当地グルメ「吉田のうどん」を召し上がってみてはいかがでしょう。打ち立てのうどんがワンコインで時間をかけずに食べられる「吉田のうどん」は、今でこそ市内に多くの店がありますが、「元祖みうらうどん」はその先駆け的な存在。太い麺はコシがありつつも固過ぎず、つるつるして食べやすいので、老若男女から長年に渡って愛されています。スープの決め手は味噌と醤油。味噌は地元のものを使用しています。無料ですりだねや揚げ玉をトッピングできるので、一杯でいくつもの味をたのしむことができるのも魅力です。

一番人気メニューの「肉うどん」(中・500円 税込)。うどんにのった馬肉とキャベツが特徴

元祖みうらうどん

  • 住所:山梨県富士吉田市下吉田1-22-5
  • TEL:0555-30-2377
  • 営業時間:10:00~14:00
  • 定休日:水曜日(祝・祭日は営業)
  • 駐車場:25台(無料)
  • 公式ウェブサイト:元祖みうらうどん

華やかな桜並木を歩きながら歴史に触れる

元祖みうらうどんから国道137号を経由して、走ること約20分。次は、冨士御室浅間神社へ向かいます。ここは富士山をかこむ富士五湖のひとつ、河口湖畔にある富士山最古の神社。ただでさえスピリチュアルな雰囲気が漂う富士山周辺、加えて神社という場所柄、日常とは少し異なる感覚で、ご神木である桜の木々に思いをはせることができます。表参道の大鳥居から続く桜並木が特に美しく、鮮やかな桜と厳かな境内の景色がきれいなコントラストを描きます。

境内へと続く桜並木。桜が最も美しいのは、毎年おおむね4月中旬ごろ
画像提供:PIXTA

冨士御室浅間神社

  • 住所:山梨県南都留郡富士河口湖町勝山3951番
  • TEL:0555-83-2399
  • 参拝料:無料
  • 営業時間:社務所(お守り・御朱印帳など)9:00~16:30(冬期16:00)
  • 定休日:年中無休
  • 駐車場:40台程度(無料)
  • 公式ウェブサイト:冨士御室浅間神社

通常の桜とはひと味違う、芝桜の絶景を堪能

その後は河口湖、西湖、精進湖、本栖湖と、富士五湖に沿って車を走らせ、富士本栖湖リゾートを目指します。ここでは、毎年4月中旬〜5月下旬にかけて「富士芝桜まつり」が開催されます。濃淡のピンク色をした約52万株の芝桜が、およそ1.6平方mの広大な敷地に絨毯のように咲き誇り、雄大な富士山を彩る様はまさに絶景! 通常の桜の奥ゆかしい美しさに酔いしれたあとならば、眼前に広がる圧倒的な花景色が一層鮮やかに映ることでしょう。

芝桜の見ごろは4月下旬〜5月上旬。竜神池前が一番のフォトスポット
画像提供:PIXTA

富士本栖湖リゾート

  • 住所:山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212
  • TEL:0555-89-3031
  • 入場料:未定(2021年は大人800円税込、子供250円税込、3歳未満無料)
  • 営業時間:8:00~16:00(予定)
  • 定休日:開催期間中無休
  • 駐車場:1,500台(有料)、富士急行河口湖駅から有料シャトルバスあり(期間中のみ)
  • 公式ウェブサイト:富士本栖湖リゾート「富士芝桜まつり」

各スポットはもちろんのことですが、そこに至る道中も楽しめるのがドライブ旅の醍醐味です。森や湖、山々の間を、自然のエネルギーを感じながら車を走らせれば、都会では決して得られない爽快感やダイナミズムを全身で味わうことができるでしょう。
また、桜の季節の後には爽やかな新緑の季節が訪れます。各シーズンによって移り変わる景色のすぐ近くを走り抜けることができるのもドライブ旅の魅力の一つです。

各スポットを楽しんだ後は、富士𠮷田市に戻ってテーマパークで遊ぶのもよし、ゆっくり温泉に浸るのもよし、そのまま雄大な富士山周辺を自由にドライブするのもよし、自分のスタイルに合わせて山梨の魅力を満喫しましょう。ANAの旅行プランも、ぜひご参考にしてみてください。

2022年の春・GW旅行おすすめ情報もご覧ください。

  • 記載の内容は2021年12月現在の情報です。変更となる場合があるのでご注意ください。
  • メインビジュアルの提供元はPIXTAです。
ライター:上垣内 舜介

春旅行に関連した記事

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る