ANAグループが認識する機会とリスク

1. 経営戦略を遂行する上での機会とリスク

 目前には東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて計画されている首都圏空港の発着枠拡大や、訪日旅行推進策への期待、ジャパン・ブランドの育成支援など、今後の成長につながるビジネスチャンスが拡がっています。
 一方、国内外の政治動向、景気の先行き不透明感など、世界の航空需要に影響を与えるリスクも意識していく必要があります。
 ANAグループでは、戦略遂行上の機会とリスクを的確に把握し、グローバルな事業環境の変化に対応できる強靭な体質と攻めのスピード経営で、持続的成長を追求しています。

戦略テーマ1 エアライン事業領域の拡大

戦略テーマ2 新規事業の創造と既存事業の成長加速

2. マテリアリティの特定

 ANAグループでは、経営理念や中期経営戦略、グループの強みなどをもとに、経営の重要課題(マテリアリティ)を特定しています(図1)。2015年度末に特定した「環境」「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」「地方創生」について、2016年度には、グローバルな動向を踏まえて、関連するNGO / NPO や有識者と対話を重ね、精査を行いました(図2)
 東京2020大会の開催を間近に控え、日本企業の「人権」への関わり方に国際社会からの関心が高まっていることから、その取り組みへの重要性を再認識し、対応をより強化していきます。
 また、アジアなどの経済成長を背景に、エアライン事業をグローバルに拡大する中で、海外就航地域における「地域創生」にも着目し、活動に反映しています(図3)。

図1 マテリアリティ特定の概念図

図2 精査のステップ

図3 ANAグループのマテリアリティ

3. ESGに配慮したANA グループの取り組み

 ANAグループは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に配慮し、長期的な視点を踏まえて企業活動を行っています。社会とANAグループの双方への影響度の観点から特定した重要課題(マテリアリティ)に重点的に取り組み、経済的価値と社会的価値を創出することでグループの持続的成長と、グローバル企業として持続可能な開発目標(SDGs)への貢献を目指しています。

重要課題(マテリアリティ)について