コンテンツへ

    掲載日:2022.08.22

    私だけの秋を見つけに、富士山を望む秀麗な紅葉を愛でる旅へ

    富士山麓に位置する富士河口湖町は、朝晩の寒暖差が大きいことから紅葉の鮮やかさに定評があります。美しい紅葉が楽しめるスポットや、地元食材を生かしたフランス料理店、河口湖の森を感じる宿など、富士山を一望しながら秋を満喫できるおすすめスポットを厳選してお届けします。

    もみじが彩る富士河口湖町の秋を堪能

    河口湖湖畔の「もみじトンネル」から富士山を望む
    画像提供:PIXTA

    富士五湖のうち、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖を有する富士河口湖町は、日本屈指の絶景が楽しめるフォトジェニックな町。
    2017年の富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念事業の一環として環境省が選定・公開した「富士山がある風景100選」では、他市町村の中で最も多い22ヶ所が選ばれています。

    そんな富士河口湖町が美しい姿を見せるのは、10~11月の紅葉シーズン。
    燃えるように赤く染まるもみじやコキアと、冬化粧が始まり青白く輝く富士山の美しいコラボレーションを堪能することができます。

    富士河口湖町の紅葉を楽しむなら、ぜひ足を運んでほしいのが「もみじトンネル」。富士河口湖町大石付近の河口湖湖畔に、もみじの木がまるでトンネルのように並んでいる様は迫力満点です。

    赤く色づくコキアが、訪れる人の目を楽しませてくれる

    「もみじトンネル」からすぐのところにある「大石公園」では、10月下旬~11月にかけて、真っ赤に色付くコキアを楽しむことができます。
    雄大な富士山と河口湖、そしてコキアが織りなす絶景を目的に「大石公園」を訪れる人も多いのだとか。

    季節限定のこの風景を撮影したい場合は、晴れた日の早朝がおすすめ。
    天気予報をチェックして出掛けてみてください。

    60本のもみじが並ぶ「もみじ回廊」。夜間にはライトアップされる

    例年、河口湖湖畔の約500本のもみじが色付く10月下旬~11月下旬頃に「富士河口湖紅葉まつり」が開催されます。
    河口湖北岸の「円形ホール」周辺では、日没~22時までもみじのライトアップが行われ、幻想的な世界が広がります。

    また、紅葉まつりの会場周辺では食べ物の出店やクラフト市なども開かれるので、景色を楽しみながらのロマンティックな散策を楽しむことも。

    なお、「ANAのふるさと納税」では、富士河口湖町のふるさと納税も取り扱いがあります。秋の夜長を楽しめるグルメが揃っているので、ご覧ください。

    スポット情報

    富士山の麓で、クラシックな仏料理に舌鼓を

    ダニエル・パケ氏渾身のフレンチが楽しめる

    河口湖湖畔の美しい紅葉を堪能したら、ぜひ足を運んでみて欲しいのが富士レークホテル内のレストラン「Premier(プルミエ)」。
    フランス伝統の調理方法を基本に、富士山の恵みを受けて育った食材を使い、じっくりと手間暇をかけて作られる料理は、そのすべてが芸術的。

    フランス人シェフ、ダニエル・パケ氏の作る料理を目当てに、河口湖まで足を運ぶ人も

    厨房を率いるのは、フランス・ブレス地方生まれのダニエル・パケ氏。
    パリのホテル「プラザ・アテネ」等で経験を積み、来日しました。
    銀座の「マキシム・ド・パリ」や洋菓子店「ルコント」、ホテル椿山荘東京「カメリア」の総料理長を歴任した実力派です。

    ランチコース4,840円~(税/サービス料込み)の一例。旬の素材がふんだんに盛り込まれる

    ランチ・ディナーともに、ホテルに宿泊せずとも楽しめるのがうれしいもの。
    ディナー(9,680円~/税・サービス料込み)は完全予約制です。ランチタイムも混み合う為、予約をして行くのがおすすめ。
    料理に合うフランス産・山梨県産のワインもさまざまに揃えられています。
    窓の外に広がる雄大な眺望とともに、美しくおいしい料理を堪能してみましょう。

