基本的な考え方

 ANAグループは、地球環境の保全が人類共通の重要な課題であることを認識し、「ANAグループ環境理念」、および「ANAグループ環境方針」に基づいて、事業活動全般において地球環境との調和をはかるため、取引先や地域社会にも協力を仰ぎながら、全従業員参加による継続的な活動を推進していきます。

ANAグループ環境方針

ANAグループは地球温暖化対策や生物多様性の保全等の地球環境への取組みを重要な経営課題と認識し、グループのあらゆる企業活動を通じて、環境リーディング・エアライングループを目指します。

  1. 企業活動が環境に与える影響を正確に把握・分析し、社会に開示します。
  2. 法令遵守に留まらず、広くステークホルダーと対話を重ね、社会の要請に基づき環境保全に取り組みます。
  3. あらゆる業務において環境負荷の低減に努め、積極的に新技術・サービスを検討し導入に努めます。
  4. サプライチェーンの環境配慮にも常に注意を払い、環境に配慮した調達を推進します。
  5. 3R(Reduce Reuse Recycle)と廃棄物管理を強化し、循環型社会の実現に貢献します。
  6. 環境保全活動への社員参加を促進し、社員一人ひとりの意識向上を図ります。

 また、全役職員を対象とした行動準則である「社会への責任ガイドライン」においても、環境への配慮について”守るべき行動”を示しています。

<社会への責任ガイドライン(抜粋)>

■環境に配慮し、行動します。

  • ANAグループの企業活動は環境に負荷をかけており、環境への取り組みはグループ存続の必須条件であることを認識して行動します
  • 業務上のあらゆる場面で環境に配慮し、行動します(CO2削減、省資源、電気や紙の節約、ゴミの削減など)
エコ・ファースト企業

 航空運送事業を中核とするANA グループは、公共交通機関としての事業活動に伴うCO2排出などにより、地球環境に大きな負荷をかけています。これを自覚することを原点とし、持続可能な社会の創造に貢献するために資源とエネルギーを大切に使うなど、率先して環境保全を進めています。また、多くのお客様をはじめ、ステークホルダーの方々と「地球を想う心」を分かち合うために、環境コミュニケーション活動にも積極的に取り組んでいます。

 1974年、社長の諮問機関として「環境対策委員会」を設置、1992年から環境報告書を発行開始するなど、長年の環境課題への積極的取り組みが認められ、2008年には環境省より航空業界、運輸業界として第1号の「エコ・ファースト企業」に認定されました。

 今後もステークホルダーの皆様のご協力の下、地球環境と共生し続ける企業グループとして、先進的かつ着実な活動に取り組んでいきます。