コンプライアンス

体制の整備・充実、組織への理念浸透で「企業価値を守る」

グループ全体で法的リスクを極小化し、企業価値の低下につながる事態の発生を予防する活動を推進しています。

コンプライアンス推進体制

 事業活動に関わる法令や、その他規範の遵守を促進するため、「ANAグループ・コンプライアンス規程」に基づき、CSRプロモーションリーダーを牽引役として、グループ全体におけるコンプライアンス活動を推進しています。
 また、当社の法務部門とグループ各社との連携窓口を明確化し、双方向のコミュニケーションが取りやすい体制を構築しています。

主な取り組み

各種法令遵守への取り組み

 営業・販売をはじめとする様々な分野において各種法令に則った公正な競争・取引を行うべく、景品表示法や下請法のほか、契約実務に関するセミナーなどを開催し、担当者への関連知識の付与を行っています。
 その他、航空運送に関わる法令、労働法などの各種法令に関しても、グループ各社に対してセミナーの実施や、メールマガジンの配信などを通じて教育・啓発を実施しています。

公正な取引への取り組み

 ANAグループでは、各国の競争法および贈賄防止法に抵触した場合のリスクの重大さを認識し、対策を講じています。社内ルールとして「ANAグループ・競争法コンプライアンス規則」「ANAグループ・贈賄防止規則」を制定し、それぞれの規則に具体的事例を交えて解説したハンドブックを関係部署に配布するとともに、担当者への定期的な教育やeラーニングを実施しています。

知的財産の保護

 ANAグループでは、自らの知的財産権を保護・活用するとともに他社の知的財産権を尊重し侵害することのないよう、体制整備に取り組んでいます。また、グループ内における知的財産権に関する相談・対応の窓口を明確化し、グループ全役職員のサポートを行っています。

海外事業所との連携

 当社の法務部門とANA海外支店との連絡窓口を明確にすることで、グローバルレベルでの法的リスクの極小化に注力し、企業価値の低下につながる事態の発生を予防するための取り組みを強化しています。また、海外支店においても法令遵守に関するセミナーを開催するなど、海外で働くグループ役職員のリーガルマインドの醸成を行っています。

内部通報制度の運用

 「ANAグループ・コンプライアンス規程」の下部規則として、「ANAグループ内部通報取扱規則」を制定しています。グループ内通報窓口のほか、外部の弁護士事務所にも通報窓口を設け、経営上のリスク情報を把握する仕組みの拡充に努めています。海外からの通報に対しては、社外委託機関窓口での英語による受付体制も整えています。この通報窓口は、派遣社員などを含むANAグループの業務を担っている全役職員、退職者に加えて取引先の役職員も利用可能で、相談者およびその関係者のプライバシーが保護され、相談または事実関係の確認に協力したことを理由に不利益な取り扱いが行われないことが約束されています。
 なお、これらの窓口に関する情報は、ポスターの社内掲示や社内イントラネット内の専用サイトで周知しています。

2017年度の主な活動

グループ各社への出張型セミナー

グループ23社で計48回実施

 ANAグループ役職員のコンプライアンス意識のさらなる向上のため、グループ各社のニーズに合わせた各種法令セミナーを開催しました。
 当社の法務部門がグループ各社の要請に応じてセミナーの内容をカスタマイズし、現地に出向いて開催することで、より理解しやすく、受講しやすい環境を整えています。2017年度は労働法を中心とした要望が増え、全体では昨年度の約2倍にあたる1,868名が受講しました。

海外支店における競争法・贈賄防止法セミナー

海外支店で計7回実施

 不公正な競争を防止すべく、各国当局が競争法や贈賄防止規制の執行を強化している昨今の状況下、ANAグループでも海外支店において競争法および贈賄防止法のセミナーを開催しました。
 「ANAグループカルテル防止ハンドブック」および「ANAグループ贈賄防止ハンドブック」の内容を踏まえ、実務に即したケーススタディを実施しています。

海外支店でのセミナーの様子

グループ各社におけるコンプライアンスに関する調査の実施

 年に1度、グループ各社においてコンプライアンスに関する調査を実施しています。各種法令の遵守状況に関するセルフチェックを行い、各社およびグループ全体としての課題を点検しています。2017年度は、「労働時間管理」 の項目を追加して実施しました。調査の結果は概ね良好でしたが、必要に応じて是正に向けた各社のフォローアップを行い、課題解決につなげています。