改善事例一覧

お客様のご意見・ご要望を活かした改善事例の一部をご紹介いたします。

お客様の声をもとにした改善事例

  • 日々の安全運航を支える整備部門を「ANA Blue Hangar Tour」にてご紹介いたします

    お客様の声

    飛行機に興味があります。機体整備を見学したり、整備作業を体験してみたいです。

    改善事例

    「ANA Blue Hangar Tour」では、ANAグループの安全運航を支える整備部門をご紹介いたします。ツアーでは格納庫を見学でき、実物の飛行機を整備士が働く姿と共に間近でご覧いただけます。また、整備作業の模擬体験ができる施設もご用意しております。普段は目にすることができない航空機整備の現場をぜひ間近からご体験ください。皆様のご参加をお待ちしております。

    • 新型コロナウイルス感染症等の影響により実施を見合わせる場合がございます。

  • ANAのマイルをANA FESTAクーポンに交換し、全国のANA FESTAでご利用いただけます

    お客様の声

    余ったマイルが使えずに失効してしまうことがあります。もっと少ないマイルでも使える商品の選択肢を増やしてほしいです。

    改善事例

    ANAが就航する日本全国31の空港でギフトショップやフードショップを運営するANA FESTAでは、デジタルクーポン『ANA FESTAクーポン(eギフトカード)』の運用を2022年3月から始めました。1,000マイルにつき1,000円分のクーポン券1枚に交換でき、お持ちのマイルをより有効にご活用いただけます。ANA FESTAでは、現地スタッフが厳選した各地域ならではの商品からオリジナル商品まで、幅広く品揃えしております。ANA FESTAクーポンで、お買い物やご飲食をお楽しみください。

  • 様々なお客様の嗜好や食習慣に合わせた幅広い選択肢をご提供します

    お客様の声

    機内食の種類を増やしてほしいです。

    改善事例

    ANAの国際線では、より豊富な選択肢をご提供することを目的に、20種以上ご用意している特別機内食にも力を入れており、有名シェフとのコラボレーションによって、健康志向およびヴィーガン、ベジタリアン、グルテンフリーのお食事を全ての方にお選びいただける魅力的なメニューへと刷新しました。「誰もがオーダーしたくなるメニュー」をコンセプトに開発され、すでに多くのお客様からご好評のお声を頂戴しています。また、ビジネスクラスの一部路線では、軽食メニューとして植物性のヘルシーなかつ丼をお楽しみいただけます。

  • 「ANAアプリ」にご登録いただければ、ご搭乗をわかりやすくサポートします

    お客様の声

    久しぶりに飛行機を利用しましたが搭乗するまでに何をすればいいかわからず困りました。

    改善事例

    ANAアプリ内で国内線「ご搭乗のガイド」機能を開始いたしました。ANAアプリにお客様の予約情報を連携していただくことで、特に重要なご案内やその時に必要な情報を、ご搭乗までのシーンや時間の経過とともに、My Booking内でタイムリーにお知らせいたします。初めてのお客様も、久しぶりにANAをご利用になるお客様も、スマートフォンひとつで安心して飛行機にご搭乗いただけます。

  • 国際線の運航イレギュラー発生時、ご登録いただいた連絡先へ迅速に情報を提供いたします

    お客様の声

    出発が大幅に遅れる場合は、分かり次第早く連絡が欲しい。

    改善事例

    ANAでは、欠航や遅延などの運航イレギュラーに際して、お客様へ速やかに情報をご提供致します。ご予約、搭乗手続き時にお客様のご連絡先(Eメールおよび携帯電話番号)をご登録いただきますよう、ご協力をお願いいたします。

  • ANAウェブサイトからいつでもお問い合わせいただけます

    お客様の声

    読んでいた本を機内(空港ラウンジ)に忘れてしまいました。どうしたらよいですか?

    改善事例

    ANAウェブサイト「ANA SKY WEB」から「手荷物について」のページにあるお忘れ物に関するお問い合わせフォーム(メール)にアクセスしていただき、所定の事項をご入力ください。いつでもお問い合わせを承ります。
    ご登録いただいた情報をもとに確認・捜索をし、その結果をお知らせします。忘れ物が発見されましたら、お客様にご連絡の上、ご返却の手続きをさせていただきます。なお、お問い合わせフォーム受領日から起算して3日間経過しても確認できなかった場合には、その旨をご連絡させていただきます。

  • 新しいお食事体験「SUITE DINING」をお楽しみください

    お客様の声

    国際線機内ではゆっくり過ごしたいので、落ち着いて食事を済ませてから搭乗したいです。

    改善事例

    羽田および成田空港の国際線ラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」では、従来のメニューに加え、時間帯により提供内容が変わるセット形式の新たなお食事サービス「SUITE DINING」をご用意。11時までは朝食を、11時以降は昼・夕食をワントレイに配膳しご提供しています。
    また、対面・接触の機会を低減するため、お席からスマートフォンなどを用いてご注文いただける「お食事オーダーシステム」も採用しています。
    今後も新しい生活スタイルや、お客様のニーズに合わせた新たなサービス開発、食のユニバーサル化を推進していきます。

