歴史・モダン・スタンダード YAMAGASHI

歴史・モダン・スタンダード YAMAGASHI歴史・モダン・スタンダード YAMAGASHI

山鹿市は、熊本県の北部に位置し、
豊かな自然環境のもと良質な温泉、
古代から近代に至る歴史・
文化遺産、伝統工芸・芸能、
豊富な農産物などが自慢です。
市内には5つの温泉地があり、
やわらかくまろやかな
肌触りの湯は、心と体を癒やしてくれます。

山鹿の魅力たっぷりの動画はこちら

山鹿市

山鹿市へのアクセス

飛行機の場合

  • ★阿蘇くまもと空港→ 車で約50分(国道325号経由)
  • ★阿蘇くまもと空港→ (九州産交バスで約50分)  → 
    熊本桜町バスターミナル → (九州産交バスで約70分) → 
    山鹿バスセンター
八千代座

山鹿ローカルウェディング観光山鹿ローカルウェディング観光

 今回、観光庁の令和2年度「既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業」として、連携する事業者と、「山鹿ローカルウェディング観光」の実証事業に取り組んでおります。 同事業は、婚礼などライフイベントで山鹿市を訪れてもらい、その後、思い出の場所として、人生の節目ごとに再訪してもらえるような地域づくりの可能性を検証するものとなります。 国指定重要文化財である「八千代座」、日本ワイナリーアワード2021で4つ星を受賞した「菊鹿ワイナリー」、美肌の湯でも有名な熊本山鹿の奥座敷「平山温泉」を周遊バスで繋ぎモニターツアーを実施いたしました。街全体を会場にした山鹿ローカルウェディング観光モデル創出による新たな旅の提案を行うことで、新型コロナウイルス感染症の流行拡大で減少する山鹿市の観光入込客数・観光消費回復を目指していきます。※このページは、観光庁令和2年度「既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業」の一環で作成しております。

モニターツアーの様子、
山鹿ローカルウェディングのサイトはこちらから

平山温泉・菊鹿ワイナリー
平山温泉・菊鹿ワイナリー

おすすめ観光おすすめ観光

  • 八千代座

    八千代座

    明治43年(1910年)に旦那衆と呼ばれる山鹿の実業家たちによって建てられた「八千代座」。ドイツ製のレールを使った廻り舞台や桝席・花道など充実した機能を持ち、江戸時代の歌舞伎小屋の様式を今に伝えています。見上げれば天井を鮮やかに彩る旦那衆たちの店の広告の再現や大型の真鍮製のシャンデリア、ほのかな灯りをともす提灯など、明治から続くロマンを感じさせる空間を味わえます。

  • やまが温泉郷

    やまが温泉郷

    古くは1300年の歴史があるやまが温泉郷。この地には、山鹿温泉のほか、熊入温泉、平山温泉、菊鹿温泉、鹿本温泉があり、多くの温泉旅館や立ち寄り湯などが点在しています。豊富な湯量はもちろん、やわらかくまろやかな肌触りの湯は、心と体を癒やしてくれると古くから地元の人に愛されてきました。まちなかの落ち着いた趣ある温泉や田園風景に溶け込む温泉など、多湯多彩なやまが温泉郷で至福のひとときをお過ごしください。

  • さくら湯

    さくら湯

    今から約370年前の肥後細川藩主の御茶屋として記録が残る「さくら湯」。明治初期の大改修以降、市民温泉として愛されてきた山鹿の元湯は、昔の面影そのままに、平成24年10月に再生されました。外観は昭和48年の解体前、内観は昭和33年改修前の姿になっており、九州最大級の木造温泉です。

おすすめホテル

観光オプション

※掲載内容は感染症拡大の影響により変更・中止になる可能性が
ありますので、あらかじめご了承ください。

  • 1

    八千代座物語 
    ~山鹿灯籠踊り定期公演~

    築100年を超える明治の芝居小屋・八千代座の見学と、山鹿灯籠踊り鑑賞をセットにしたスペシャルプログラムです。
    古きよき時代にタイムスリップしたような非日常空間で観る灯籠踊りはひときわ艶やか!山鹿の魅力を一度に体感できる贅沢な時間をぜひお楽しみください!

    • 【開催日】山鹿温泉観光協会HPでご確認ください。
      https://www.y-kankoukyoukai.com/
    • 【山鹿灯籠踊り披露日時】1日1回公演(11時)
    • 【料金】大人1,030円(税込)(八千代座入館料+灯籠踊り鑑賞料500円)、小・中学生520円(税込)(八千代座入館料+灯籠踊り鑑賞料250円)
    • 【予約・問合せ】山鹿温泉観光協会
      TEL 0968-43-2952
      FAX 0968-44-0032
      (受付:9:00~18:00)
    八千代座物語
  • 2

    擬宝珠ランプづくり

    山鹿灯籠「金灯籠」の先端部のパーツであり、形・技術ともに金灯籠のシンボルとされる「擬宝珠(ぎぼうしゅ)」。
    蓮の花のつぼみを象徴としており、すっきりとした曲線を出すために、和紙の切断面同士を慎重に接着していきます。
    灯籠師の技術を体験し、自分だけのマイランプを作るのが山鹿流!

    • 【開催日】毎日開催(12/29~1/1休館日)
    • 【料金】1,800円(税込)(所要時間:約60分)+入館料300円
    • 【予約・問合せ】山鹿灯籠民芸館
      TEL 0968-43-1152
      (受付:9:00~17:00)
    • ※ご予約は前日の正午まで/空き状況により当日15時まで予約を受付。
    擬宝珠ランプづくり

山鹿のお花見スポット

山鹿にはたくさんのお花見や紅葉スポットがあります。
季節ごとに変わる美しい山鹿の風景をカメラを携えてゆっくりめぐってみませんか?

【注意】天候等によって見頃が変わる場合があります、ご了承ください。
  • さくら

    3月下旬〜4月上旬

    一本松公園(鹿本町)

    一本松公園(鹿本町)

    春には桜が咲き誇り、お花見スポットとしても人気のある公園。鹿本平野を見下ろす見晴らしのよい高台にある公園内には、1.5トンの羽が自然の風で回るモニュメント「石のかざぐるま」をはじめ、子どもに大人気のローラーすべり台、草スキー体験場などがあります。

  • シャクナゲ

    4月中旬〜5月上旬

    岳間渓谷キャンプ場(鹿北町)

    岳間渓谷キャンプ場(鹿北町)

    岳間渓谷キャンプ場内の静かな木立の中に白や淡いピンクの花々約250万株が咲き誇ります。遊歩道も設備されており、ゆっくりと園内を散策することができます。

※画像はすべてイメージです。
※記載の内容は2022年1月現在のもので、変更となることがあります。