グローバル人財の育成

世界を舞台に活躍できるグローバル人財の育成

 グローバルな事業展開の加速を下支えするため、国内外のANA全管理職の資格制度を「グローバルジョブバンド」のもとに標準化すると共にHRプラットフォーム(人事制度の共通化)を整備し、国を越えた人財流動、最適配置化、積極的な育成・登用を進めています。教育面においては、国内・海外雇用社員合同研修の拡大や、グローバル人財に欠かせない教養(リベラルアーツ)や人権啓発などについても拡充してきました。また、多様化するお客様のニーズに応えるため、外国人客室乗務員の採用を拡大し、客室センター内に「グローバル推進部」を立ち上げて対応力を強化しています。

 ANAではグローバル対応強化を、人財開発方針の大きな柱としてキャリア開発体系に組み入れ、事務系総合職社員全員を入社10年までに海外派遣し、実務を通して国際感覚を磨く制度を設けているほか、オンライン語学研修会社EF社とのパートナー契約締結により、全社語学力目標の達成を図るなど、拡大する国際線事業の担い手となる人財の育成をより一層強化しています。

One Team, Star Alliance研修の様子

2015 Intermediate Training(入社1~3年目研修)