コンテンツへ

    掲載日:2018.01.25

    カレー激戦区、新宿・ゴールデン街で見つけた個性派カレー4選

    ここ数年、おもに外国人の観光スポットとして定着しているゴールデン街。それも影響して、それまで「ゴールデン街ってなんか怖い」と躊躇していた日本人たちも、以前より気軽に訪れるようになってきました。 間口が広がると同時に広まったのが、実はゴールデン街はカレーの激戦区だということ。実際、検索サイトで「ゴールデン街」と打つと「カレー」が上位に出てくるほどなんです。夜営業の店を間借りして昼だけ営業している店もあれば、かなり高レベルのカレーをBARで出している店も。そこで、ゴールデン街観光ついでに味わえる激ウマなカレーを紹介します。
    ANAオリジナル

    エピタフカレー

    エピタフカレー

    最初にご紹介するのは、ゴールデン街で有名な間借りカレーの1軒「エピタフカレー」。この界隈では、「サンラサー」や「銀河系カレー」などの人気間借りカレーがありましたが、移店や休業により今ではこちらが貴重な1軒に。

    間借りカレーとは、夜しか営業しないBARなどを借りて昼のみ営業するカレー屋のことで、“ヤドカリカレー”と呼ばれることも。大阪を中心に関西でブームとなり、間借りカレーから名店が誕生するケースも多く、近年、その流れが東京にも広がりつつあります。

    BAR「カンガルー コート ディシジョン」を借りて、昼だけ「エピタフカレー」を営業

    毎週月曜日にBAR「カンガルー コート ディシジョン」で働いている佐藤さんが、昼だけ店を借りて営業。一昨年インドへ旅をした際に現地の料理教室に通い、これまでのカレーをさらにレベルアップ。本場のレシピを日本人が食べやすい味にアレンジした南インドカレーが評判を呼んでいます。

    店主の佐藤さん。物腰やわらかで、女性ひとり客でも入りやすい

    メニューは基本的に、「エビとココナッツのカレー」、「チキンペッパーフライ」、「ポークビンダルー」の3種類。時々違うカレーも登場することもあるそう。1種800円で、好きなカレー2種のあいがけは1,000円。

    「エビとココナッツのカレー」800円。
    カレーにはアチャール(キャベツのピクルス)が付く。こちらも絶品!

    エピタフカレーの看板メニューでもある「エビとココナッツのカレー」は、南インドでポピュラーなシーフードとココナッツミルクを使ったカレー。エビの殻で取ったダシが深い旨みを生み、まろやかな口当たりながらもインドのフルーツ、タマリンドの酸味があっさりとした後味に仕上げています。ちなみに、辛さは3種類の中で一番控えめ。

    「2種あいがけ」1,000円。右がポークビンダルー、左がチキンペッパーフライ

    こちらは、「ポークビンダルー」と「チキンペッパーフライ」のあいがけ。「ポークビンダルー」は、わかりやすく表現すると辛くて酸っぱい味わい。ゴア州の郷土料理で、酢、ニンニク、スパイスでマリネした豚肉と唐辛子が多めに入ったルウは、複雑なスパイスの風味とコクが後を引くおいしさ。そのあとに辛さがグワッと押し寄せ、気づけば汗ダラダラに。

    「チキンペッパーフライ」は南インドのポピュラーなカレー。「フライ」は“揚げる”ではなく“炒める”の意味で、チキンを炒めて水分を飛ばし旨みを凝縮。仕上げに、南インドの名産であるブラックペッパーをふんだんにまぶすのがポイントだとか。スパイシーで濃厚なルウと、ほろっとほぐれる柔らかなチキンが米によく合い食べる手が止まりません!ちなみに辛さは中辛レベル。

    南インドはライスで食べるカレーが多く、こちらではバスマティライスと日本米をブレンド。ほのかな香りと柔らかすぎない米の食感が、どのカレールウとも見事に合ってとにかくウマイの一言!

    ひっそりと静まり返った昼間のゴールデン街は独特の雰囲気。この看板を目印に訪れて

    開店直後から1時間くらいは行列ができることが多いので、ピークタイムをずらすか時間に余裕を持って訪れるのがおすすめ。月曜夜のみ、BAR「カンガルー コート ディシジョン」でもエピタフカレーを提供しているので、夜の雰囲気を味わいたい人はこの日を狙って。

    まだ日本人に馴染みの薄い南インドカレーを、まっ昼間のゴールデン街で堪能する。お腹を満たすとともに、そんなシュールでおいしい体験も味わえます。

    エピタフカレー

    住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-6(BARカンガルー コート ディシジョン)
    電話番号:03-3204-6086
    営業時間:12:00~15:30、日曜12:00~17:00(BARは18:00か19:00頃~朝まで)/火曜、第1・3・5水曜休

    ハングリーハンフリー

    ハングリーハンフリー

    創業42年目を迎えるゴールデン街の老舗BAR「ハングリーハンフリー」。ロシアの「ストリチナヤ」やポーランドの「ズブロッカ」など、ウォッカが主体のBARとして知られていますが、料理が種類豊富でおいしいことでも有名。

    店名の意味は“お腹をすかせたハンフリー”。
    映画好きの店主・裕二さんが、映画『カサブランカ』の俳優、ハンフリー・ボガートの名前をとって命名

    そのなかでも、ウォッカ片手にぜひ味わいたいのが、名物の「ミートボールカレー」です。

    「ミートボールカレー」800円

    グラタン皿に入れてオーブンで焼き上げるカレーは、まるで見た目は焼きカレー。ところが、熱々のカレーをひと口ほお張ると、まるでビーフシチューのようなまろやかでコク深い味わいに驚愕。

    おいしさの秘訣は、鶏ガラスープと香味野菜で6時間程度煮出して作るブイヨン。そこにカレールウを溶き、ニンジンと一緒に煮込んでひと晩寝かせ、手間暇かけて完成させます。仕上げにのせたサワークリームもおいしさのアクセントに。

    お酒とあわせて裕二さんとの会話を楽しみにカウンターに座る客も多い

    ごろっと入った手作りのミートボールも食べ応え十分で、お酒のおつまみにもぴったり。「うちは居酒屋じゃなくてBARだから、ごはんものは出したくなくてね。だからカレーにバゲットを付けてるんです」と、店主の裕二さん。

    クラシカルなお皿は今はもう作られておらず、「これが割れちゃったら終わり」とのことで大事に扱っているそう。お皿からも店の歴史が伝わってきます。

    「ゴールデン街の中で一番広いんじゃないかな」というゆったりと広い店内

    オールドアメリカンな雰囲気の中、キンキンに冷えたウォッカと一緒にこだわりのカレーをぜひ味わってみて。

    ハングリーハンフリー

    住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-10-2F 新宿ゴールデン街
    電話番号:03-3200-6156
    営業時間:18:30~翌2:00/日曜・祝日休

    ライター:Ayano Sakai(verb)
    Photo by Noriko Yoneyama,Reiko Touyama

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る