よくあるご質問

Q1

なぜ、対象の航空便が少ないのでしょうか?路線や残席が少なく、予約を希望通りに取ることができません。
また、以前は関西空港、中部空港からの設定もありましたが、なぜなくなったのでしょうか?

A1

バイクが搭載できる航空機種、バイク積載の貨物スペースの確保、指定ガソリンスタンドの営業時間等により、航空便を設定しております。
ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いたします。

Q2

積載できないバイクの一例などを教えてください。

A2

①規定サイズをオーバーする場合 ②ご予約時に申告されたバイク情報と異なる場合 ③バッテリー端子が取り外せない場合
④リチウムイオンバッテリーを動力源以外に使用している場合
※④については、Q20/A20とあわせてご確認ください。

規定サイズの確認はこちらから

Q3

サイズが1cmオーバーしていますが、少しのオーバーでも積載できないのでしょうか?
少し斜めに積載するとか、ハンドル位置を曲げるとか工夫を凝らし、なんとか対応できませんか?

A3

お客様のバイクを安全にかつ確実に輸送するためには、規定のサイズ内での輸送が必須となります。
大変申し訳ございませんが、少しでも規定のサイズを超える場合は積載できませんのでご了承ください。

Q4

ナンバープレートをつけたままだとサイズオーバーしますが、ナンバープレートを外せば規定内サイズです。
ナンバープレートを外した状態での積載は可能でしょうか?

A4

ナンバープレートを外した状態での積載は可能です。
ただし、お客様ご自身にて取り外し・取り付けを行える場合に限ります。

Q5

“スクータータイプ”のバイクは、積載方法が異なるのでしょうか?

A5

積載方法は通常のバイクと同じです。

Q6

なぜ“バッテリー端子を取り外す”必要があるのでしょうか?

A6

バッテリーは端子を外さないと常に電気が流れている状態になります。
バッテリーを外し絶縁することでバイク内で発生する電流を完全に遮断し、火災等の発生を防止します。
お客様の安全確保のため航空会社の判断として、上記の対応を必須としています。
ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いたします。

Q7

“バッテリー端子を取り外す”とは、どのような作業を行うと“外した”ことになるのでしょうか?

A7

プラス端子またはマイナス端子を外し、テープ等で巻き、完全に絶縁できた状態を指します。

Q8

バッテリー端子ですが、マイナス端子のみ(またはプラス端子のみ)外すことができるタイプのバイクです。
片方の端子のみの取り外しで積載可能でしょうか?

A8

片方の端子のみの取り外しで積載可能です。

Q9

バッテリー端子やミラー、カウル等の取り外し・取り付けに使用する工具は貸していただけますか?

A9

工具の貸し出しはありません。ご利用のバイクに適した工具等をお客様ご自身でご用意ください。

手荷物について

Q10

タイヤパンク修理剤(液体・スプレー)を機内へ持ち込む、または手荷物として預け入れることはできますか?

A10

機内への持ち込みおよび手荷物としてのお預かりはできません。お手荷物の中身を事前にご確認いただき
ますようお願いいたします。

Q11

空のガソリン携帯缶をバイクと一緒に荷物の中に入れることはできますか?

A11

一度もガソリンを中に入れたことのない(新品の)ガソリン携帯缶であることが確認できれば、非危険物扱いと
なり預け入れることができます。一度でも使用したことのあるものはガソリンが付着している可能性があり、
預け入れることはできません。

Q12

オートバイ用エアバッグ(膨張式救命胴衣)に装着された、小型ガスシリンダーを機内へ持ち込む、または
手荷物として預けることはできますか?

A12

お一人様につきエアバッグ1着、引火性ガス、毒性ガスが使用されていない小型ガスシリンダーを2個まで機内への持ち込み、
または手荷物として預けることができます。
ただし、付属するシリンダー2個、予備のシリンダー2個までとなり、単独でのお持ち込み・お預けはできません。

Q13

バイク・タイヤ用のガスカートリッジ(エアボンベ)を機内に持ち込む、または手荷物として預けることはできますか?

A13

お客様一人あたり4個まで機内への持ち込み、または手荷物として預けることができます。

Q14

機内へ持ち込む、または手荷物として預ける際に注意する必要がある危険物はありますか?

A14

よくお問い合わせいただく例として、ライター(喫煙用、葉巻用、吸収剤のないオイルタンク式など)、ヘアアイロン、
ヘアカーラー、リチウム電池、リチウムイオン電子(バッテリー)が内蔵・装着された電子機器類があります。
詳しくは、https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/prepare/baggage/limit/をご確認ください。

Q15

なぜ、ヘルメットを預かっていただけないのでしょうか?

A15

パニアケースに入れていただければお預かりすることができます。パニアケースに入れておらず、ヘルメットに傷が入ってしまった場合、 ヘルメット機能を損ない、お客様の安全性を確保することができないとの判断のもとお断りしています。

その他

Q16

初めて参加します。申し込み方法を教えてください。

A16

こちらをクリックしてください。

Q17

なぜ、事前にガソリンを抜き取らなくてはいけないのでしょうか?

A17

航空危険物規則書に定められております。
お客様の安全確保のため、ご理解ご協力の程よろしくお願いたします。

Q18

指定ガソリンスタンド⇔各空港貨物カウンター間の距離を教えてください。

A18

【羽田空港ご利用の場合】
(往路)指定ガソリンスタンドから貨物カウンターまでは約4km
(復路)貨物カウンターから指定ガソリンスタンドまでは約7.5km
【新千歳空港ご利用の場合】約1km

Q19

各空港貨物カウンター⇔旅客ターミナル間の移動方法および所要時間を教えてください。

Q19
【羽田空港】
(往路)ANA貨物カウンター→第2旅客ターミナルはバスで約5分、または徒歩約15分
(復路)第2旅客ターミナル→ANA貨物カウンターはバスで約15~20分、または徒歩で約15分
【新千歳空港】
旅客ターミナル⇔ANA貨物カウンターはバスで約3分とバス降車後、徒歩約10分、または徒歩で約30分
Q20

リチウムイオンバッテリーを使用してますが、輸送は可能ですか?

A20
  • リチウムイオンバッテリー積載のバイクについては、バイクの動力源以外にリチウムイオンバッテリーを使用されている
    場合、輸送をお受けできません。
  • ※1 動力源以外で「カーナビ」および「キー」は対象外となります。
  • ※2 カーナビについて、取り外し可能なものであれば取り外しのうえ、機内への持ち込みとなります。取り外しが不可の
    場合はシステムが作動しないよう電源をお切りください。
Q21

バイクのサイズがギリギリのため、事前にバイクスキッドに積載ができるかどうかを羽田空港(または、新千歳空港)に
出向いて試すこと(トライアル)はできますか?

A21

あいにく、トライアルは承っていません。また、A3にも記載のとおり、規定のサイズを超える場合は積載できません。

ページトップへ戻る