福岡県・柳川

釣りの原点に帰れる水路網。フナ・タナゴの楽園

ンコ舟が行き交う掘割

福岡県、筑紫平野の南部に位置する柳川は、南を有明海、西を筑後川、東を矢部川に挟まれている。江戸時代、町には柳川城を中心に縦横に掘割(水路)が張り巡らされ、これらは防備はもちろん、水上の交通機関として商業や生産業にも大きく貢献した。この掘割を今も行き交うのが名物のドンコ舟だ。舟頭が水竿を操る、ゆったりとした川下りが楽しめ、赤レンガの蔵やなまこ壁の蔵など情緒ある水郷景色を堪能できる。
掘割は民家の横を流れ、民家の庭には掘割に降りて作業ができるような階段が付いている。古くから住民と水との距離が近いことがよく分かる。この水路網にタナゴやフナといった魚たちが泳ぐのである。

行き交うドンコ舟の横でサオをだす。船頭の伸びやかな声が響いてくる

行き交うドンコ舟の横でサオをだす。船頭の伸びやかな声が響いてくる

  • 現在の割掘の周辺は市街地化された場所もあるが、魚は健在だ現在の割掘の周辺は市街地化された場所もあるが、魚は健在だ
  • 町の至るところで小魚が釣れる。それが柳川の楽しみ町の至るところで小魚が釣れる。それが柳川の楽しみ

彩な小魚の楽園

柳川はフナ釣りも楽しい。こんな牧歌的な景色が今もあちこちに残る

柳川はフナ釣りも楽しい。こんな牧歌的な景色が今もあちこちに残る

タナゴは日本に18種いるコイ科の小魚で、その多くは春に産卵期を迎える。柳川ではタナゴ類を総称して「ベンジョコ」と呼ぶ。「便所?」と驚く人もいるかもしれないが、実際は「紅(=ベニ)、雑魚(=ジャコ)」が訛ったものと思われ、産卵期になると鮮やかに色づくタナゴのオスの特徴から来ているらしい。
春から初夏は水路の各所でベンジョコが見られる。柳川にはアブラボテとヤリタナゴが最も多く、カネヒラも比較的出会える機会は多い。また九州にのみ生息するカゼトゲタナゴやセボシタビラも柳川で釣ることはできる。これらはすべてタナゴの仲間だ。また、フナやライギョ、当地でミズクリセイベイと呼ばれるオヤニラミ、さらにドンコ、ヌマムツ、カワムツ、オイカワ、イトモロコ、モツゴなどもいる。フナは「釣りはフナに始まり、フナに終わる」という言葉があるほど、日本人にはもともと馴染みの深い魚だが、最近は全国の川でコンクリートの護岸整備などが進み、フナが当たり前のように釣れる川がむしろ少なくなった。そうした中で、日本の原風景のような水辺が残る柳川では今もしっかりとフナが泳いでいる。人の営みが間近な水辺に、これだけの淡水魚が泳ぐ環境は全国的にも貴重なものだ。

  • この鮮やかなオスの体色がベンジョコとう名前の由来といわれるこの鮮やかなオスの体色がベンジョコとう名前の由来といわれる
  • タナゴ釣りの愛好者には、小さく収納できる竹製の和ザオを好む人が今も少なくないタナゴ釣りの愛好者には、小さく収納できる竹製の和ザオを好む人が今も少なくない
  • 婚姻色に染まったヤリタナゴ。柳川で最もよく見られるタナゴ類のひとつ婚姻色に染まったヤリタナゴ。柳川で最もよく見られるタナゴ類のひとつ
  • 掘割の各所には浅い場所があり、春になると産卵を控えたフナが数多く入って来る掘割の各所には浅い場所があり、春になると産卵を控えたフナが数多く入って来る

人を生んだ水郷の町を歩く

  • 沖端町にある白秋記念館。柳川の歴史にも触れられる沖端町にある白秋記念館。柳川の歴史にも触れられる

日本を代表する詩人の一人であり、童謡作家、歌人でもあった北原白秋は柳川の出身。「水郷柳川は我が詩歌の母体である」という言葉を残したといわれ、現在、北原家の広大な旧跡地の一隅には「白秋記念館」が建てられており、水郷柳川の民俗資料や白秋の詩業を紹介している。
そして、白秋の生家のある沖端町は、有明海の豊富な産物であるムツゴウロウやクツゾコのほか、当地の名物であるウナギのせいろ蒸しを食べられる店も多い。ウナギのせいろ蒸しは、タレをまぶしたご飯の上に、ウナギの蒲焼きを乗せ、金糸玉子をあしらい蒸し上げたもので、アツアツのところをいただく。柳川でせいろ蒸しを食べられる店が数十店舗あり、それぞれが独自の秘伝のタレを使っている。
釣りやドンコ舟での水路散策をしたら、美味しい食事でお腹を満たし、白秋の詩情を育てた柳川の町の歴史を記念館に訪ねてみるのがおすすめだ。

  • 柳川には詩人・北原白秋の生家がある。写真は白秋が詩を書いた有名な童謡「待ちぼうけ」の誌碑柳川には詩人・北原白秋の生家がある。写真は白秋が詩を書いた有名な童謡「待ちぼうけ」の誌碑
  • 有明海と繋がる柳川は潮汐の影響も受ける。沖端地区の川は干潮になると干上がることも有明海と繋がる柳川は潮汐の影響も受ける。沖端地区の川は干潮になると干上がることも
  • マテガイ、タイラギ、アカガイ、アサリなど多彩な貝類が獲れるのも干潟の多い有明海の特徴だマテガイ、タイラギ、アカガイ、アサリなど多彩な貝類が獲れるのも干潟の多い有明海の特徴だ
  • 柳川名物ウナギのせいろ蒸し。こんがりとした風味と軟らかくホカホカの白身が堪らない柳川名物ウナギのせいろ蒸し。こんがりとした風味と軟らかくホカホカの白身が堪らない

この釣り場へのアクセス

柳川

福岡空港からのアクセスが一般的だが、有明佐賀空港からも近い。福岡空港から柳川市街には九州自動車道・みやま柳川ICを降りてR443、R208を経由して約1時間。佐賀空港から柳川市街には県道18号で筑後川に掛かる新田大橋を渡って県道709号、R208を経由して約30分。

釣り場情報

〈柳川/ヤリタナゴ、アブラボテ、カネヒラ、フナ〉

シーズン おすすめは4~5月
問合先 キャスティング飯塚店(釣具店/飯塚市。http://castingnet.jp/shop/shop.php?s=37

※釣り場情報は2015年5月現在のものです。

  • Facebook
  • Twitter