省資源・リサイクル活動

ANAグループの3R活動

ANAグループでは、機内・空港内や事業所で発生した廃棄物を再び活用していく、省資源・リサイクル活動を推進しています。

◆お客様とのリユース&リサイクル活動

 2010年9月から羽田空港では、お客様の手荷物やベビーカーなどを梱包するために使用したポリ袋のリユースとリサイクルを行っています。また、預かり手荷物のタグなどの紙類についても到着エリアで分別回収し、お客様にご協力いただきながらリサイクルに取り組んでいます。限りある資源の有効活用に引き続きご協力お願いいたします。

手荷物受取場でのポリ袋の回収

◆整備作業時のビニール袋のリユース活動

 整備部門では、使用したビニール袋で汚損していないものは、事業所内に設置したリサイクルボックスにサイズ毎に選別して再利用し、資源の有効活用を促しています。

整備センターのリサイクルボックス

◆ヘッドレストカバーのリユース素材への変更

不繊布製ヘッドレストカバーを人工皮革製に変更し、毎回廃棄していたヘッドレストカバーを再使用することで、紙パルプ資源の節約とコストの低減を図っています。

ヘッドレストカバー新旧比較画像
新旧ヘッドレストカバーの比較

◆その他の取り組み

航空機整備 航空機の重心測定方法の変更(搭載済み燃料を廃棄せずに測定)
超高圧水でエンジン部品を洗浄して洗浄剤の使用量を削減
航空機エンジン部品、修理用アルミ端材を希少金属としてリサイクル
航空機内 国際線機内から出るごみ(ビン、缶、ペットボトル)を分別回収
航空貨物部門 貨物防水・防塵用ビニールシートを固形燃料、ごみ袋としてリサイクル
地上施設・設備 雨水と厨房排水処理水(中水)の利用
空港内で使用した自動車などを金属素材としてリサイクル
オフィス備品(机など)のリユース
搭乗ゲートでの座席案内チケットの廃止、定期発刊誌などの頁数の見直しによる紙使用量の低減