北野機長のプラス・アルファ!@バンクーバー
「美しいウオーターフロント。散歩の途中で出会ったレストラン」

壮大な自然をバックに、古い街並みと近代的な都市が融合する美しい街、バンクーバー。今回は北野知秀機長とともにバンクーバーの街を歩きます。

こんにちは!バンクーバーまでのフライトを担当する北野です。

ステイの時間の楽しみは街を散策しながらの軽い散歩。最高の気分転換になります。今回はそんな散歩の途中で出会った素敵なレストラン、ジョー・フォルツ(Joe Fortes)をご紹介します。

羽田―バンクーバー間はフライトとしては長い方。はるばる飛んで、降り立った街の美しさはまるで別世界です。バンクーバーは入り組んだフィヨルドを利用した海港都市でもあり、港の美しさも格別です。

ステイしたホテルの窓からは水上飛行機の発着場が眼下に広がります。ここには2010年冬季オリンピックの聖火台もあります。白い帆船のように見えるのは1986年の万博の際に建設された複合施設です。

Vancouver Olympic Cauldron
住所:Jack Poole Plaza Vancouver, BC V6C 3C1

ギャスタウンを歩きましょう。石畳の道やれんが造りの建物がレトロな街です。ウォーターフロント駅の裏側から見上げれば澄んだ青空にハーバーセンターがそびえています。ハーバーセンターはバンクーバーで2番目に高い建物です。

Harbour Centre
住所:555 W Hastings St Vancouver, BC V6B 4N4

ロブソン通りまでやってきました。これがJoe Fortesの看板。店頭にレトロで素敵なタクシーが停まっているなぁ、と思いきや、ボディーにはJoe Fortesのロゴが! この車はお店のシンボルなのだそうです。

英国ビクトリア調の内装を取り入れた店内も素敵です。カウンターではひとりでお酒と料理をゆったりと楽しむ人も。階段の踊り場からはピアノの生演奏が流れてきました。すでにおいしいものを食べているような気分です。

ここではオイスター・バーが有名。バケットにはロブスターオイルとバルサミコ酢が添えられてきました。ちょっと風変わりな取り合わせですが、おいしかったです。そして、どうです!? この新鮮な生牡蠣! シュリンプカクテルは大粒でプリップリでした。

トマトとモッツァレラチーズのサラダはまるでデザートスイーツのよう。オヒョウと呼ばれる魚はイギリスの名物、フィッシュ&チップスの魚に使われることもありますが、ここではレモン風味のあっさりした味付けでおしゃれな一品に。そして、サーモンもいただきました。魚も好みに合わせて焼き方を聞いてくれます。

最後はステーキを。おいしい料理でお腹いっぱいになりました。ワインも地元ブリティッシュコロンビア産のものをはじめ、品揃えは豊富でした。さあ、もうしばらく歩いて帰りましょう。

Joe Fortes Seafood & Chop House
住所:777 Thurlow St, Vancouver, BC
電話:+1 604-669-1940
URL:http://www.joefortes.ca/

今回訪れた場所