ANAグループとして取り組むべき重要課題の特定

重要課題の特定

ANAグループは、経営ビジョンに「世界のリーディングエアライングループ」を目指すことを掲げ、グローバルな課題をANAグループらしい方法で解決することで、社会と共に発展する企業でありたいと考えています。グループとして取り組むべき重要課題を特定し、事業戦略・計画に組み込むことで、その解決に取り組んでいます。

グループとして取り組むべき重要課題の特定にあたっては、国際社会が長期的に抱える課題を把握し、経営理念や戦略との一貫性・継続性があるかどうか、事業活動を通してその解決に貢献できるかを「経営理念・経営戦略」「ANAグループの強み」「社会動向」の3つの視点で抽出します。(図1)

図1 マテリアリティ特定の概念図

「経営理念・経営戦略」「ANAグループの強み」「社会動向」の3つの円が描かれており、3つの円が重なり合った部分を重要課題としている概念図

抽出した課題を自社の事業に与えるインパクト(経営軸)、社会や環境に与えるインパクトや関心の高さ(社会軸)の2軸で重要性を判断し、重要度が高いものを特定します。(図2)

図2 経営軸・社会軸のマトリックス

特定した重要課題が常に世界情勢・環境の変化やANAグループの経営戦略に合致しているかどうかを精査するため、社内外の関係者との議論や情報収集により妥当性を確認し、新たに特定するステップを繰り返しています。(図3)

図3 確認のステップ

STEP1 課題の把握と特定 国際社会の課題に対する動向の把握、STEP2 課題の優先順位付け 多様なステークホルダーとの対話、STEP3 妥当性確認 外部有識者との対話や経営層レベルでの議論。これらの3STEPを繰り返している図

現行の中期経営戦略期間における重要課題

現行の中期経営戦略では、ANAグループが本格的にESG経営を推進すること、戦略の遂行を通じた社会的・経済的価値の同時創造を目指すことを前提に、戦略策定時に重要課題を検討しました。具体的には、経営戦略を遂行する上での機会とリスクを把握し(図4)、重要課題の特定と確認のステップを経ることで、社会課題に対するグローバルな動向、自社を取り巻く経営環境、ステークホルダーからの期待を踏まえた重要課題を特定しました。(図5)

図5 重要課題のマトリックス

縦軸(上に行くほど非常に重要)としてステークホルダーの関心、社会・環境に対するインパクトから成る社会軸、横軸(右に行くほど非常に重要)としてANAグループの事業におけるインパクト(経営理念・ビジョン、経営戦略の方向性、事業機会とリスク)から成る経営軸があり、中央からやや下方、やや右寄りに地域創生(日本の地方の衰退、新興国の所得・教育格差)。そのやや右上に環境(気候変動・環境汚染)。その右に人権(サプライチェーン上の人権侵害)とダイバーシティ&インクルージョン(お客様と従業員のダイバーシティ)

重要課題とした理由

ANAグループにとって 社会にとって 主要な取り組み SDGsへの貢献
環境
  • 燃油費の抑制
  • 将来の排出クレジット購入コストの抑制
  • 環境リスク回避による評価の維持・向上
  • 環境負荷の低減
  • 省燃費機材の導入
  • バイオジェット燃料導入
7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに 13.気候変動に具体的な対策を
地域創生
  • 新規訪日需要の創出による収益力向上
  • 国内線事業の収益性の維持・向上
  • 国際線事業の収益拡大
  • 地域経済の活性化
  • 国際交流の促進
  • グループ内リソースの戦略的活用
  • 国内外就航地域での社会貢献活動
8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 11.住み続けられるまちづくりを
人権
  • 人権リスク回避による評価の維持・向上
  • 人権尊重社会の実現
  • 人権デューディリジェンスの実施
  • グループ社員の啓発・教育
5.ジェンダー平等を実現しよう 8.働きがいも経済成長も 10. 人や国の不平等をなくそう
ダイバーシティ&インクルージョン
  • 新規需要の創出による収益力向上
  • 課題解決型サービス提供による顧客対応力の強化
  • 共生社会の実現
  • お客様のダイバーシティに着目したサービスの開発・導入
  • グループ社員の啓発・教育
5.ジェンダー平等を実現しよう 8.働きがいも経済成長も

重要課題について

ページトップへ