ダイバーシティ制度一覧

両立支援のための制度

育児 介護 その他
  • ●妊娠時短
  • ●通院休暇
  • ●育児・看護(介護)休職
  • ●看護(介護)休暇
  • ●パパママ出産育児休暇
  • ●短時間勤務制度
  • ●短日数勤務制度
  • ●育児日
  • ●時間外労働免除、制限
  • ●深夜業免除
  • ●短時間勤務制度
  • ●短日数勤務制度
  • ●介護日
  • ●フレックス勤務制度
  • ●テレワーク

両立支援のための組織風土づくり

育児 介護 その他
  • ●ANA復職支援ガイドブック配布
  • ●育児休職前・復職前面談
  • ●育児休職報告書
  • ●育児休職者復職セミナー(年間3回)
  • ●異業種交流育児休職者セミナー
  • ●子ども職場参観日「ANAきっずでい」の実施
  • ●ベビーシッター、保育施設利用時の費用補助
  • ●休職中自己啓発e-learning
  • ●介護両立ホームページ
  • ●介護セミナー
  • ●介護相談窓口設置(社外・社内)
  • ●介護サービス利用時の費用補助
  • ●介護サービス紹介
  • ●啓発パンフレット
  • ●ニュースレター
    • ●イクボス企業同盟
    • 部下や職場で共に働く従業員のワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと私生活を応援しながら、組織としてのパフォーマンスも最大化させると共に、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(イクボス)を育てていこうとする企業ネットワーク「イクボス企業同盟」に発足メンバーとして参加しています。
    • ●パパの公休日に賛同
    • 「一生に一度しかない、初めての誕生日」をテーマに、子供の1歳の誕生日にパパが仕事を休み、生まれてきてくれた我が子はもちろん、1歳になったパパとママの誕生日も一緒に心からお祝いするための企業・NPO法人横断型プロジェクト「パパの公休日」に参画しています。
  • ●イクボスセミナー
  • ●イクボスハンドブック
  • ●イクメンハンドブック
  • ●休職中のイントラネット、メールアドレス継続利用
  • ●社内SNS(Google+)による交流サイト運営

活躍支援制度

●総合職転換制度

本人の希望があり、一定の基準を満たした客室乗務職、特定地上職は総合職掌への転換にチャレンジできます。

●わくわく休職制度

社内キャリアに活かせる能力・スキルの向上を目的とし、留学やボランティア等、自己の視野拡大の機会として最長で1 年間休職できます。社内キャリアに活かせる能力・スキルの向上を目的とし、留学やボランティア等、自己の視野拡大の機会として最長で1年間休職できます。

配偶者転勤休職制度

配偶者の海外転勤に同行する社員について、一定の要件のもとで2年を限度に休職を認めています

退職者再雇用制度(客室乗務職対象)

かがやきサポート制度(客室乗務職対象)

客室乗務員は、配偶者の転勤に合わせて大阪・東京に限り、勤務地変更が可能です

海外実務研修制度

海外事業所(支店・空港)における総務・営業・運航などの実務を担当する研修制度。対象者の決定は会社からの任命・公募両方のケースがあります。

●ANAグループ人財公募

ANAグループ社員が会社の枠を超えて新しい業務にチャレンジできます。

●ANAグループスマートチャレンジ

入社2年以上在籍した障がいのあるグループ社員が会社の枠を超えて新しい業務にチャレンジできます。

●海外留学、MBA取得プログラム
●社員向けオープンセミナー
●通信教育・スクール費用補助制度

活躍支援のための組織風土づくり

●ダイバーシティセミナー
●D&Iフォーラム
●バーチャルハリウッド

お客様に「感動」を与える企画の実現を目指した、ANAグループ社員による自発的提案活動を展開しています。