  • 車いすユーザー向けの移動支援サービスを開発中です

    お客様の声

    飛行機で遠くに行きたいけれど、他の交通機関との乗り継ぎに不安があります。

    改善事例

    ANAでは、「Universal MaaS」と称した、障がいのある方も移動を楽しめるサービスの構築を目指し、JR東日本、東京モノレール、MKタクシーと「一括サポート手配」の実証実験を行いました。今後も各社と連携し「誰もが移動をあきらめない世界」の実現に向け取り組んでいきます。

  • 国内線でイヤホンをご提供する場所を機内に統一しました

    お客様の声

    イヤホンをもらいたいが、設置場所がバラバラでわかりにくい。

    改善事例

    ご自身のイヤホンをお持ちでないお客様のために、無料のイヤホンをご用意していますが、空港施設の制限によりご提供場所がわかりにくいことが判明しました。2021年6月からご提供場所を機内(入り口付近等)に統一しています。また、機内でご用意しているイヤホンは再利用が可能ですのでお持ち帰りいただき、環境負荷軽減にご協力ください。

  • 渡航書類の事前確認サービスを開始しました

    お客様の声

    各国の入国条件や各種渡航書類が複雑で分かりにくく、海外渡航の事前準備が不安です。

    改善事例

    ANAでは、「ANA Travel Ready」(オンライン事前渡航書類確認サービス)を始めました。目的地国への入国に必要な渡航書類をオンラインで事前にご確認いただくことで、当日は安心してご来港いただき、スムーズなご搭乗が可能となります。ご確認のうえ、出発時刻12時間前までにご申請ください。


    各国の渡航要件が日々変化する中、ANAはさらなるお客様の利便性向上に向け、引き続き積極的に取り組みます。

  • 国内線有料「ANA LOUNGE」の対象空港を拡大しました

    お客様の声

    羽田空港の有料ラウンジが快適だったので他の空港でも導入を検討してほしい。

    改善事例

    羽田空港では、国内線ご搭乗までのお時間をゆったりとお過ごしいただけるよう、ANAマイレージクラブのプレミアムメンバーやプレミアムクラスへのご搭乗でなくても、有料にてANA LOUNGEをご利用いただけます。2月からは、羽田空港に加え、新千歳、伊丹、福岡、那覇の4空港でも有料で利用いただけるようになりました。ご利用料金はお一人様1回3,000円。ご旅行や出張のご出発前に、ANA LOUNGEでひと時をお過ごしください。

  • 看護師がツアーに付き添うサービスをご案内しています

    お客様の声

    結婚式に出席するため飛行機に乗る予定ですが、持病があり不安です。

    改善事例

    「ANAトラベラーズ ダイナミックパッケージ」では、持病や体力的な理由でツアーのご参加に不安があるお客様に、「看護師付き添いサービス」をご案内しています。看護師がご同行し、ご本人やご家族のご意向のもと、体調の変化や不快の早期発見、お食事やトイレの介助などを、空港内のスペシャルアシスタンスカウンターのANAスタッフやご搭乗便の客室乗務員と適宜連携しご支援します。

      • サービス対象期間:2022年10月29日(土)まで。状況により延長する場合もあります。
  • ANA国際線ビジネスクラスの機内食の販売を開始しました

    お客様の声

    海外旅行には行けないけれど、ビジネスクラスの機内食が食べたい!

    改善事例

    国際線エコノミークラス機内食販売のご好評と、さらなるご要望にお応えして、昨年より国際線ビジネスクラスの機内食販売を開始しました。詳しくは、ANA公式ECサイト「ANA STORE/ANAショッピング A-style」、「ANA公式ギフトショップ楽天市場店」をご覧ください。

  • ANA Cargo国内貨物輸送の利用にQRコード決済を導入しました

    お客様の声

    生鮮品などを貨物として輸送したく、キャッシュレスにも対応してほしい。

    改善事例(*2)(*3)

    個人または法人のお客様が日本国内に貨物を輸送する際、最寄りのANA国内空港貨物カウンター(*1)に直接お荷物をお持ちいただくことで輸送できます。これまでは現金、クレジットカードでのお支払いのみでしたが、昨年より、全国のANA国内空港貨物カウンターにて、QRコード決済が可能になりました。便利になったANA Cargoをぜひご利用ください。

    • * 1

      旅客カウンターとは場所が異なりますのでご注意ください。

    • * 2

      現在対応可能なQRコード決済は、PayPay、LINE Pay、メルペイ、楽天Pay、au PAY、d払い、Alipay、WeChat Payです。