コンテンツへ

    掲載日:2022.06.16

    【名古屋】夏バテ対策に、ご当地グルメ「名古屋めし」を満喫する旅はいかが?

    新食感がクセになる汁なし台湾まぜそば

    レモンを絞っていただく「汁なしエビ塩台湾まぜそば」950円(税込)

    3品目は、名古屋名物「台湾ラーメン」をアレンジした「汁なし台湾まぜそば」がいただける「つけ麺 丸和」をご紹介。

    ここ「つけ麺 丸和」の汁なし台湾まぜそばは、ガツンとした辛みがポイントの台湾ラーメンを日本人が食べやすいようアッサリした風味にアレンジしつつ、じわりじわりと後から辛みが響いてくるような味わいが、「クセになる!」と人気を集めています。

    名前の通り、具と麺を混ぜ合わせていただくのが「まぜそば」の流儀。
    香辛料を加えて炒めたひき肉に、卵の黄身をからめることで辛みがマイルドに。コシのある麺に具材がからまり、ひと口食べるごとに旨味が口いっぱいに広がります。

    超濃厚なスープが後を引く「丸和つけ麺(味玉載せ)」1,100円(税込)

    辛いものが苦手な方は「丸和つけ麺」がおすすめ。つるつるモチモチの太麺は、食べ応え抜群です。豚骨、鶏ガラ、野菜などを大量に使って長時間かけて煮込んだスープは、とにかく濃厚。それなのに、飽きることなく最後まで食べきれてしまう味わいは、見事としか言いようがありません。

    あっさり系しょう油ベースの「嘉六つけ麺」や、シンプルな「中華そば」をはじめ、季節限定メニューもあるので、お好みの麺を試してみましょう。

    「つけ麺 丸和 春田本店」。各店の情報はTwitterやInstagramで確認を

    「つけ麺 丸和 春田本店」は、『ぴあ東海版究極のラーメン2022』で堂々のグランプリを獲得しており、グルメサイトの口コミでも高いレビューを誇るお店です。
    「つけ麺 丸和」のおいしい中華そばは、春田本店のほか、名古屋駅の「駅西分店」などで味わえます。
    名実ともにナンバーワンの味を、名古屋旅の途中で楽しみましょう。

    つけ麺 丸和 春田本店

    味噌カツ、手羽先、名古屋の味が満載

    さまざまな「名古屋めし」が味わえるうれしい居酒屋

    アレも食べたいコレも食べたい、でも、あちこちのお店に行く時間が無い――そんな時は、手羽先のから揚げや味噌串カツ、鶏ちゃん焼き、名古屋コーチン、天むすなど名古屋の味を丸ごと楽しむことができる「熱情的 名古屋名物居酒屋 わが家」へ。
    定番の「名古屋めし」が揃っているので、「わが家」で名古屋名物を満喫できます。

    秘伝のオリジナルスパイスを使った、スパイシーな手羽先の唐揚げ(4本)480円(税込)

    店長のおすすめは「手羽先の唐揚げ」。
    二度揚げした手羽先にタレを塗り、スパイスを振りかけて仕上げる名古屋流の唐揚げは、パリパリとした食感が魅力。ニンニクがほのかに香り、食欲をかき立てます。

    揚げ立ての串カツと濃厚な八丁味噌ダレのハーモニーが絶品。八丁味噌串かつ(3本)480円(税込)

    「わが家」に来たら必ず食べたい一品が、岡崎市の老舗「まるや八丁味噌」の味噌を使ったタレをたっぷりとかけた「八丁味噌串かつ」。
    八丁味噌のうまみが串カツにアクセントを添え、お酒がすすむ味わいです。

    名古屋コーチンの旨味を味わうならこれ。「はらみおろしポン酢」580円(税込)

    明治時代初期に作出され、その肉質の良さと旨味から高級食材となった「名古屋コーチン」を使ったメニューが揃っているのも「わが家」の魅力。
    辛党におすすめなのは、名古屋コーチンならではの弾力のある肉感が堪能できる「はらみおろしポン酢」。
    噛むたびに肉のうまみが広がり、日本酒や焼酎、ビールと相性抜群です。

    名古屋市の地酒「酔ってござる」や常滑市の名酒「からから」など、愛知の地酒も数多く揃えられています。

    旅の空の下、名古屋めしとともに一献。そんな素敵な夜を、楽しんでみませんか。

    熱情的 名古屋名物居酒屋 わが家

    おわりに

    日本屈指の大都市でありながら、独自の文化が息づく名古屋。その魅力を余すことなく楽しむなら、名古屋ならではのグルメは外せません。
    うなぎにパスタ、台湾まぜそばに手羽先唐揚げ――おいしい名古屋めしをしっかりいただいて、夏を乗り切る英気を養いましょう。

    名古屋への旅は、渋滞知らずの空からのアクセスが快適。

    • 記載の内容は2022年5月現在の情報です。変更となる場合があるのでご注意ください。
    ライター:わぐり めぐみ

    名古屋に関連する記事

              

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ×

    「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。