ANAワーケーション 旅先コワーキングスペース特集

近年、テレワークの普及に伴う働き方の多様化として、注目を集めている「コワーキングスペース」。ANAトラベラーズでは、お客様おひとりおひとりに合ったワーケーションの形を追究し、旅先でコワーキングスペースを活用したよりフレキシブルなワーケーションスタイルをご提案します。この機会に旅先でも充実した設備の中で、安心・快適に仕事のできるワーケーションを体験してみませんか?

ワーケーションでコワーキングを活用する3つのポイント

充実の設備

高速セキュリティWi-Fiや
WEB会議用ブース完備

好立地

駅近や観光市街地近辺など、
アクセス至便!

出張時にも!

出張先で延泊して観光を楽しみたい方にもぴったり。平日はコワーキングスペースでしっかりお仕事、休日は観光を楽しみましょう。

モデルプラン

howliveの様々な拠点を利用しながら周遊型ワーケーションに出かけよう(7days)

那覇国際通り(イメージ)
那覇タイムスビル店(イメージ)

Day1-Day2

移動にお疲れであればまずは、空港から近い那覇を満喫。
ビジネス街にも近く、沖縄のお客様とのお打合せにもタイムス店をご利用いただけます。
旅の前半で、ビジネスタイプのタイムス店でタスクを整理・完了!
国際通りにも隣接し、モノレールに乗れば首里城へもアクセス可能(約30分)。

(イメージ)
(イメージ)

Day3-Day5

晴れていれば海を横目に一気に北上。
那覇とは違い大自然に囲まれた北部で観光。
市街地にあるhowlive名護宮里店で、北部リゾートエリアでの快適なリモートワークが可能です。(* 名護宮里店は2021年4月1日オープンとなります。)

(イメージ)
読谷村残波岬店(イメージ)

Day6-Day7

南下し空港に戻りながら残波岬など自然の観光地にあふれる読谷村へ。近隣にリゾートホテルも多く立ち並びおいしいカフェも。
そしてhowlive読谷村残波岬店は、キャンプ用品メーカーのSnow Peakのテントやチェアを取り入れたオフィス Camping Office osoto Yomitan by Snow Peak Business Solutions の沖縄発の拠点としてオープン。夕日が沈む美しいビーチに、バーべキュー会場も隣接。家族でも楽しめます。

美浜アメリカンビレッジ(イメージ)
イオンモール沖縄ライカム店(イメージ)

その他、お買い物などを楽しむなら、北谷町美浜やイオンモール沖縄ライカムで。
仕事の休憩時間に美味しいランチやショッピングも楽しめます。

宮古島へも足を伸ばして、ゆったりロングワーケーション

2週間や1ヶ月など時間があるのなら、宮古島へも滞在してみましょう。
沖縄本島から宮古島まで観光をしながら、各地のhowliveのコワーキングオフィスをご利用いただけます。
また1週間の滞在であっても、那覇を拠点に宮古島やその他離島を巡りながら沖縄を満喫するのもワーケーション上級者!

howliveのコワーキングスペース

リモートワークが普及した今、ワーケーションは非日常程かけ離れたものではなく、誰でも気軽にできるものになりました。
リモートだからこそ上質なオフィスで丁寧に仕事をしてみる。
日々の生活で凝り固まった頭をリラックスさせて、アイディア創出にもぴったりの場所。
多拠点・高機能オフィスがあなたのワーケーションを特別なものにします。
沖縄でワーケーションをするならhowliveで。
仕事片手に旅にでよう。やりたいことは全部やろう。

沖縄の豊富なロケーションに位置する
個性豊かなhowliveのコワーキングオフィス拠点

基本情報

設定期間
  • 2021年3月23日-2022年9月30日
申込期限
  • ご利用の7日前迄
料金
  • 1日パス:3,300円
  • 2日パス:6,600円
  • 3日パス:9,900円
  • 4日パス:13,200円
  • 有料事前購入制

運営会社:株式会社マッシグラ沖縄タイムス

お申し込みはこちら

ANAトラベラーズ遊び体験オプションで、howlive利用券をご購入頂くと、お好きな日に、howliveの全オフィスへアクセスが可能です。

  • お客様の利用ご希望の期間に合わせて、1日〜4日パスまでご用意しております。
  • 連続した日数での利用となります。(例)4月1日から4日パス利用の場合は、4月1日-4月4日の間ご利用可能です。
  • 利用日は事前に指定いただく必要がございます。

航空券+ホテル+howlive5店舗利用券

howlive5店舗利用券のみ購入する

* 記載の内容は2021年3月現在のもので、変更となることがあります。
* 画像はすべてイメージです。