カーボン・オフセットプログラム

ANAカーボン・オフセットプログラム

 ANAグループは、お客様とともに取り組む環境貢献活動の一環として「ANAカーボン・オフセットプログラム」を2009年10月1日から国内線全便でスタートしています。このプログラムは、国内線ご利用の際に排出されるCO2(二酸化炭素)を吸収するために必要な森づくりの資金を、お客様から任意にご提供いただき、CO2排出量をオフセット(埋め合わせ)しようという取り組みです。オフセットしていただいた料金は、一般社団法人more treesを通して、日本の森を育て、地球の温暖化防止に貢献するために、役立てています。

ANAカーボン・オフセットプログラム

 お客様ご自身の排出量を路線ごとに算出し、クレジットカード決済で、過去にさかのぼってのオフセットや、今後の予定にあわせて事前にオフセットなど、気付いた時にいつでも気軽にご参加いただけます。

ANAカーボン・オフセットプログラムへはこちらからご参加ください。

カーボン・オフセットプログラム

南三陸町での「J-クレジット」の活用による生物多様性の向上

 ANAカーボン・オフセットプログラムでは、南三陸町の森で取得した「J-クレジット」を活用して、森林整備を推進することで、CO2の吸収を促進して低炭素社会の実現に貢献していきます。
 木々は、手入れをしないと健康的に成長してくれません。私たちは、ここに植えてある杉、ヒノキ、アカマツを適切に間伐することで豊かな森を作っていきたいと考えています。
 豊かな森は、二酸化炭素を吸収するだけでなく雨を堰き止め、私たちの生活を守ります。そして豊かな森に育まれた水は志津川湾に流れ込み、豊かな海を作ります。そして、いつか町のシンボルであるイヌワシが戻ってくることを期待しています。
 古来より続く自然と人の営みを皆で守り、豊かな「こころの森」を次の世代へつないでいくことが、いま私たちにできることです。
 是非、皆様もANAカーボン・オフセットプログラムに参加いただき、南三陸の森を豊かにする活動にご協力ください。

ANAカーボン・オフセットプログラム

ANAカーボン・オフセットプログラム