    7月にOPENしたばかりの「パン・ダニエル」

    おいしいフランス料理を堪能したら、富士レークホテルの向いにこの夏新店舗としてOPENしたばかりの「パン・ダニエル」へ。
    こちらはダニエル・パケ氏が監修するフランス伝統パンのお店で、総菜やスイーツ、輸入食材なども揃っています。

    クロワッサンやバゲット、カンパーニュといった食卓に欠かせないパンをはじめ、「プルミエ」特製のカレーを包んだ「パケのビーフカレーパン」など、ここでしか買うことができない逸品も。
    カフェが併設されているので、紅葉散策の途中に立ち寄って、おいしいパンとコーヒーで一息入れるのもいいでしょう。

    Premier(プルミエ)

    • 住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津1番地 富士レークホテル東館7階
    • TEL:0120-72-2209(富士レークホテル)
    • 営業時間:ランチ11:30~15:00(L.O.15:30)、ディナー18:00~21:00(最終入店19:00、要予約)
    • 公式ウェブサイト:Premier(プルミエ)

    森に身を委ねる癒しの宿「ふふ 河口湖」

    ホテルのロビーからは、富士山麓の自然が一望できる

    富士河口湖町に建つホテルの中でも、富士山の自然をより楽しむことができる贅沢な宿として人気を集めるのがこちら「ふふ 河口湖」です。
    「境界のない森のリゾート」と銘打たれた館内には、あふれんばかりの観葉植物や、自然素材を使ったオブジェが並び、まるで海外のおしゃれな植物園の中で過ごしているような気分に。

    4階コーナーに位置する「ふふラグジュアリープレミアムスイート」。岩盤浴も完備している

    お部屋はすべて、湖や森、そして富士山の雄姿を望むスイートルーム。
    各室に環境に優しいバイオエタノール暖炉と、オープンエアーで富士山の溶岩が敷かれた天然温泉が用意されているので、肌寒さを感じる富士河口湖町の秋の夜も、快適に過ごすことができることでしょう。

    木の温もりに包まれる「梢プレシャススイート」。部屋ごとにデザインが変わる

    「ふふ 河口湖」の見どころのひとつが、お部屋のインテリア。
    ひとつとして同じ部屋はなく、この地に眠っていた木や石など、森が育んだ自然の恵みが飾られています。
    お部屋やロビーなどさまざまな場所に飾られている写真や、緑にあふれるテラスも見どころ。
    チェックインをしたらゆっくりと館内を巡り、アーティスティックな時間を嗜みましょう。

    季節を感じる盛り付けが見事

    夕食・朝食は、日本の会席料理に河口湖の自然を掛け合わせた、美しく、おいしく、そして新しい視点から料理を楽しむことができるレストラン「山のは」で。
    “森の香りと、ときを味わうお料理”として、四季折々の地産食材を薪や炎、溶岩石を使って絶妙の味わいに仕上げた上質な和食がいただけます。

    野菜をふんだんに使った和朝食

    朝食は、竈で炊き上げたふわふわのごはんがメイン。
    味わいが濃厚な地養卵を使った玉子かけごはんや、地元産野菜を使ったごはんのお供が並びます。
    窓の外に広がる紅葉を眺めながらいただく食事は、まさに「ごちそう」そのもの。

    「ふふ 河口湖」だからこそ味わえる秋の魅力を、満喫してみてはいかがでしょうか。

    ふふ 河口湖

    • 住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口字水口2211-1
    • TEL:0570-0117-22(総合予約センター)
    • 公式ウェブサイト:ふふ 河口湖

    おわりに

    秋の旅行は美しい紅葉とグルメ、そして絶景を堪能しに富士河口湖町へ。
    晴天の日が多く、涼しく快適に過ごせる秋は、観光旅行におすすめです。
    ただし、紅葉時期は特に人気が高いため、早めの予約がおすすめ。
    旅のスケジュールが決まったら、レンタカーのご予約も忘れずに。

    • 記載の内容は2022年7月現在の情報です。変更となる場合があるのでご注意ください。
    ライター:わぐり めぐみ

              

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ×

    「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。